2005年12月12日
今日の出来ゴト
ようやく到着しましたぜよ、等身大ポスター。
こんなにドキドキするお届けものは税務署からの督促状以来だ。
受け取るときに佐川の兄ちゃんがどんな顔してたか、そんなことはどうでもよろしい。
BGMに恋は発想流して、麻琴さんパートのところまで待って開封。こんばんは小林さん。
ってポスターデカっ!
でもそこに写る麻琴さんは意外なほど華奢。
見つめること暫し。
いくら等身大とはいえ言ってみればただの紙切れなわけで、彼女の魅力すべてを再現してるわけではないけど、それでも何ともいえない感動が沸き起こるのを感じる。
あんなにパワフルにエネルギッシュに踊ってても、しょせんは18歳の女の子。
超人的な筋肉があるわけでも物凄い骨格してるわけでもない。当たり前やけど。
こんな身体であんなダンスしてんねんなぁ・・・
腰周りとかホント、「等身大」って意味を感じる。
どうせなら、あの最大級にデブってた頃にも等身大ポスター作ってほしかった。んで2枚並べたい。
とりあえず、見たい人だけどうぞ
震える指でポスター採寸。ベッドに寝かせたままさっそく江坂の東急ハンズに行ってパネルの見積もり出してもらう。
当然こんなサイズ市販されてないのでオーダー。170cm×60cmで、約15,000円。
う〜ん。唸ってしまった。


アクリル板の問屋さんか業者さんいませんか
よくよく考えたら1000枚限定なんよな、これ。宇宙に1000枚しか存在しないポスター。
よく当たったもんだと思う。
とか思ってたら応募したマコヲタほとんど当たってんのね・・・
意外と他メンのまで当ててる人が多くて驚いた。転売用なのかな?
それにしても、1000枚っつったら全マコヲタ人口の何%ぐらいだろう。やっぱり奇跡って言葉を使いたくなる。
まぁ同じ地球(くに)に生まれたことだけでもミラクルロマンスだし。


I'm in deep shit
ちくしょう、ハロモニのための時間もディスク容量も全然ないぜ。
 
posted by テンチョ at 02:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック