2020年02月16日
やっぱり、何度考えてもわからない。
アーティスト活動終了、する必要ある?

各種メディアでのインタビュー読んでも、ぬーさんの言葉から伝わってくるのは
「3年半も続けられただけで奇跡」という達成感と
「何か一つの理由があって辞めるわけではない」というモヤっとした説明。

結婚したことが理由ではないとぬーさんは言う。
多分それは嘘ではない。
けど、真実でもないと思う。
俺含めて沼倉ファンの多くは彼女をアイドル的な見方はしてないし(知らんけど)
でも一般論として結婚したことで今後のセールスに影響が出るのはわかる。
ただでさえ若い子が次々と出てくる声優業界でプロモーションにかけられるリソースも限られてるのなら、
レーベルや制作陣から店じまいを切り出されたのは十分にあり得る話。
それにぬーさん自身、Tridentで余りにも最高の幕引きが出来たという体験があるからこそ
ズルズルと続けるよりもラストライブという大きな花火を打ち上げて終わりにすることを選んだのかも知れない。

活動休止ではなく、終了。
「潔い」「ぬーさんらしい」という意見も、そりゃあるでしょう。
でも、やっぱりファンとしてはカッコよく有終の美を飾るよりも
不恰好でも細々とでも続けて欲しかったというのが偽らざる本心。

ソロアーティスト・沼倉愛美とは今夜のライブでさよならになる。
これは学校を卒業したり成人して大人になったりするのと同じでもう誰にも変えられない、
そういうタイミングなんだろう。
ファンとしてはどうしても理由を求めてしまうし、けど
これ!という一つの理由があるわけじゃないとぬーさんは言う。
正直、置き去りにされてるという思いもある。
もっと出来るなら何故しない?という思いも。

考えても答えが出るわけではないし、
ゴチャゴチャ言っても実際にライブに行けばめちゃクソに楽しいことは分かってる。
ぬーさんのライブはいつもそうだった。

ソロアーティストとしての3年半にありがとう、
みんながいるからここまでやって来れた、
最後はみんなで笑って終わりたい、
ぬーさんがそう望むのなら俺もそうありたい。

でもやっぱり、
勿体ないでしょ…?

posted by テンチョ at 08:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: