2005年08月07日
今週の出来ゴト
忙しさがハンパない。仕事の話。
出向する社員からの業務引継ぎと新人教育が重なって、あー今月入ってからちゃんとベッドで寝てないんじゃないか?
帰宅後、床で気絶→3時間ほど寝る→気付いて風呂→1時間ほど寝る、で出勤。
ヤバイわー最近胃も痛いし。大ごとになる前に成人病の保険入っときたい。


高校野球開幕
夏の楽しみっつったらもうこれぐらいしかない。
去年も書いたけど、野球嫌い(というか興味ない)のに高校野球だけは見てしまう。
別にデータ厨とかでもなく、ただ球児の熱戦が見たいというそれだけ。
練習、砂埃、汗、涙、努力、熱血、成長、苦悩、友情、白球、浜風、合宿、買い食い、マンガ回し読み、恋話、ムカつく先輩ランキング、クラスの女子の巨乳ランキング、などなど。
クサくてゲロ吐きそうな、でももう二度と手に入らない、絵に描いて額に入れたような「青春」像。
いやまあ自分も高校生の頃は、そんなキモクサい青春してたわけで。野球じゃないけど。
あれだ、かつての自分を他者に投影し照らし合わせることで若返るというやつだ。

で、今日開幕初日。近畿勢ではさっそく智弁和歌山と天理が敗退。


淀川花火大会
昼間突然雨降ったりもしたけど、夕方には止んで無事に開催。
去年も書いたけど、ウチのベランダからは良く見える。ので缶チューハイで吟醸しながら鑑賞。おお素敵、優雅。
いくつになっても花火はやっぱり美しいし、作り物と分かっていても感動する。
まぁそれはいいんやけど、今夜思ったのは別のこと。
・・・彼女と一緒に見たかった。

いや絶対無理だし、可能性すらないし、それ以前にもう自分は諦めるって決めたわけだし。その努力をしてるわけだし。
そのために狼からも現場からも離れたわけだし。
それでも、色とりどりの花火を双眼鏡で眺めながら(この双眼鏡も、彼女のために買ったものだ)、考えてたのは隣にあの子がいたらどんなだろうってことだった。
花火を見て彼女はどんなこと言うんだろう、二人でどんな話するんだろう。

酔って花火を眺めていたら、「ポンヌフの恋人」のラストを思い出した。知ってる中で最も、花火のシーンが美しい映画。
あの主人公みたいに、自分も命がけで気持ちを伝えていたら想いは通じたのかな。
くそう、後悔と未練しかないじゃないか!
誰かの歌詞じゃないが、次の恋でもしてりゃ辛くないのにってあの言葉、全くその通りだ。


System D

主題歌「Les Amants」の収録されてるLES RITA MITOUKOのアルバム。
探してみたけどアマゾンでもHMVでもすでに廃盤とか。残念。

posted by テンチョ at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「ポンヌフの恋人」 愛を伝える
Excerpt: ポンヌフ橋に住む浮浪者アレックスはある日、自分の寝床を占領している女を発見する。 彼女の名は、ミシェル、画学生。 失恋の痛手と眼の奇病から絶望にかられ、放浪生活を送っていた。 互いの孤独から、二..
Weblog: 映画のセリフで口説いてみない?(女性版)
Tracked: 2005-09-01 19:41