2007年01月14日
今日の出来ゴト
堂島の某ホテルにて、取引先最大手である某外資のニューイヤーパーティに出席。
招待なので当然タダ。まぁ半分営業みたいなもんやけどね。
立食かと思ったらフレンチのコースだった。外資の会社ってどこもこんなとこに金かけるのかね。
とか思いながらも飲みまくり食べまくる。いちベンダーの分際で申し訳ない。
しかし久々に日常会話すると大した話もできなくなってる自分に凹むわ・・・仕事英語は普通に出てくるのにな。

そのあと、梅田芸術劇場にてミュージカル『WE WILL ROCK YOU』鑑賞。
やっぱ新宿マコ劇場にも行っとくべきだったと後悔。


『WE WILL ROCK YOU』(ネタバレあり)

商工会議所のコネでS席を格安で入手(どういうコネだ)。
入場してみればなんと最前。うへぇ。
客入りはほぼ満席。やっぱオッサン・オバハンが多い。若い子もチラホラ。
開演前にサイリウム振ってる客がいて、バカかこいつらと思ったらなんと公式グッズだった(ロゴ入り)。
まぁ自分も買ったんですけどね。どこで使うんだろうとか思いながら。
先月まで新宿コマでも上演されてたんですが、あそこでも使えたんだろうか?

物語は、音楽が禁止された近未来の管理社会で反乱分子が自由を求めて立ち上がる・・・という超ありがちな話。
未来世紀ブラジルというかJMというか華氏451度というか。
いや、これFool For The Cityそのままですやん!
ストーリーはどうでもいいんですが、まぁあれです、泣きました。
若くして亡くなったミュージシャンたち(もちろんフレディも含む)について歌う場面があるんですが、泣かせてやろうって演出丸出しなのが分かってても、泣けた。
あと終盤のライヴシーンの盛り上がりはただごとではなかった。
観客総立ち、歌いまくりサイリウム振りまくり。どこのコンサ会場やねん。
ベタすぎてゲロ吐きそうな感想だけど、音楽って本当に素晴らしいなと心底思った。
やっぱ最高だなクイーン。
もう一回行こうかなマジで。


公式グッズのサイリウム1本300円。色は5色。
青を選んだのは、別に理由はない。
 
posted by テンチョ at 04:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | QUEEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年11月03日
Happy Birthday 2 You
明けてとうとう10月29日。

柚木ティナちゃん誕生日おめでとう!揺れるハート



まぁそれはともかく。


結局雨の中みつけたカプセルホテルがあまりにも糞だったので朝から不機嫌。スラムだねありゃ。
とはいえ、19歳になった麻琴さんのことを考えるとすぐにテンションが上がる。
まったくもって勝手な話ですが、誕生日にまだ出国してなくて良かったなと思う。
娘。メンはもちろん、武道館に来てた梨華ちゃんやカントリーやアヤカやメロンにも祝ってもらえただろうし。
聞いた話だと28日のパシイベではのんつぁんが、29日のディナーショウではヤスが麻琴さんの誕生日について触れたらしい。
手前味噌かも知れんけど、こうやってハロメンに愛される麻琴さんのこと、俺は誇りに思う。
武道館ではこんこんの目撃情報だけなかったけど、一緒にお祝いしてると思いたい。
「もういくら食べても怒られないんだよね」とか言って2人してケーキ食いまくってたらいいのに。


ふ〜みんと朝マクドした後、ヒマそうな伊予紺さんと合流。
予想通りヒマなので渋谷に行く。
スクランブル交差点で爆死した特務捜査官・大谷雅恵に黙祷を捧げ、ハロショへ。
麻琴さんの写真買ったら売り切れた。まぁ大阪ではよくあること。


その後ラ・クロシェットへ向かうふ〜みんと別れて、今回の遠征のもう一つの目的・新宿へ。
ドキュメンタリー映画
「フレディ・マーキュリー 人生と歌を愛した男」を観に。
なんせ単館上映なんで全国のクイーンヲタは遠征するしかない。
クイーンヲタのためというよりはフレディヲタのための映画かな。
バンドの裏話というより、フレディの生涯にスポットをスポッと当てた内容でした。
ヲタにとっては既出のエピソードばかりでも、実際に彼の家族や恋人(男女ともに)や友人の口から語られる話は涙なくして観ることが出来ず・・・
実際「バルセロナ」歌うフレディの映像見てちょっと泣きました。

世界一好きなバンドの、世界一好きなヴォーカリスト。
生きてたら今年で60歳か。
歌うことの素晴らしさ、音楽の持つ力、改めて思い知らせてくれた映画だった。
クイーンヲタ、フレディヲタは絶対観ろ。


映画が終わっても集合時間まであと2時間近くある。
なので伊予紺さんとなぜかマコ劇場へ。ホント俺らヒマだな。
ほんの2ヶ月前、世界でいちばん熱い夏を過ごした場所。
当然もうそこには露店を広げるキモヲタの姿もなく、秋風が少し寒いぐらい。
そして看板が冬ソナになってた。

たまたま通りがかった果物屋でハロウィン用のカボチャを発見。
衝動買いしていよいよオフ会会場へ。


続く
 
posted by テンチョ at 01:50 | Comment(3) | TrackBack(0) | QUEEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年10月07日
予定など
11月にミュージカル「WE WILL ROCK YOU」遠征するつもりでしたが、今頃になって大阪公演があるのに気付いた。
(1月5日(金)〜21日(日))
思い出のマコ劇場にも行きたいけど、どうしようか。


あと、10月28日もしくは29日午前中の予定決定。
これ

連番者募集中。。。



posted by テンチョ at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | QUEEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年11月10日
俺とQUEEN(前置き)
自分にとってQUEENは崇拝・憧憬の対象。もう信仰と呼んでもいいかもしんない。
最初の出会いは、中3の冬にたまたま立ち寄ったうどん屋のテレビ。フレディ死去のニュースが報じられてた。
エイズを患っていると発表した次の日に亡くなる、ということも十分ショッキングだったけど、さらにショッキングだったのはその日初めて聴いた「Bohemian Rhapsody」。
それ以来、常に自分にとってのモスト・フェイバリット・バンドだった。もちろん今も。

ええ、後追いヲタですよ。文句あるか。
洋楽で最初にCDコンプしたのがQUEENだった。
ライブビデオやPV(当時は当然VHS)は擦り切れるほど見た。
実際にPV集はテープがビデオデッキに絡まって取り出せなくなり、二つ目を買った。
初めてブート盤というものを買ったのもQUEENだった。
浪人時代、よせばいいのに全曲の訳詩を書いたりもした(たぶんまだ実家にあるw)。
大学時代にはいくつかのバンドを掛け持ちでやってたけど、必ずQUEENの曲を演った(演らせた)。
「Brighton Rock」を弾くためだけにディレイ購入したり、ブライアンの真似してマイギターのピックアップを並列接続しようとしたり、ハンダ付け失敗して結局ピックアップ一個オシャカになってしまったり。
「Bohemian〜」のギターソロは、たぶん1000回は弾いてる。
もうホント好き。曲も、演奏も、メンバーのキャラクターもバンドのエピソードの数々も。

というわけで、コンサレポ。


This could be Heaven for everyone
'91年にフレディが亡くなって以来、公式にQUEENとして来日したことはない。
(というかQUEENというバンドそのものが、正式には解散とも休止とも存続とも発表してないんよね)
ブライアンやロジャーはソロとして何度か来日してるけど、見事に全部見逃してる俺。
で、今回「QUEENにポール・ロジャース(BAD COMPANY)」としてのワールドツアー。
なんでポール・ロジャース?
これは「再結成」なのか?ポールは「新ボーカル」なのか?ていうかジョンはどうした?疑問は山ほどある。
おそらくEMIが持ち掛けたんだろうけど、まぁたとえこれがポールじゃなくてジョージ・マイケルとかデヴィッド・ボウイであっても、不満はあるわな。
ガチガチのQUEENヲタ右翼の人らに言わせると「オリメン4人以外はQUEENじゃない」ってなるし、
俺もそう思ってる。
もちろんブライアンもロジャーも好きだが、正直ジョンもフレディもいないのにQUEENを名乗ってほしくはなかった。
プラント+ペイジみたいに「再結成ではないですよ」ってアピールがほしかった。
どうせならテイラー+メイ+ロジャースでTMRとかにしろって(あーこれ同じこと考えた人絶対いるな)

でもでも、もう今回逃したら次はいつ見られるか分からない。
ソロで来日することはあるかも知れんけど、ブライアンとロジャーが同じステージに立つところなんて!死ぬまで見られないかも知れない。
そう考えるともう何も迷う必要などなくなった。元々ポールとかどうでもいいし

オクでチケ落として有給申請して、いざナゴヤドームへ。
2日前には(よせばいいのに)千葉まで遠征したりしてたので金欠、韻を踏んで近鉄で片道4時間かけて鈍行遠征。
途中乗り継ぎ失敗して1時間ロス(アホか)、会場に着いたら1曲目始まってた。
以下、セットリスト

01. Reachin Out
02. Tie Your Mother Down
03. Fat Bottomed Girls
04. I Want To Break Free
05. Wishing Well
06. Crazy Little Thing Called Love
07. Say It's Not True (ロジャーソロ)
08. '39 〜 Long Away (ブライアンソロ)
09. Love Of My Life (同上)
10. Teo Torriatte
11. Hammer To Fall
12. Feel Like Making Love
13. ドラムソロ
14. I'm In Love With My Car
15. ギターソロ 〜 Last Horizon
16. These Are The Days Of Our Lives (メインボーカル・ロジャー)
17. Radio Ga Ga
18. Can't Get Enough Of Your Love
19. A Kind Of Magic
20. I Want It All
21. Bohemian Rhapsody
アンコール
22. I Was Born To Love You (アコースティックver.)
23. The Show Must Go On
24. All Right Now
25. We Will Rock You
26. We Are The Champions
27. God Save The Queen


ブライアンは相変わらずの衣装・髪型・Red Special+VOX9段積み。が、ワイヤレス使ってる!初めて見た。
Red SpecialはたぶんKid'sかGreg Fryerのコピーモデル。オリジナルは引退したはず。コインピックは確認できず(遠いって)。
ポールとともにステージや花道走り回ってたし、まだまだ現役ですな。早くソロ4枚目出して下さい。
ロジャーは・・・太った。後姿なんかスパイク・エドニーと見分けが(ry
が、歌とドラムは予想以上だった。
数年前にYOSHIKIとなんかやってたときは(Mステとか出てたよなw)声も出ないしドラム叩く姿もヨレヨレって印象だったのに。
おそらく今回のツアーのためにかなりリハーサルしたんでしょう。
「I Want It All」中盤の高速パートもちゃんと叩けてたし、特にソロ曲「Say It's Not True」のボーカルはよかった。
アコギとベースだけをバックに切々と歌うその曲、聴くのは初めてだったけど感動した。
ポールは省略。
あとはサポートギターとベース、んでキーボードが上述のスパイク。
ブライアンソロツアーにいたコーラスお姉ちゃん2人もいるかな、とか期待してたけどいなかった。
客層、5割がオバハン!しかもその半分以上がロジャーヲタ。たぶん青春時代をQUEENとともに過ごした方々なんだろう。
残り4割がオッサン(俺含む)、1割がニワカども(主にカップル。氏ね)。

セットリスト的には「MAGICツアー」時の選曲に近い。いわゆる代表曲がぎっしり。
その中でもヲタ的な見所はやっぱ「Teo Torriatte」と「I Was Born〜」、極め付けが「Bohemian〜」だろうな。
「Teo〜」はもう、QUEENの中でも一、二を争うぐらい好きな曲。日本の国歌はこれにしろよって思う。本気で。
ステージ上スクリーンには初来日時の映像が流れた。もちろん観客は大合唱。歌いながら泣く客続出。
その客の映像もスクリーンに映ったりする←そのせいでちょっと笑っちまったぞ!
アンコール明けの「I Was〜」はアコースティックヴァージョンということで、二人だけで花道で歌うんだが、登場した二人が
「どうぞお先に」「いえいえそちらこそお先に」てな具合に互いに花道を譲り合うシーンが。
例のドラマのせいでニワカが大量発生する元になったけど(キムタクは悪くない!)、まぁ日本のファンへのプレゼントって二人も言ってたし。
で、「Bohemian Rhapsody」。
前の曲が終わって一旦会場全体が暗転。イントロとともにスクリーンに映し出されるのは・・・ピアノを弾く在りし日のフレディ。
そのフレディのライブ映像とともに演奏するブライアンとロジャー。
ジョンがいないのが残念だけど、ここでもう俺も号泣。
来てよかった。
フレディ、あなたは確かにそこにいた

ラストはお決まりの「We Will Rock You」から「We Are The Champions」、そして英国国歌を大合唱。
終電がヤバかったので、余韻に浸る間もなく会場をあとにする。
仕方ないのでポールにもちょっと触れると、「Crazy Little Thing〜」はよかったと思うよ。それだけ。
「The Show Must Go On」は思い入れが強すぎてキツかったけど。
ともかく、思いっきり追体験ライブ堪能しました。
「Radio Ga Ga」とか「We Will〜」の振りとか、ビデオで見るしかなかったもんなー長い間。
誰がボーカルだったとかじゃなく、ずっと憧れてた「QUEENのコンサート」を体験することが出来たというのが単純に嬉しい。
あと個人的には「These Are The Days〜」が印象的。ライブで聴くことなんて不可能だと思ってた。
フレディ最期のPVになった曲。
Those days are all gone now but one thing is still true.
When I look, and I find,
I still love you.


今でも愛してるよ。
これ以上の言葉は見つからない。
 
posted by テンチョ at 02:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | QUEEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年10月28日
今日の出来ゴト
親切な人が「花より男子」第一話をうpってくれたよおかあさん!

真央!
三つ編みぃぃぃいいいいいいいいいいいいい

真央!!
しかし綺麗になりましたね

真央!!!
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお


Don't Stop Me Now
ようやく11月1日のQUEEN + PAUL RODGERSのチケット落札。
ったくどいつもこいつもペアチケットばっか出品しやがって!単品で出せよ単品で!
ナゴヤドームですが、1日は有給とったし、行きはのんびり近鉄かバスで行くことにしよう。
問題は帰りだな・・・最後まで観るとなると新幹線か?貧乏旅行が信条なのに、ポリシーに反するな。

昨日今日とさいたまでの2公演が終わったけど、あえてセットリストとかコンサレポは見てません。
英・シェフィールドアリーナでのライブのDVDもライブアルバムもすでに出てるけど、買う気は全くないです。
なんで?
う〜ん、なんでだろう。ひとことで言えば、「QUEENが」好きすぎるから。
今回のツアー、捉え方は人それぞれ。
俺にとっては、これはQUEEN再結成でも再スタートでもない。フレディの代わりにポール・ロジャースが歌うわけでもない。
ブライアンとロジャーという「元QUEENのメンバー」が一緒にツアーをする。それだけ。
それ以上でもそれ以下でもない。
だからコンサート終わっても、「確かにステージ上にフレディの姿を見た!」とかは書かないでしょう。
まぁ実際見たら考え変わるかも知れませんが。


ある人に
「以前の日記よりアイドルヲタっぽくなりましたね」と言われました。
演じるのも楽じゃないです。
 

posted by テンチョ at 03:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | QUEEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2005年07月17日
今週の出来ゴト
なんか仕事がどんどん忙しくなる。
得意先の訪問やら中元挨拶のために東京本社から常務が来阪。んでついでにこっち(大阪)の業務状況も見て行った。
イヤ〜な予感がしてたけど、なにやら業務改善提案とやらを大量に置いて帰ったらしい・・・
それと関係してか、まがりなりにも部下が出来たと思ったら、同じ部署の女の子が急遽来週から出向(1年間!) 来週からて。
結局仕事減らんどころか倍増。おいおいマジかよオッサン。
あー愚痴ばっかだ。こんなblogイヤだイヤだ。


女王凱旋!
どこがやねん!
何のことかって、ついに発表されたQUEEN+ポール・ロジャースの来日。
これが公式サイト

あのな、別にポール・ロジャースは嫌いじゃないぞ。FREEもBAD COMPANYもそれなりに好きだ。
ツアーの名義もQUEEN+PAUL RODGERSとなってるし、ポールがQUEENに加入したわけではないってことを表してる。
セットリスト見ても、ブライアンの曲、ロジャーの曲、ポールの曲と分けてやってるようだし、QUEENの曲は3人でボーカルを分けてるようだ。
それはいい。

でも、だったら別に名義は「メイ+テイラー+ロジャース」でもよかったじゃないか!ペイジ+プラントみたいに。
なにもフレディのいないQUEENは認めないとか言いたいんじゃない。いや言いたいんだけど、こちとら不覚にもフレディ追悼コンサートのジョージ・マイケルに感動したりもしたので(苦笑)。
この時期に、なんであえてQUEENの名前で活動を再開したのかってこと。
まぁ理由は簡単に推測できる。EMIのうまい話に乗せられたんだろうな。
ジョンが参加していないのも、やっぱそのへんが絡んでるからなんだろう。
しかしブライアン、ロジャーよ、あんたらそんなに借金でもあるのか?それともそこまで老いぼれたのか?

で、来日が決定した話。

    10/26(水)・10/27(木) 埼玉:さいたまスーパーアリーナ
    11/01 (火) 名古屋:ナゴヤドーム
    11/03 (祝) 福岡:ヤフードーム

さてどうしたもんか。

それにしてもチケ代、

    S:¥12,000・A:¥10,000・B:¥8,000

ほれ見てみぃ。今日びストーンズより高いとか、あからさまやんけ。
キムタクに罪はないが、あんなCDが売れるから・・・とか言ってみる。


「WE WILL ROCK YOU」も見に行きたいのに、マジどうすっかな・・・
 
posted by テンチョ at 04:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | QUEEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。