2015年04月01日
と思ったけど今日は何書いても嘘になっちゃう日なので・・・
まぁそのうち思いの丈をぶちまけるよ。


とりあえずメモ

小川麻琴オフィシャルホームページ
http://www.ogawamakoto.net/
小豆くん可愛い
 
posted by テンチョ at 05:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年11月20日
今日の出来ゴト


※画像と本文はあまり関係ありません。

えー、いつものごとく小川麻琴の話は当分出てきません。悪しからずご了承ください。
例によってパシイベのためだけに遠征すんのは勿体無い!っちゅうことで
期間限定ゆるゆりカフェとして絶賛営業中の秋葉原・キュアメイドカフェへ向かう。
近所のワンコと格闘するヒマもなく開店時間に到着、したはいいものの
外の螺旋階段には1階までビッシリと入店待ちヲタ列ができてやがる。店6階なのに・・・
ここで早くも挫折。
こいつら朝っぱらからメイドカフェなんぞに並んでんじゃねえっつーの。罰金バッキンガムですよ!!
と捨てゼリフを残して立ち去ろうと思ったが、まだ赤羽橋に向かうには早いしなー
ついでなんでUDXでやってるホライゾン展なんぞを冷やかしに行く。
が、こっちはこっちで閑散とし過ぎ。
Jud.、ガランとした展示場に爆音で響き渡るみのりんの歌声が暑苦しいであります。
いやいい意味で。

とか言いながらメシ食ってパシフィックヘヴンへ。
バースデー当日のイベントは2年ぶり3回目。
去年は季節はずれの台風のせいで中止になったんだっけ。いやまぁ申し込んでなかったんだけど。(理由は忘れた)
なわけで今のところバースデーイベはコンプしてますな。そんな人ばっかりなのでちっとも偉くないですが。
イベント自体は、まぁいつも通り。
曲は1公演目が『恋ING』、2公演目が『ふるさと』。どっちも以前のパシイベで歌ってなかったっけ?
もうちょっと他にないのかよ。ハロ曲でなくてもいいんだからさあ。
毎回そうなんだが、どうせほぼ全員が2公演ともに入るんだから内容も全然別にしてくれればいいのにと思う。
どーせ御新規さんなんて来やしないんだから。
1部・ゲームコーナーと一人コント、休憩挟んで2部・歌と一人漫談、とかどうだ。
パシイベスタッフも、さすがに毎回ほぼ同じ内容でマンネリ化してることに一応の危機感らしきものは感じてるらしく、
(ヲタはそんなこと気にもしませんがね。バカだから)
ちょいちょい新コーナーを入れてくるのはいいんだが、どれもイマイチつまらんと思ってるのは俺だけだろうか。
今回の新企画は題して「小川麻琴なぞかけ」。
ほらね、タイトルだけでつい苦笑が、いやなんでもない。
一応俺もネタ出したけど当然のごとく不採用だったぜ。おそらく高尚すぎたか不謹慎すぎたかのどちらかだろう。

しかし・・・
「いつも通り」だの「マンネリ」だの、んじゃあ行くなよ!とツッコまれる方も多いと思うが
これは本当は贅沢な話なんですよ。
早いもので麻琴さんが復帰してもう3年。留学と称して音信不通だった間どんな気持ちで待ってたのかももう忘れてしまいそうだ。
なんだかんだで今年も誕生日当日に当たり前のようにイベントがあって、
当たり前のように2公演当選して、その手を握りながら目を見つめ合いながら直接おめでとうが言える。
もう東京駅から目をつぶってでも辿り着けるくらいパシイベ常連になってしまったのも、
噛みまくりでグダグダでオチのないトークに笑ったり、毎度毎度アホのひとつ覚えの青空ばっかり聴かされるのも、
これはこれで恵まれたことなんだと、本当は思ってる。
「また青空か!」とお約束のツッコミ入れながらもサビで全力で手振ったり、実はまんざらじゃなかったりしてね。

さて、謝辞をひとつ。
前回(前々回だったかも)からの新コーナー「まこっちゃんダービー」(このネーミングセンス何とかならんか)にて
当選者の中から抽選で5名様の私物にサインしてもらえます!って特典があるんだが、
クジ運と甲斐性のなさに定評のあるこの俺が見事、サイン権ゲット!
ってこれ、実は前回も当たってんのよね。それも2回も。
最初は小川麻琴卒業Tシャツ、2回目は2nd写真集『夏ノ詩』(どっちもわざわざ持って行った)にデカデカとサインしてもらった。
まさか3回目は当たらんやろ〜と思って今回は何も用意してなかったので、
開演直前に蟹さんからもらった成田空港の情報誌(麻琴さんがモデルとして掲載されてる号)を差し出す。
麻琴「あーっコレどこで手に入れたんですか!?私もまだ貰ってないんですよ!!」
そこですかさず麻琴さんにも一部手渡す蟹さん。喜ぶ麻琴さん。
こうして“マネージャーより使えるヲタ”として一躍名を馳せる蟹さんであった。ありがとうね。


 
posted by テンチョ at 03:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年04月25日
今日の出来ゴト

小川麻琴グッズをまとめてトランクルームに移動した。
いや、別に地震で瓦礫に埋まったらとか津波にさらわれたらとか心配してではなく
単にもう手元に置いておく意味ないかなと。フィギュアや何やらのせいで置き場所もなくなってきたし(じゃあそっちを移動しろよ)。
手前のダンボールには写真集が詰まってます。数えなかったけど50冊ぐらい?
これで俺んちに残ってる麻琴グッズは・・・あ、ポスターが残ってるな。ClariSちゃんのに貼り替えるか。

てなわけで着々と脱ヲタ化が進んでるわけですが、ここへきてドリームモーニング娘。とか。
セットリスト見ても予想通り呆れるばかりの高齢懐古厨向け懐メロまみれで、
こんなもんで喜ぶのはジジイが茶飲みながらひなたぼっこして戦前の思い出話してるのと同じだろアホが、
と思ってたんだが麻琴さんが踊りまくる姿をまた見たい!!とは素直に思っちゃったんで
回りくどい話が誰か連番しましょう。

しかし今さらハロプロ(じゃないが)の現場なんか行ってついて行けるのかね、俺。
ちょっと怖いわ。
 
posted by テンチョ at 01:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年10月11日


人生初(アイドルではw)のバスツアー。なんかもう色々と最高でした。
いい年したオッサンがアホかと思ってた炎天下での芋掘りがこんなに楽しいとは思わんかった。
それ以上にバカにしてたキャンプファイヤーで真剣に泣きそうになったとかもうホント何なの。
4年前にグッズと写真やめた俺が1万円以上もグッズ買ってしまうほどだったと言えばお分かりいただけるだろうか。
御前崎灯台から見る水平線は果てしなく青く、太陽はどこまでも眩しく、こんこんはひたすらに可愛かった。


イモ&カボチャ
 
posted by テンチョ at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年09月06日
 
面倒なので大阪東京まとめて書くよ!
行って来ましたよ、5期メンバー"初の"イベント。
いや〜楽しかった。本当に。暑かったけど。
一応セットリスト。合間にミニコーナーがいくつか挟まってグダグダトーク。

01.シャボン玉
02.ポップコーンラブ!または Do It Now!
03.Mr. Moonlight
04.男友達
05.好きな先輩

一曲目シャボン玉って、なんでやねんと誰もが思っただろうけど
本人ら曰く「初めて後輩が出来た記念の曲」だそうな。
こじつけやなーとは思ったけれどもさw
しかし麻琴さんが踊るのは05年秋以来か。
一応去年3月のハロ10でも歌ってたけど、ダンスってほど踊ってなかったし。
そのときのブログ見返してみると
「もうこの先、本気のシャボン玉ダンスを見ることはないんだろうか」
とか書いてて、まさかそれから1年半も経たずに見られるとはw 我ながら面白い。
しかし現役とのブランクは如何ともしがたいらしく、
大阪公演の翌日は全身筋肉痛に悩まされたとか。アホス。
ガキさんにも「リハのときからまこっちんはヒーハーヒーハー言ってた」とか言われてやんの。
セリフ部分はこんこん。これがまた全然聴こえない。そこがかわいい。

2曲目、ポップコーンラブ!って曲の存在自体忘れてた。
けどなんかモーヲタの人はみんな振り付け出来てて不思議〜
(最近のツアーでやった?らしい)
ピョンコピョンコ跳ねまくる4人が実に愛らしい。
麻琴さんの踊るDINを見るのはいつ以来?もう何年も前のような気がする(実際何年も前だ)。
愛ちゃんが「一番好きな曲だ」ってしきりに言ってたけど、これはこんこんの曲ですんで^^
そうそう、衣装について。
スカート部分がカーネーションの花束みたいになってる白基調のドレスに
4人それぞれの挿し色が入っててこれが非常にかわいらしい。
麻琴さんのこういうアイドルチックな(アイドルですが)衣装見るのも久々。
やっぱり、いいもんだ。他の3人も。
髪はドラマの役作りで、真っ黒。
東京では懐かしのサイド編み込み(これも何年ぶりだ)だったけど、大阪ではストレート。
パッツン気味の前髪とも相まって最初の岡女出演時を髣髴とさせる。
某お姉ちゃんが見たらヨダレ垂らして喜びそうだ。さくらさん見てる〜?ノシ

中盤に衣装替え。ミスムンPV衣装で再登場。
懐かしいなと思ったらなんと当時のオリジナルらしい。
よく着れたな!特にこんこん(胸囲的な意味で)。
ミスムンって曲自体は特に思い入れはないですねえ。
デビュー曲だから大切、っていう4人の気持ちは分からんでもないけど
当時別にヲタでもなかったしなあ、俺。
セリフ部分で麻琴さんにちょっかい出されて、それでも役に成り切ろうとする愛ちゃんがかわいかったです。

で、男友達と先輩。
まぁこれは規定事項。
とはいえ、02年春ツアーの「先輩」映像(初々しくも不細工だ、4人とも)をバックに今の4人が歌い踊る姿は
当時5期ヲタではなかった俺でさえグッと来た。来てしまった。それを狙った演出だと分かっていながら。
まぁでもこの4人にウルッとする場面は似合わないですよ。
そういうのはもう4年前に散々やったし。
彼女らにはやっぱりゲラゲラ笑う場面こそふさわしいわ。
そしてそれが当たり前の今という贅沢。

東京最終公演はサプライズゲストとして菅井先生登場。
場内盛り上がること盛り上がることw
個人的には夏先生にも来てもらいたかったな・・・今の麻琴さん見てどう思うんだろうか。

握手は高速すぎてなんも感想ねーわ!!!!
こんこんがかわいかったぐらいしか!!!!!
あ、でも愛ガキと握手するのはもしかするとこれが最後かも知れんなあ。

正直言って、09冬ハロで4人が再集結したときのような涙々の感動!!はなかった。
そりゃそうだ。
だってもう「4人が揃っていること」が当たり前なんだもの。
これからも、本人たちが願いさえすれば、いつでもどこでも4人はまた集えるんだもの。
(実際はそう簡単じゃないんだろうけど。主に大食い頑固な人のせいでw)
人生ってのは、本当にどんなことでも起こり得る。
予想もしないことが突然起こるし、そこからさらに思いもつかない結果に繋がる。
4年前、今ステージ上にいる「当たり前の」4人の姿なんて想像もしなかった。
彼女らも、俺らも。
一人は芸能界引退して(まぁ一時的にね)、一人は南半球に雲隠れして、
それでもこうして昔と同じように集まって歌って踊れる。
なんて素晴らしい。
ガキさんは相変わらず仕切りに徹しながらも自ら気付かぬところでボケ倒すし、
愛ちゃんはこれでもかってぐらいハイテンションかつ幼児退行しまくる。
高橋ヲタがしきりに「普段のリーダーとしての重圧から解き放たれて・・・」とか言ってたが
(ガキさんも「こんな愛ちゃんは娘。では絶対見られない!」と証言)
そんな責任感が本当にあるのかどうかはともかく、嬉しそうな2人を見てると幸せな気分になる。
単体での愛ガキにはあんま興味ない俺でさえそうなる不思議。
おそらく5期ヲタ共通の感情でしょう。
こんこんはこれも昔と変わらず、喋りまくる3人の横で置物状態(でもかわいい)。
たまに話振られるととんでもないボケかましたり辛辣なツッコミ入れたり(これもかわいい)。
経緯は忘れたけどスレイヤーズの話題になって(またか)急にイキイキしだしたり。
おっと、こんこんのことになるとつい夢中になってしまう。
麻琴さんはまぁ、いつもの感じ。
4年経っても全く変わらない4人の関係に心から安堵する。
こんこんが大学卒業する前にもう一回ぐらいやってほしいわ、5期イベ。
ていうか出来るでしょ。やろうよ。やれよ。
今回はライブもトークもやろうとしてどちらも半端になった感が無きにしも非ずなので、
(1時間という限られた時間の中では仕方ないが)
どっちかだけでも全然いいよ、俺は。
握手会とかなくてもいい。握手する時間あったら歌うか踊るか喋るかして欲しい。
4人が菓子食いながらひたすらダラダラ喋ってるだけ、とかでもいい。全然文句ない。
だから頼みますよ。まだまだお布施はするので。

そういえば久々にピンクシャツの方々を見た。今までどこに隠れてたの?この人ら。
伊予紺さんにも久々に会った。
「紺マコバスツアーも行きますよ」
マジ?
「特紺さんと名無し紺ちゃんも」
マジで!?
うむむ、俄然楽しみになってきたぞ芋掘りツアー。
 
posted by テンチョ at 02:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年05月10日
そして千秋楽へ
4月18日<前編>の続き


イベント終わってそのままシアターグリーンへ。
昼公演が終わってダベる小川ヲタたち。と演出家・西澤先生。
なんかもうツレみたいになってますな。

席はL列。ほほう12列目か、
って最後列やがな!!FC先行とか意味あんのかボケ!!
物語の内容とかは省略。
他のマジヲタの人が書いてるだろうからそっち見て。

とにかく2時間出ずっぱり。セリフも喋りっぱなし。
ブログでも毎日毎日「これから稽古」ばかりだったけど、こりゃ大変な練習量だと思う。
ようやりよるわ。
お約束のダンスシーンは唐突に始まったから一瞬焦ったけど
いやーやっぱりいいわ、麻琴さんのダンスは。
次回作は物語どうでもいいから、麻琴さんが2時間踊るだけの舞台とかどうですか?>先生
千秋楽ってことで脚本もスペシャルバージョンで相当変えてたらしい。
が、麻琴さんにだけ知らされず、アドリブで突如コントをさせられることに。
さすがにここだけは素の小川麻琴に戻っててワロタ
相変わらず急なムチャ振りには弱い弱いw

今回の麻琴さんは特に、「他の役者と芝居してる」って印象を受けた。
他の役者の"間"、他の役者と自分との"間"、
そういうものを把握して、そこに自分の芝居を置いて全体の流れを作り上げてるというか。
『こもれび』のときもそれは感じたけど、ちょっと気負いすぎてるような感じもあった。
主演2作目ってことでそろそろ主演女優の余裕(笑)が出てきたんだろうか。
その点、もう一人の主役・外岡ちゃんはまだまだ「台本と芝居してる」って感じだったけど。
まぁ初舞台だったんだしいいか。それにしちゃ堂々としてたし。
(アイドリング!!!って実は全然知らんのやけど)

まぁそれにしても、ホントいい経験させてもらってるよなーと思う。
西澤先生に拾われた?のは偶然かも知れんけど、留学にしても舞台にしても
ヲタでさえ「ムチャやろ」と思うようなことを次々こなしていくその姿。
今考えると娘。時代の活動がいかに小さくまとまった物だったか。
同期のリーダーとサブリーダーも早く卒業させてあげればいいのに、
ってのは余計なお世話かね。
(そういや『こもれび』を高橋愛主演で再演するとかいう噂をどこかで聞いたけど、ホントかね)

毎度のことだけど小川麻琴には驚かされる。
アホのくせにこんなことまでできるのか!って。
まぁ俺が勝手に彼女を過小評価してるだけなんだけど。
過小評価というか、最初から素直に「コイツは出来る子」と思っちゃうと
なんか負けなような気がするんよ。
現にカーテンコールで登場した時は普段のアホのままだったし。
うるせー別に悔しくねーよバーカバーカ

関係ないけどアンコール登場時に流れたのはまたもアヴリルのGirlfriend。
なんかこれ、麻琴さんのテーマソングにでもするつもりか?
 
posted by テンチョ at 03:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年04月12日
今日の出来ゴト

鶴浜のIKEA行ってきた。
本棚と椅子を見に行ったはずなのになぜか布団と枕買ってきた。
これじゃまるで新生活にワクワクしてるフレッシュマンじゃないか!!
一緒に行ったリアル新生活のリアル新入生の人は手ぶらで帰宅したというのに。
とりあえず店内広すぎやわ。京セラドーム812個分ぐらい。
ペース配分とか考えずにウロウロしてたら2階回っただけでもうヘトヘト。
あとフードコートのアーモンドケーキ¥249が美味すぎ。
何でもかんでもカロリーオフ・ローファット・ノンシュガーばかりの昨今、
逆にこういう高カロリー高脂肪分高糖分なお菓子にも需要はあるはず!
これホールで売ってくれんかな。


文化放送「小西克幸・小川麻琴のぶんぶんシアター」
小川麻琴ちゃん初のレギュラーラジオ始まりました。
まぁ初回なんで可もなく不可もなくってとこか。
アスミスのバイオレンシャルカオティックハートウォーミングラジオに慣れてしまって(毒されて)
ちょっとやそっとのラジオでは面白いと思わなくなってしまってる自分が怖かったりもしますが
とりあえず日曜夜の楽しみがひとつできたってことで。
 
posted by テンチョ at 05:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年03月26日
小川麻琴ちゃんの面白いラジオがはじまるよー
  文化放送レギュラー出演番組
  「小西克幸・小川麻琴のぶんぶんシアター」
  4月11日から毎週日曜日21:30〜22:00オンエア開始!


だそうです。
何がどうなってこういう番組始めることになったのかサッパリわかりませんな。
番組名からして映画の話でもするのか?
しかも競演パーソナリティはオズマ少佐の中の人。
うーむ謎だ。
何にせよレギュラー番組ってのは地方人にとってはありがたい話ですよ。
とりあえず大して期待せずにラジオの前で正座待機します。
全機、突撃ラブハートッ!!!!


☆☆☆ vol.1
BD版買ってきた。人生初のブルーレイですよ。
ブルーレイプレイヤーも再生ドライブもPS3も持ってないのにw
とりあえず当分はパッケージだけ眺めてニヤニヤします。


ディスクピアで買ったらゆのっちのポスターくれたよ!
さすがジョーシン!ジョッジョッジョッジョーシン!!(フワフワ)
関西人ならジョーシンで買おうネ!!

よし、こんだけ宣伝しとけば2巻のなずな氏のポスターもくれるだろう。
 
posted by テンチョ at 06:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月20日
最近の出来ゴト

今月号のEX大衆になんと、小川麻琴クンのグラビアが載っております。
オッサン向け三流エロ本とはいえ全国誌の1ページブチ抜き、それも単独でとか
娘。時代も含めてこんな扱い初めてなんじゃなかろうか?
キャプションは「女優 小川麻琴」。
笑うとこじゃないぞ!!
でもなんだろう、このこそばゆさは。
いや確かに今の活動状況を鑑みるとアイドルでも歌手でもなく
女優って肩書きが相応しいんだけど。
けどなんか笑ろてまうわ、女優・小川麻琴。

それはそれとしてこの写真、奇跡的な写りの良さだと思うんだがどうか。
さすがの俺もこれはかわいいと言わざるを得なくて悔しい。


・・・なんか久々に麻琴さんのこと書いたらちょっと恥ずかしいやん。
 
posted by テンチョ at 01:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年11月04日
今日の出来ゴト
小川麻琴さん22歳の誕生日イベントに行ってきた。
ど平日だってのに、たかだか2時間のイベントのために東京まで来るとか
マトモな大人のやることじゃないよねぇ。
まぁあれだ、
平凡な人間ほど常軌を逸した行動への憧れを抱えていたり、するじゃない?

・・・毎度毎度ヲタ活動のたびに自分の行為の正当性を主張するべく
言い訳をつらつら書き連ねるのに疲れてくる。
「お祝いしに行った!まこっちゃんカワイかった!楽しかったワーイ!」
とか書ければいいのに。

そんなわけで、何とかしてヲタ活動以外の行動も盛り込まないと気が済まない。
たかが小娘一人の相手するためにこんなとこまで来たんじゃない!
もはや完全に病気だな。笑え笑え。
で、辿り着いたのはミクヲタにとって数少ない聖地、人形町の甘味処『初音』。

単に初音繋がりなだけじゃないよ!

ショーケースに鎮座まします激キャワなお姿はねんどろいど初音ミク!
それも個人スポンサー特典のRQバージョン!!
まぁウチにもあるんですけど。
ちなみに以前はノーマルバージョンのねんどろミクも飾ってたそうな。
どうも店主がネタでやってんのかマジでミクヲタなのか分からんが
とりあえず、俺しかいない店内でフルーツあんみつ850円を食す。

(゚д゚)ウマー

*    *    *    *

で、肝心のパシイベですが、

・イントロクイズ
・弾き語り(なごり雪、ふるさと)
・コントコーナー
・モバゲークイズ

とまぁいつもと変わらない内容。
ヲタからの質問コーナーがなかったぐらいか。
弾き語りは1年前から比べても・・・あんま変わってない(笑)
相変わらずつっかえつっかえ、バレーコードはミュート気味だし
手元と譜面に集中しすぎて客席まるで見てねえwww
一応今もギター教室には通ってるらしいが・・・
あ、でもオルタネイトピッキングが出来るようになってた!
進歩はこれだけw
まぁがんばれ。
正直一年も続けるとは思ってなかったからそれだけでも嬉しい。

最後にお約束でバースデーケーキ登場。
「カボチャのケーキですよカボチャ!!」と本人大騒ぎしてたが
当然ヲタの席からはどんなケーキか見えず。
ブログにも画像載ってないな・・・さては撮る前に食われたか!

続いて高橋・新垣・紺野からビデオメッセージ。
去年と同じ流れやね。ただしこんこんだけ一人で別撮り。
まぁ相変わらずな3人でしたが、やはりこんこんとは疎遠な模様。
あと、久々に見たこんこんのアイメイクが
杉浦婦人みたいになってて正直ショックだった。
流行りなのかも知れんけどさぁ、ぶっちゃけ怖いんだってあのメイク。

で、いつもの青空歌って握手。
毎回思うんだが青空、飽きないの?
ヲタの間でも「そろそろ勘弁してくれ」って声がチラホラ・・・
でも歌ってるとき嬉しそうなんよなぁ。いいんだけどね嬉しいのなら。
あと気のせいか、回を追うごとに踊り(振り付け)が大きくなってるような。
イントロクイズのときも思ったんだけど、
やっぱもっとのびのびと踊りたいんじゃないの?

 *    *    *    *

去年の同じ日、人生初のパシイベに参加して
初めて誕生日当日に、それも直接向き合って「おめでとう」を伝えることができた。
そして今年も、予想通りにイベントがあって同じようにお祝いが出来た。
彼女は俺の目の前にいて、歌って踊ってアホなことをベラベラ喋って
そして笑ってた。
2年前まで思いもよらなかったことが
ごく普通の当然のこととして起こっている。
あの頃の彼女にとっても、俺にとっても思いもよらなかった未来。
それが今の、ごく当たり前の現在。
今でも、心のどこかで「ウソみたいだ」とちょっと思ってしまう。

彼女が娘。卒業前の自分を思い返してどんなことを考えるのか、
それは分からない。
けど俺は俺自身について、確実に変化してきてるのを感じる。
もうあの頃みたいに、彼女が笑ってるのを見るたびに
「この笑顔が俺だけに向けられる日が来ればいいのに」
なんて考えることはなくなった。
陳腐な言い方をすると「好き」にもいろんな種類があるんだろう。
ヲタとして、とか、男として、とか。
今は彼女が笑ってるだけで安心するし、もうそれ以上を願うことはない。
ただそれがいつまでも続けばいいと思う。
たとえばの話、もし小川麻琴に熱愛発覚!なんてことになっても
今の俺はきっと素直に喜べる、気がする。たぶん。
もしかしたら2、3日あるいは2、3週間、
場合によっては2、3ヶ月凹むことになる可能性はあるけれど。

復帰して1年半か。もう22歳やで。
来年の今頃はどうなってるんだろ。
まぁこれまでも予想もしないことばかりしてきた彼女のことだし
(しかも結果的にはなぜかいつも上手くいく)
俺なんかがあれこれ先回りして考えるだけ無駄。
この先小川麻琴が何をやらかそうとも、とりあえずは驚くし
「どうせロクなことにならないよ」とか言いながらも
俺はその行く末を見続けることになる、んだろうな。やっぱり。
だって面白いから。
こんな面白い人生歩んでる人、他にいないから。


誕生日おめでとう。
 
posted by テンチョ at 04:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年10月01日
今日の出来ゴト

FCイベとしては2月の大阪以来、えらく久しぶりに行ってきた。
#5って書いてるけどこれは俺が参加した回数ね。
一時は毎月のようにイベやってたけど、ここ2ヶ月ほどは何もなくて
パシイベのためだけに遠征とかもうええかなーって思ってたのに
「もしかしたら次はないかもよ」
などと何の根拠も無い煽り文句にまんまと乗せられましたw
人のせい人のせい。
まぁ偶然同じ日に筋少のライブもあるからそのついででもある。

ぷらっとこだまでぷらっと東京駅到着。
とりあえず腹減ったので適当なラーメン屋に入る。
名前忘れたけど奄美な感じの店。ソーキそばってやつですか。

奄美といえば、マリンちゃん知ってる?DVDは爆死確定らしいよ。
そりゃ俺も2話で見るのやめたぐらいだし。

13時ジャストに会場到着。まーいつも通りおまいつばかり。
整理番号はなんと一桁!なのに全く緊張しない。
いつものことですが。
入場すると当たり前だけどハロの曲が流れてる。
これがなんとも言えず違和感。
確か娘。のアルバムだったと思うけど、もう何年も聴いてないからなあ。
そういえばモー娘。にいたんだよなあ。
せっかくなんで最前に座ってみたものの、うわー落ち着かんわ。

司会はいつも通り、本業のお笑いの舞台よりも
小川イベの司会やってる方がウケることで有名なタイムマシーン3号。
そして特に前置きもなくワァーとか叫びながら走り出てくる麻琴さん。
白いシャツに青いチェック柄のワンピース。
足元はサンダルでえらく夏真っ盛りな感じですね。もう9月下旬ですけど。
髪は随分明るい色になってる。
ピアスはいつもの簾みたいなやつ。
そして指輪がない!一つも!
最近ではめずらしい。なんかあったのか?(←安直)

最初の曲は赤いフリージア。
これまた凄い違和感。赤フリってこんな曲だったっけ。
いやヘタとかそういう問題じゃなく、
もう何年も聴いてなかったから曲自体忘れてた。

次に早押しイントロクイズ。
抽選で選ばれたヲタ5人+麻琴さんとで早押し、ってか挙手だけど。
いちびって一番に挙手したはいいがタイトルが出てこない麻琴アホス
しかも色じれとかオイ!それ持ち歌やろ!
「振り付けは出てくるのに・・・」とか、知らんがな。
ま、どうせ俺には関係ないしとか傍観してたら
1回戦で海龍さん、2回戦でクマが選ばれて
よっしゃボケろよ!とエールを送ったが手も足も出ず敗退してた。
使えねーな小川ヲタ。
とか言ってたら3回戦で見事に選ばれて壇上へ上がる俺。
いつか彼女と同じステージに立つという夢が
こんなところで実現してしまうとはッ!!!
とはいえ、予想通り一問も答えられず。
まぁハロ曲ばっかりでわからんというか思い出せへんのやけど。
いやそれにしてもキモヲタの皆さん、せっかく抽選に選ばれたのに
どいつもこいつもクイズよりも隣にいる麻琴さんが気になるのか
アホみたいにチラ見しててイントロ流れてもうわの空とか、
非常に残念極まる中年男子の姿が、そこにはあった。
ていうか僕だった。
勝った人はサイン入りポラもらってた。
いや少しもうらやましくはない。

お次はコントコーナー。
あ、ごめんコントはなかった。
なかったことにされた。つまらなすぎて。

次にヲタからのアンケートコーナー。
 Q.連休があったら何がしたい?
 A.「ブロードウェイの舞台を生で見たい」
   でたよミーハー

 Q.自慢の家電製品は何ですか?
 A.「ミキサー」
   俺も欲しいんだよねえ、KORGのデジタルミキサー。
   え?違う?

 Q.ものまね披露して
 A.はいはいムーンウォークムーンウォーク。

そして、もう完全に定番コーナーとして定着した感のあるモバゲークイズ。
ヲタの方も出題傾向と対策練りまくって
試験勉強並みの気合で予習してきてるから困る。
次からカンペとか作ってイベ前にヲタに売りつけてやるか!
日記とか流し読みしかしてない俺は最初からやる気ゼロですいません。
当然のごとく3問目ぐらいで脱落。
勝ち残った人は本名入り生写真もらってた。
いや全然うらやましくない。

最後に歌うのはいつも通り青空。
好きなのは分かるけどさぁ、そろそろ他の曲も歌いません?とか、
最後のララララ〜♪合唱で屈託のない笑顔の麻琴さんを見つつ思う。
いやいいんだけどね、ホント・・・

来月誕生日にまたイベントやりますと告知。
とっくに予想済みで有休まで申請済みだぜまったく。
で、握手してイベント終了。
久しぶりの握手でドギマギしたとか別にそういうオチはありません。

久々にイベント参加して一番思ったのは、ウソみたいだけど

 痩  せ  す  ぎ

腕とかさぁ、そんなんで大丈夫かよって心配になるわ。
もっと太りなさい。食っちゃ寝しなさい。
あとモニター画像見せながら近況報告のコーナーやってほしかった。
特に小豆くんの近況。今回圧倒的に小豆くん不足だわ。

さて、余韻に浸る間もなく急ぎ、赤坂へ向かう。
To Be Continued→
 
posted by テンチョ at 02:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月22日
「こもれびの中で 2009」初公演
さて、時間も迫ってきたのでダッシュでお茶の水へ向かう。メシ食う時間もありゃしねえ。
ちょうどゆりかもめに乗った直後にコベサンからメール着信。
「今ガンダムに向かってるんだけど」
うわあああああああああああすれ違い。


会場は文化学院講堂。JR御茶ノ水から徒歩10分ぐらいの専門学校の13階。
グッズはパンフ1000円、台本1000円、ポスター500円のみとえらく質素。
でもこれはいい傾向。どうせ写真だのグッズだの出されてももう買わないけどな。
とりあえずパンフだけ購入。
売り子のお姉さんがえらいべっぴんさんでドキドキ。
あとで知ったがつか劇団の役者さんらしい。

席数は全部で200くらい?
「講堂」って言葉がぴったりな会場。椅子も折りたたみ椅子だしw
中央付近はFC先行の指定席(つまりヲタ)でいつもの雰囲気だが
その周囲の自由席にはこの専門学校の学生と思しき若者や
セーラー服のJK集団が。演出家・西澤氏の教え子だろうか?
俺の席はG列やや左。フロアがフラットなのでちょい見にくい。
とはいえ、初主演ということもあってなんかドキドキしてキター(゚∀゚)
最前中央だった東京アリスでも緊張しなかったのにw

開演前に演出家・西澤氏が登場して挨拶。
なんせ今回の舞台にそーとー自信持ってるらしい。
これはいやが上にも期待が膨らむぞ!困った!
だって俺がこの作品観るのは今日が最初で最後。
なるだけフラットな視点で「舞台を」観たいのに、
あんまり煽られるとどうしても麻琴さんしか見れなくなってしまう。
ん〜
とか煩悶してるうちに開演。

物語は高校女子バスケ部のあれやこれと、10年後の同窓会でのあれやこれが
交互に演じられる青春物語・・・なんだが
開始1分で小川麻琴演じるキャプテン柴崎は「死にました」とか言われてガーン!
10年後のシーンでは死んでるんですねえ。なんじゃそら!!
とか思う間もなくバスケ練習シーンへ。
ブログでもこの練習が大変だったとか書いてたな。
といってもそんなに広くない舞台上でパス練習ぐらいなんだが。
で、なぜかBGMがQUEENの「I Was Born To Love You」。
西澤氏の選曲か?この人スヌヲタでもあるし俺と趣味が合いそうだw
舞台はセットも大道具も背景もなし。これが「つか劇団流」らしい。
つまり本当に役者の芝居がすべて。誤魔化せないわけです。

で、その主演女優さんですが。
序盤こそ無理に声張り上げてたような感じだったけど、徐々に自然な感じになり
セリフのテンポも滑舌もよく立派に演じておりました。
うまく言葉にできない自分にイライラするけど、正直ここまでとは思わんかった。
リボンの騎士も先日の東京アリスも、どっちかっつーと脇役だし
特別心を打つようなシーンがあるわけでもなかった。
(リボンのときはまぁ別な意味で色々心打たれたけど)
けど今回は、
いやもう恥ずかしながら泣きましたわ。すいません。
とは言っても、やっぱり「一回限りしか見ることが出来ない」ってのがあるから
物語を追うのと小川麻琴の姿を目に焼き付けるのと、どっちつかずのまま。
ストーリーに泣かされたのか、演じる彼女の姿に泣かされたのか。
そこがはっきりしなくて申し訳ないんだが。

中盤、試合中の怪我がもとで柴崎はバスケの出来ない身体になってしまう。
車椅子で登場する彼女を見て、03年にぎっくり腰になった時の小川麻琴自身と
オーバーラップさせてた小川ヲタも多かったみたい。
まぁ俺はその当時ヲタではなかったので・・・
心配する部員の前で身体のことを隠し、気丈に振舞う柴崎。
キャプテンとして弱みは見せたくない、
まだ試合が残っている部員を動揺させたくない、
けれどもただ一人、コーチの前でだけは弱音を吐いてしまう柴崎。
「もう、バスケできないのかな・・・」
この時の彼女の表情。
かつて後藤や安倍の卒コンで見せた、口をへの字に曲げて
ピヨピヨメソメソ泣いてた頃と同じ表情で、切ないんだけどなぜか安心したり。

結局バスケの道は断たれてしまい、柴崎は自暴自棄になり、グレる。
(なんと分かりやすい脚本!)
夜の街をあてもなく彷徨うわけですが、ここでお得意のダンスシーン。
ほんの2分程度だけど間違いなく今回のハイライトですよ(小川ヲタ的に)。
ストーリー上、ここ別にダンスする必要はないのにw
それはともかく、やっぱり彼女のダンスは最高。
1年半の留学、そして復帰してから1年。
その期間を経て、尚も変わらぬそのステップ。身体捌き。
超かっこいい。見とれる。
見ながら思わず握りこぶしに力入ってしまった。
復帰後、麻琴さんのマジダンス見る機会なんて数えるほどしかなかったしな。
ホント、このシーンだけでも何回も見たいわ。

10年後、柴崎の四十九日にバスケ部同窓会が行われる。
彼女を慕いつつも今はバラバラになった部員たち、
ライバル視しながらも後姿を追い続けていた部員、
支えられると同時に自分を責めていた妹。
柴崎が死んだ原因は最後まで明らかにはされないけれど、
大切なのは何故死んだかではなく、死ぬことによって残された部員がどう変わったか。
麻琴さん追うのに夢中でそこまで物語に入り込めたわけではなかったけど、
そういうことなんじゃないかなと。
やっぱりもう一回は見るべきだったなw

そして終幕。
アヴリルの「Girlfriend」に乗って演者紹介。ここでもちょっとだけダンスが見られる。
当たり前だけど主役は大トリで登場。一段と大きな拍手が湧き上がる。
その喝采の中、曲を口ずさみながら得意満面の表情で踊る麻琴さん。
もしかしてこのいかにもミーハー好みの選曲は彼女自身か?
終演の挨拶はいつもの通りのアホの麻琴w
西澤氏の
「劇団の方針で、毎回ちょっとずつ脚本を変えます」
の言葉に本気で慌てるアホの子。
しかしその表情は実に活き活きとしていて、輝いてた。
無事に一公演目が終わったって達成感だろうかね(安心感かも)。
その姿を見て、いやもうなんて言うか・・・
感無量。
誇らしいわ。小川ヲタとして。
思わずスタンディングオヴェーションしそうになった。やらなかったけど。

え〜い、悔しいが今回はベタ褒めですw


青い空をずっと手探り
終わってからはやっぱりお約束の餃子へ。
メンツはクマ蟹真砂メトロみゃあさんほまさん依雑さん。
あ、ほまさん芋けんぴありがとう。



これが何度目になるのか、新しいことをするときの彼女はいつも
俺の予想を遥かに超えた姿を見せてくれる。
(俺の期待値が低いだけかも知れんけど)
復帰して一年。
いまだに芸能人としての方向性は定まってないみたいだけど、
今回みたいにハロプロとは全然違う場所で、全然違う人たちと
新しいことをやれるってのは本当にありがたいことだと思う。

この先本当に女優としての道が開けるのか、
あるいはまた全然違う方向に進むのか、
それともある日突然またどっかに行ってしまうのか。
どんなことであれ、今の彼女にとって無駄なことはひとつもないだろうし
いろんな世界でいろんな経験をしてほしい。
いろんな物を見て、身につけて、時には痛い目に遭ったり凹んだりもしてほしい。
そんな彼女の成長していく姿を見られるってのが本当に、嬉しい。
保護者の気分w




やーなんかマジヲタみたいで恥ずかしいわ。
もうちょい気楽にヲタやるはずなのに。
 
posted by テンチョ at 02:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年05月17日
今日の出来ゴト

行ってきた。
なんせ金欠なので往復バス。まぁ金があってもバスですが。
昼過ぎに東京到着。でもすることないのでヒトカラなんぞを嗜む。
けいおんEDは男が歌ってもカッコよくないなあ。女子ボーカル求む。
あとDAMはもっとミク関連増やせよ。

18時半、会場到着するが知り合いがいねえええええええええ
まぁ仕方ないか。平日だし東京だし小川ヲタだし。
性懲りもなくグッズとか写真とか売ってるけどスルー。
マイクロファイバータオルだけちょっと買おっかなとか思ったけど
同じタオルを全国のヲタが頬ずりしたり添い寝したりしてるかと思うと
俺はそれ以上にキモいことしなきゃならない義務感に襲われたので
当たり前だけど買いませんでした。

席は1列目中央。
最前ド真ん中ですってよ奥さん!!
今頃になって自力でこんな席引いてる俺ってなんなの。
ハイそれではここからネタバレあり注意!
つってもこれ書いてる時には千秋楽迎えてるか。

物語はスイーツ女4人が恋愛だのショッピングだのセックスだのと
わーわー言いながら幸せ探し(笑)するという、
30過ぎのオッサンには何一つ共感する部分のないお話。
この話女子が見ればどう思うんかなー
この世は恋愛と金とセックスだけじゃないと思うぜベイビー
僕にはないものばかりですが(´・ω・`)
おもろいっちゃあおもろいんだけど、のめり込むような内容ではないし、
かと言ってあんまり出番のない麻琴さんだけ見ててもしょうがないし。
まぁぶっちゃけ一回見れば十分。

一応元ハロヲタということで、中心メンバー3人の感想などを。

石川さん
とりあえずあれだ、パンツ見えすぎ。あと演技に力入れすぎ。
ってか、ちょ、梨華ちゃん近いって!!
最前にいると飛び掛って来られるかと思ったわ。
それにしてもこの人、ルックスもスタイルもいいはずなのに
何やってもギャグにしか見えないのは何故なんだw
リボンのときは素直にカッコエエと思えたのに、今回は終始残念な人だった。
それも役柄がちょっとイタくて弾けてるキャラだから、ではなく
それを「必死に演じてます!弾けたキャラです!ほら、イタいでしょアタシ!」
ってのが丸出しで却って不自然。
ってか近いんだってば!!
とはいえ、ここ2年ぐらいの梨華ちゃんはなんだか魂が抜けたというか
まったくもって覇気というものが感じられなかったんだが
(2年で3回ぐらいしか見てないけど)
久々に活き活きしてる梨華ちゃんを見れてちょっとホッとした。

吉澤さん
芝居という点では3人中一番嵌まり込んでたんではなかろうか(上から)。
演技力とかよく分からんが一番自然だった。
こういう舞台って、主役のアイドルは演技力度外視の客寄せパンダで
演技面はベテラン劇団員がまわりからフォローする、って構造なんだろうけど
(注※まったくもって俺の主観です)
よっすぃだけはプロ俳優と比べても遜色ない芝居してた。自然さ、という点で。
一ヶ所だけ絶対笑っちゃいけない場面で噴き出してたけどw
(あれはリアルに反省すべき)
あと、ワンピース姿が驚くほど綺麗だった。
娘。時代のボーイッシュキャラしか知らんから余計にそう感じたのかな?
なんか、ホント「いい女」になったな、と。
本人はこの先どういう道に進みたいんだろう。
歌手なのか演劇なのか、お笑いなのか?

麻琴さん
グッズの写真見ておおっツインテールかッッ!といらぬ期待させやがって!!
それはいいとして、特に感想はないです。出番もそんなにないし。
ここ数ヶ月はブログでも舞台の稽古とバラエティー番組の収録ばかりで
ダンスレッスンの話も聞かなくなったし、ギターなんか放りっぱなしだろう。
よっすぃ以上にどこに向かおうとしてんのか分からんな、この子は。
恐らく本人も分かっちゃいないんだろう。
いいんじゃないの。まぁ今のうちに色んな経験しときなさいな。
まだ自分で仕事選べる立場じゃないんだし。
そのうちどこかでまたダンス見られる日が来るだろうと、ほどほどに期待してるわ。
あ、一つ気になった点があったの思い出した。
劇中結構立ったり座ったりするんだが、そのたびに膝がポキポキ鳴ってるw
あと後ろ向いたときのふくらはぎの筋肉に目が行った。
梨華ちゃんよっすぃよりも立派に筋肉が主張してて、そこは感心(?)
でもさぁ、もうちょっと太れよ。全体的に。



終演後、小川ヲタ5人でモツ鍋。うまかった。
次はまた来月、初主演舞台で会いましょう。
 
posted by テンチョ at 04:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年02月09日
今日の出来ゴト



今年初のFC限定イベント行ってきた。
初の大阪開催。
きっと最初で最後だろう、、、いや!分からんよ!
会場はなんばHIPS 5階のスポーツバー「DiJest」。
120人収容とか、おいおい集まるんかよ。
案の定、一次募集二次募集でも埋まらなかったらしく
イベント2日前まで追加募集してたw

18:15集合。
ホームなんで余裕かまして10分前ぐらいに会場到着。
あらフミーンにいばらきさん。あんたらヒマね。
いつもの小川ヲタ連は当然として、超久々うっちゃん登場。
なんか髪も黒く短くなって、なに一般人ぶってんですかw

40番台で入場。
3列目にクマ、海龍、蟹が連番してたのでその隣りに座ってみる。
かなり広い店内。パシフィックヘブンとは大違い。
結局130人ぐらい集まったのかな? なんとか埋まってヨカタ

司会は10月のパシイベでも担当してたアラケン氏。
(この人本職はなんなの?芸人?)
「それじゃあみんなで呼び込みの練習しましょうかね。
 せ〜の、まこっちゃーん! こんな感じで・・・」
とかやってると「は〜い」とか言いながら本人登場。
だから!!練習っつってんだろアホ!!
思いっ切りフライングに気付いてまた帰っていく麻琴さん。
やれやれだぜ。

気を取り直して再登場。
衣装は豹柄のロンTにフサフサの付いたハーパン(多分)に
黒とピンクのオーバーニーソックス。髪はストレート。
「大阪なんでテンション上げて豹柄で来ました!」
そうそう大阪でテンション高いと言えば豹柄、、、
ってなんでやねん!!
指輪はいつもの左手中指と右手人差し指、と思いきや
あ!右手薬指にも指輪してる!
なにやら吉澤先輩に貰ったのを最近なくしてしまい、※
諦めかけてたら今朝ポケットから出てきて超テンション上がった、らしい。
(※昔お揃いで買ったとか言ってなかったか? また別のやつか?)
小豆くんの腹に納まってなくてよかったぜ。

さてイベントです。まずは歌から。
「好きになっちゃいけない人」
? 誰の曲?
続いて『プライベート写真であーだこーだ言うコーナー』(適当)
香港ツアー時の紺マコ画像とか、小川家新垣家で沖縄行った画像など。
どうでもいいが話してる最中ニーソがずり落ちてくるらしく、
しょっちゅう引っ張り上げてた。
絶対領域!絶対領域!

お次は『過去のPV見てあーだこーだ言うコーナー』(また適当)
アラケン氏がチョイスしたのはミスムンと愛車ローン。
ミスムン見ながら「あーこの頃吉澤さんカッコよかったわー」連発する麻琴。
当たり前だけどゴマキやあいぼんさんも映るんでヒヤヒヤする(Why?)
愛車ローンは実は撮影当日高熱出してて、顔はむくんでるわ
目は腫れてるわで本人は「もう見たくないっ」とかw
熱出した原因はこんこんと前日深夜にジョギングして汗かいたからだとか。
当時は気にならなかったけど、言われてみると確かに顔パンパンだわ。
一応本人もデブってた時期のことは自覚してるらしく(そりゃそうだw)
特に愛あらや浪漫あたりは「女性としてどうかと」って思ってるらしい。
デブ期(失礼な言い方だな)について本人が言及したのは初めてじゃないか?
個人的には愛の園あたりからすでにアレだったんだが・・・
ま、今となっちゃ笑い飛ばせることだからいいですよね。
しかし愛車ローンは懐かしいな。
笹塚ボウル、2回も行ったっけ。

続いて『小川麻琴に質問コーナー』
開演前にヲタが書いた質問に答えるといういつものあれ。
 Q.小豆くんの相方にはどんな名前付ける?
 A.実は実家で最近子犬を飼い始めた。名前は「チョコ」
   人生いろいろ、ですね。(意味が分かる人はオッサン認定)

 Q.横アリで「好きな先輩」歌ったときどうだった?
 A.つんく♂Pにダメ出しされた

 Q.小豆くんの面白エピソードを聞かせて(←クマの質問らしい)
 A.最近空気を食べてる。あとお尻を引きずりながら歩く

小豆人気だな小豆。
もはやヲタの関心は小豆>>麻琴らしい。

そして『小川麻琴クイズコーナー』
毎度おなじみ、ブログ日記からの○×問題。
ちなみに第1問で撃沈しました・・・
いいよもう、どうせブログとかロクに見てねえよ。
海龍と蟹さんが見事賞品(直筆サインと本名入り写真)ゲット。
写真コンプ厨のクマ涙目www

最後に青空歌って握手してバイバイ。
正直そろそろ違う歌聴きたいんだが・・・
握手は珍しく高速。まぁこんだけ人数いりゃ仕方ないか。
とりあえず大阪来てくれてありがとうってのと、横アリの感想とを伝えた。
そしてこれが全プレのチョコとメッセージカード。

って
チロルかい!!
知り合い全員同じこと言ってましたw
メッセージの中身も全員同じ。


心配してた(というか半ば諦めてた)客数もどうやら130人ぐらいは集まってたし
どうでしょう、今後も大阪でイベント続けてくれるんでしょうか。
正直マンネリ化しつつあったFC限定イベですが、
今回のPV見ながらグダグダトークするコーナーは良かった。
あれもっと続けてください。
個人的にはSALT5を見たかった。



おまけ
終わってから心斎橋のラーメン屋「まこと屋」へ。


それだけでは飽き足らず、麻琴さんも行ったクレープ屋へ。


オッサン5人が夜中にクレープ屋に並ぶとか、別に普通ですよね。
 
 
posted by テンチョ at 03:28 | Comment(3) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年01月31日
今日の出来ゴト
麻琴さんが人気メンに寄生してドラマ出演すると聞いて飛んで帰った。
嘘です。地下鉄でゆっくり帰りました。
一体どんな役を演じるのか。
犯人役なのか被害者役なのか。
あれこれ想像してたらなんと「美人美術教師役」だそうな。
教師て。
美人教師て。
真っ先に浮かんだのは、生徒の前でやたら脱ぎたがるコスプレ好きの
牛丼チェーン店的な名前の巨乳美術教師でしたが、当然関係ありません。
とりあえず何の期待もせずに全裸で正座して視聴しましたが
出演したのはほんの数秒でした。
まぁそんなもんだわさ。

肝心のドラマですが、当然見るのは初めて。
どう贔屓目に見ても言語道断空前絶後につまらない糞ドラマでした。
いやマジで受信料払うのがアホらしくなるわ。
なのでウチは払ってません。ここ6年ほど。
こんなゴミドラマを毎週見なきゃならん高橋ヲタには心から同情する。
「本格派ミステリーエンターテインメント!!」って言うから、もっとこう
金田一とは言わんがせめて銀狼怪奇ファイルみたいな話かと
勝手に思ってた俺が悪いのかね。


別に笑いを取るシーンがあるわけでも、おもろいことを言うわけでもない。
至って真面目に美術教師を演じてたわけですが、
なぜか自然と笑いが込み上げてくるのはどうしてでしょうか。
 
posted by テンチョ at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月31日
今日の出来ゴト
第4回小川麻琴ファンクラブイベント行ってきた。(1ヶ月ぶり3度目)
以前の日記で「行きません」とか書いてたじゃねーか!!と思った人、
ハイすいません。
いやホント行くつもりなかったんですよマジで。
少なくとも日記書いた時点では。全然なかった。
けど色々アレがコレして、はいスイマセン。
小川ヲタ連にも別に内緒にしてたわけじゃなかったんだけど
予告なしにフラっと現れたら驚くかなーとかちょっと期待してみたらアナタ、
だーれも驚きませんでしたよ、ええ。
すいません。


関西スレ忘年会#2に誘われたけどスルーして、久々に夜行バスで出発。
早朝、新宿のネカフェでシャワー浴びたあと、池袋のメイトへ。
行けるかどうかも分からん某イベント参加券付きCD予約。
ちなみに会場は横浜。アホか俺は。
そういやイベントスペースで水樹の夏のコンサの衣装展示やってた。
大画面でライブ映像の垂れ流し見てるとあれだな、BR欲しくなってきた。
再生機器持ってませんがw


お祭りへいこう
12時、有明に向かう。
有明?
そう、有明です。世界で最も底辺の人種が集う場所です。





まぁ話のタネにというか、完全に観光客気分。もちろん初参加。
同人とか興味ないし買うわけもないので東館は完全スルー。
当然カタログも買ってません。表紙ウメスだけど。
素人のコスプレとかも興味ないんで企業ブースに直行。
狙いはひだまりのお正月グッズセットのみ。





まぁ予想してたけど想像以上に地獄絵図だわ。
予備知識なしに連れて来られたつかさの気持ちが分かる。
とりあえずアニプレックス列に並ぶ。列は会場の外まで続いてる。外て。
スレ見てると「1時間待ちぐらい?」とか。まぁそれぐらいならいいか。
寒くはないがでも不快だ。
前のヲタとか両手に抱き枕抱えてるし。
周りにも一人でブツブツ言ってるヲタ多数だし。
こういう人たち見てると、あぁ俺ってつくづく非の打ち所のない一般人なんだなぁ、
いくらヲタ復帰とか言ってもこういう人々の前ではハナクソみたいなものだなぁ、
と心が洗われる。
とかなんとか、気付けば2時半。
んだよ全然進まねーじゃねーか!パシイベ遅刻するっちゅーねん!
こりゃもうダメだと見切り付けて列を離れる。
結局2時間並んで列は半分しか進まなかった。
はいはいウンコウンコ。

教訓:
素人が面白半分で行くもんじゃない
てかアニヲタしねよバーカバーカ



俺のロードローラーだッ!
帰り際、隣りでやってる痛車イベント「あうとさろーね」ちょっと覗いてきた。
また痛車か!


またミクZ4か!
Team Studie & GLAD with Asada racingの菊地選手と田ヶ原選手がゲストで来てて、
ポスターとカレンダー買ったらサイン入れてくれた。
握手もしてくれたんで
「来シーズンはGT-Rブチ抜いて下さい!」とか超適当なこと言ったら
「わははは頑張るよー」とか言ってくれた。いい人!!
来年は一回ぐらいSUPER GT見に行きたいなあ。


雑誌でよく見るミク&リンのカマロ


銀河の妖精&超時空シンデレラ。バックするとき後ろ見えるのかこれ


嫁とその姉。後部ウィンドウに制服が・・・


恥ずかしいセリフ禁止なS14。
ノレーさんの(ry


カリカリモフモフな前期型S14。


ミククラウン。ちょ、シートw


亞北ネルZ4。
ミクでもリンでもレンでもなく、あえてネル。ネタに金かけすぎw

とか写真撮ってる場合じゃないですよ!!
ダッシュで赤羽橋へ。



パシフィックヘヴン到着
さてここからが本題ですw
会場着いて受付へ。なんと一桁だぜヤッホゥ
なのに小川ヲタとダベってる間に入場始まってた俺アホス
慌てて入場したが3列目だぜトホホ

とりあえずアンケート記入する。
「私に聞いときたいことありませんかぁ???」
なんちゅー適当な質問だ。
なのでこっちも適当に答える。
「小豆くんとは一緒にお風呂入ってるんですか?」
ま、どーせ読まれないだろう。

司会は前回に続きタイムマシーン3号。
普段テレビ見ない俺はもちろん彼らの漫才も見たことない。
というか前回のパシイベで初めて知った。
俺の中ではパシイベ限定芸人だ。んなことはどうでもよろしい。
2人に呼ばれて麻琴さん登場。
曲は「恋ING」。
かつて高橋ヲタ・紺野ヲタ・亀井ヲタが三つ巴で
「この曲は○○ちゃんのものだ!」と醜い争いを繰り広げてた恋INGですが
この日この瞬間、小川さんの曲ということでめでたく決着がつきました。
(本気にするなよ)
娘。時代の麻琴さんが歌ってたら泣いたかも知れんなぁ。とか。

髪はストレート、黒のパーカーに膝丈デニム+パンプス。
前回のエロ衣装を反省してか(?)今日はおとなしめでやがる。
そして中指のリングがない!失くしたのか?w

歌のあと、「いきなりしんみり始まってしまいましたが!」
と唐突に普段のテンションに戻ってトーク開始。
まずは今年の重大事件発表。一番は免許取ったことだそうな。
前にも話してたが、教習中にブレーキとアクセル踏み間違えたとか、
右折で思いっきり反対車線に進んだとかのエピソードを披露。
確かに重大事件だわ。いまだ怪我人が出ていない奇跡に感謝。
小川ママに運転止められてるらしいけどw

これまた唐突にホワイトボードの話になる。
見るとメッセージの下の名前が「MATOKO」になってる。
「間違ったわけじゃないんです! 私そんなバカじゃないんで!」
ぁゃιぃ

次は弾き語りコーナー。
曲は前回と同じ「タイヨウのうた」。
ギターは確かに上手くなってた!! コードチェンジもスムースだったし。
前々回思うように弾けなかったのを相当悔しがってたからなあ。
けど歌は・・・前回の方が声出てた。
歌う前ギター構えて座る姿勢をしきりに気にしてたんだが、そのせいか?
気ぃ散るならストラップ使えばいいのに。
終わってから
「いつかハロメンとガールズバンド組みたい」
とか言ってたのがちょっと嬉しい。
期待せず待ってるぜ俺は。

続いてTM3号との漫才コーナー。
ぶっちゃけアレ。
前回の3人コントもそうだったけど、別に麻琴いなくてもいいんじゃねwwってネタだった。
個人的には彼女に主導権握らせた方がおもろいと思うんだがなぁ。

んでヲタからの質問コーナー。
Q.今後やってみたいことは?
A.「(芸能活動関係なく)個人的にダンスレッスン通ってるが
   レベルが高すぎてついていけない」
  これ意外だった。何事も上には上があるもんだ。
  それにしても、アホのくせにたま〜にこういう向上心見せるところが好きだ。
  うわっ恥ずかし。  

Q.カボチャ料理で何が好き?
A.「カボチャ料理は全部好きです」
  ボケろや!

Q.最近MCの仕事が増えてきたけど面白い?
A.「失敗しないように、って思う方が多い」
  この前の司会役は立派に務めてたと思ったが。
  正月のワンダコン?(だっけ?)の司会はどうなるんでしょうな。
  俺見ないけど。

Q.今年のクリスマスは何をしてた?エッグの子にお年玉あげた?
A.「あげません!私がもらいたいのに!」
  「24、25はずっとリハ。メンバーと「クリスマスっぽくないよね」とか言ってた」
  ウソくせええええええええええええええええ とか言わないの。

Q.次に作りたいお菓子は?
A.「お菓子より煮物。筑前煮」


あーもう書くの疲れてきたわ。
次なんだっけ。小川麻琴モバゲー検定か。
最初こんなタイトルだったっけ?
いつからモバゲーネタ専門のクイズになったんだ? つーか宣伝やん。
勝ち残ったヲタには手製のスイートパンプキン進呈!(5個限定!)
よく知らないんだが、ハロメンが自作の料理を振舞うって相当レアじゃね?
気合入れて挑んだんだが5問目で爆死。
いいもんいいもん別にいらねーもんね何がパンプキンだチクショー

最後に青空。毎回聴いてるんですけど。
つーか、どうしてもこの曲持ち歌にしたいんだなw
俺はいいけど娘。ヲタが黙ってないと思うぞ。

最後に挨拶。
タイマに「英語でどうぞ!」と振られて、
「えーまたそんな・・・Well・・I wanna grow up more and more・・・?」
ん?なんか怪しいぞ?
自分でも言ってたがやっぱ帰国後どんどん英語が抜けてるらしい。

で、握手。
まぁさらっと。


あとはいつも通り餃子屋に集合して反省会。
って別に反省することないんですが。
1回目でクマが見事スイートパンプキンをゲットしたので見せてもらう。

後ろにあるのは全員プレゼントの直筆ポストカード。
小豆くんかわええええええええええええ
そしてなんとクマのご厚意で人数分取り分けてもらえることに!!

俺の取り分。厚さ約1センチ。
味?
うん、普通。


ちゅうわけで、これで本当の本当に今年のヲタ活動終了。
しかしこうも毎月パシイベされると正直食傷気味。
やる方もネタ切れするだろうに。
そろそろ「踊りまくる小川麻琴」が見たいんですがね。俺は。
 
posted by テンチョ at 07:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月15日
今日の出来ゴト
「08冬 ナイスクリスマス音楽祭」に行ってきた。
なにそれ? いや俺もよく分からんのだけど、
我らがアホの子が司会する地下アイドルのイベントらしい。

出演者:
THE ポッシボー/キャナァーリ倶楽部/ピーチ/カレン/NICE GIRL プロジェクト!研修生
MC:田中じろう(ツインクル)/小川麻琴


一組もわからん・・・
てか司会のために遠征て。そんな奴おれへんやろー
ハーイここにいまーす。
まかり間違って一曲ぐらい歌うかも?
なんて期待はするはずもないんだが、(んなことしたら大ブーイングだわ。俺が)
ラッキィ&補完さんの強引な誘いとその場のノリ(これ重要)で
気付いたらバスの予約までしてたとかプゲラウッヒョーwww
あ、プゲラウッヒョーとか久々に使ったわ。

会場は代々木駅の目の前にある専門学校併設のホール。

こんなところまで司会目当てで来る小川ヲタといえば当然のごとくいつもの面々。
昼公演も見た人に正直司会ってどうなの?と聞いてみたところ
マサゴジ「まぁ2回も見るもんじゃないね」
蟹さん「最っ高ですよ!!」
参考にならんな・・・
とりあえず場所が場所なんで、ラッキィさんとその一味108派の皆さんにご挨拶。
したらいきなりネコ耳ヘアバンドつけられて写メ撮られた。
お願いだから知り合いに一斉送信とかしないで(´・ω・`)
あれ、伊予紺さんがいる、とか思ってたら「もっとレアキャラ来るよ」
登場したのは永遠の受験生、試しくん。
永遠のとか言うなって!今年こそ合格するよ!するといいね!

19時開演。
なんかパイプ椅子が整然と並んでて学校の体育館みたいだ。
キャパ1300らしいけど、客入りは7割ぐらい?
中央に意味不明な空白ゾーンとかあるし。
後方には出演者の親御さんと思しき方々も。
リアルに学芸会やな。
マサゴジ、補完さん、蟹さん、俺、伊予紺ちゃんで連番。
ちょっと離れて海龍さん。
この人がもう・・・何なの、何をそこまで必死にってほど踊りまくってた。
いやキモかったとか言ってないですよ。隣りじゃなくて良かったとは思うけど。

えーとですね、
とりあえずセットリストはわかりませんw
なんかタンポポの曲カバーしてたな。その一曲しか知らんわ。
あとは演者がロリというかペドの域だったので全く興味を覚えず。
あ、でもミニスカサンタはいいですね(笑)
「小川ヲタならかえぴょん見て下さい」とか言われたので一応見てみたけど、
んー、どうなんだろかね。
一人だけアイドルっぽくない動きでそこは好感持てたけど。
何というか、ヤケッパチなダンス。あとオバハンみたいなパーマ。
ああいうパーマは実は好きだ。前髪だけ揃い気味なのもいい。
もうちょっとデブればいい感じになるんじゃないでしょうかと余計な提案。

なんか忘れてると思ったら司会者のこと忘れてた。
それ目当てやのに!それとか言うな!
衣装はピンクに黒チェックのワンピース。あれ自前か?
髪はストレート。双眼鏡で見ると頭のてっぺん辺りにやたらアホ毛が目立つw
相変わらずMCなのにマイクは後藤持ち。
そして左手中指には復帰後ずっと着けてるリング(気になる)。
予想以上に、司会者としての仕事は立派に務めてた。
噛んだりもしたけど名前や曲名トチったりはしなかったし、
台本にある進行はキッチリやってた。褒めてつかわす。
けどテンションはいつも通り高めでウザいw
演者のガキに話振っておきながらあわよくば自分の話をしようとするw
まぁそういうのを期待してたんだけどね、こっちは。
ポッシボヲタその他ロリコンの方々にはさぞかしウザがられてるだろうw
えらいスンマヘン。
あーでも楽屋でお姉さん風吹かせてるのかもとか想像するとニヤニヤしてしまうな。
うへへ。

1時間40分ぐらいで終幕。アンコールなし。
帰りのバスまで時間あったのでプチ忘年会へ。


蟹食ったった!


パフェも食ったった!

ちゅうわけで今年最後のヲタ活動終わり。
歌もダンスも見れなかったけど、心ゆくまで名前叫べたのと
満面の笑みを見られたので良しとしよう。
 
posted by テンチョ at 01:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月13日
今日の出来ゴト
やるやるって言ってた今月のパシイベの情報がやっと出た。
遅せーよ。
しかも28日て。
師も走るそんな時期に誰が日帰りで東京まで行きますか!!
冗談じゃないわよ。
金券ショップの新幹線回数券も使えない期間だし、バスはとっくに一杯だし。
つーこって今回はパスします。
これは前フリとかではありません。
ついでに冬コミ行こうとか誘わないで下さい。


お仕事の話(俺の)
いやもう、なんて言うか
もうこの業界は駄目かも知れんねえ・・・
 
posted by テンチョ at 03:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月08日
今日の出来ゴト
復帰後第3回目となるパシイベ行ってきやした(参加するのは2回目)。
前回・前々回申し込み多数だったのに気を良くしたのか、今回は2回まわし。
おかげで見事に定員割れとかw 欲張った結果がこれだよ!
ゆっくりしていってね!

その前に、DUP主催「どあっぷ祭り@としまえん」行ってきた。
としまえん駐車場を会場に繰り広げられるオールジャンルドレスアップカーコンテスト!
(って公式に書いてある)
近頃じゃメディアに取り上げられる機会も増え、一部ヲタのキモイ趣味という領域から
一般人も馴染める新しい文化へと昇華しつつある痛車ブーム(本気にするなよ)。
痛車自体は週末の日本橋行けばいくらでも見られるわけですが、
このイベの目玉はこれです



Studie & GLAD BMW Z4
ついこの前までSUPER GT選手権で走ってたモノホンのレースカーですよ。
屋外で公開するのは初めてらしい。
嬉しがっていっぱい撮ってきた。

















コックピットの画像は結構貴重なんじゃないかと思う。
さすがにエンジンルームは見せてもらえなかったけど。

レース参加当初はトラブル続きで出走すらままならなかったミクZ4。
08年最終戦は辛くも完走できたようで、来年度も頑張ってほしいですな(上から目線)。

他にも、同じくBMWのミク痛車


ナンバーがみくみく


こっちは一般参加のカプチーノ


同じく一般の方のAE101レビン。痛車な時点で一般人かどうかは微妙

ボンネット上にFigmaミクとねんどろいどミクがw

よく知らんアニメ絵のコルベット


なんとか言うエロゲのBMW M5



ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)



ランチア・ストラトス。狙い撃つぜ!!(違う)
貴重なクルマを惜しまずエロゲペイントする心意気が素晴らしい


グッスマのお姉さんと一緒に。
リンレンのステッカーもらっちゃいました(テヘ

こっちは痛くない方のイタ車


↑ムルシエラゴ
↓カウンタック


360モデナ

黄色のフェラーリも綺麗やなあ

911カブリオレ

ボンネットだけでなくライト周りにも注目。
ラインストーンデコレートはクルマ業界でも流行ってんのかw

ハマー
某ハロメンが罪のない青年を轢き殺しそうになったクルマですね(笑)


端っこに地味に置かれてたRE雨宮チューンのRX-8


旧車の方々


その他、広大な駐車場狭しと全部で300台ぐらい?集まってた。
痛車のイベントかと思ってけど実はそうではなく、
VIP系やローライダー系のチューンドやドレスアップカーがほとんど。
ベンツとレクサスだけで100台ぐらいw

昼前に赤羽橋へ移動。
そうだった、パシイベあるんだった。
えーと、
番号順に入場、20番台で2列目。補完さんと蟹さんと連番。
あとなんだっけ、思い出すのめんどくせーな。
麻琴さんの衣装がエロエロで困った。
司会のなんとかいう芸人がつまらなくて困った。
3人でやったショートコントがアレだった。
なんせ前回(10/29)のイベが2時間強の長丁場だったのもあって、
(誕生日でテンション上がったアホの子が際限なく喋りまくるからw)
2回まわしの今回はえらく短く感じた。
歌は大阪変の歌と青空。
大阪、曲は好きなんだがそれより俺はダンスが見たかったぜよ。

握手のとき、誕生日プレゼントのこと聞いたらちゃんと覚えててヨカタ
「ちゃんと使ってます!」とか言ってたけど、ま、そういうことにしとこか。
くそう、なんかもう画像貼るだけでイベントのこと書くエネルギー使い果たしたわ。
めんどくせえから適当だ。
ちゃんとしたレポ見たい人は他の小川ヲタブログでも見てくださいwwwwwwww
なんと素晴らしい投げっぷり! 福田康夫も驚きだ。
まーどうせ蟹さんあたりが長文書くでしょう。
とか思ってたら超短文でワロタ
麻琴さんが番組で「長いブログは読まない」とか言った結果がこれだよ!!

そうそう、イベント後ようやく餃子楼のレバ刺し食えた

(゚д゚)ウマー


そんな感じで、おわり。
あーすげえ適当。
 
posted by テンチョ at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年11月02日
イベントを終えて
約2年の空白期間を経て、満を持してのソロイベント。(持ち上げすぎ)
しかも誕生日当日。
考えたら娘。加入以来、誕生日翌日がコンサートってのはあったけど
当日にヲタがおめでとうを言える機会はこれまで一度もなかった。
去年はNZにいたわけだしね。
本人もそれがよほど嬉しいらしく、終始ハイテンションでまー喋ること喋ること。
オマエちょっと落ち着けよと思うわけですが、でもこういう姿をずっと見たかったわけで。

ギター弾き語り、できればこれからも続けて欲しいんですが
この子の性格からいってまぁすぐ飽きるでしょうw
でもお披露目終わったあとは本気で悔しがってたしなあ。
こういう負けん気だけは無駄にあったりするし、どうなんだろ。
飽きっぽさが勝つか、負けん気が勝つか。

それと今池と甲子園での握手イベのときも思ったけど
やたらトークスキルが上がってるんだがどうしたことだこれは。
普通に喋りが面白い。聞いてて飽きない。
(まぁヲタの贔屓目ってのも当然あるとは思うけど)
昔は喋ってる表情や挙動がおもろかっただけで、
別におもろい話ができる子ってわけじゃなかったのに。
やっぱり留学中の経験って大きいんだろうかね。
自分もやって実感したけど、語学留学で一番大事なのは
とにかく話をしようとする積極性だから。
それはさておき。
今後どうなっていくのかね彼女は。
事務所も移籍したし(つってもアップフロント傘下だけど)ハロプロも抜けるし、
このままバラエティータレントとして売るつもりなのか。
それはそれでいいけどな。
でも俺はやっぱりダンスが見たい。
つーこって横アリ行くことに大決定。日程も知らんけど。


さぁこれでまだしばらくはこの子を見続けることになりそうやわ。
そろそろ潮時かな、とか思ってたのに。
まぁ卒業以前みたいな追い方はしないだろうけど。
でももしかしたら、
いつまでたっても俺に彼女が出来ない理由は
そういう気持ちが今でもこの子に向いてるからなのかも知れん。

May your birthday bring joy + happiness to you!!
21歳おめでとう。
 
posted by テンチョ at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。