2007年11月13日
誕生日おめでとう。そういや言ってなかった。
二十歳だってさ。ハタチ。
正直実感ないわ。そりゃそうだ。
だって姿を見てないねんから。
20歳どころか19歳の姿すら見てない。
たまーに出てくる流出画像だけで、かれこれ1年2ヶ月。
今は何やってんだろかね。とりあえず元気ではいるみたいやけど。
今も踊ったり歌ったりしてんのかね。
相変わらず意味もなく朝5時に起きたり、立ったまま朝食食べたりしてんのかね。

本人がいないところで、本人が知りもしない連中が集まって祝って。
ケーキだのクラッカーだのワインだの横断幕だの用意して。
心の底からアホらしいし馬鹿げてるし、何やってんねんやろなーと思う。
この日本に少なくとも30数人は誕生日を祝ってる人がいるんですよって、
これだけの人が帰りを待ってるんですよって、
別に本人に伝わるわけでもないのに。
伝わったところでどうなるもんでもないのに。


     *     *     *     *


俺があの子を好きだって気持ちはあの子自身には何の関係もなくて
あの子が何をしたくて、今何をしてるのか
そんなことも分からない俺のたったひとつの願いは
あの子がしたいと思ってることを今やってればいいなぁってこと。

とか、
そんないい人ぶったことを書いたところで
俺の願いとか気持ちなんて全く無関係なところであの子は好き勝手に生きてるんだろうな。
今までもそうだったように。
あーあ


別にあの子がいなくても俺はこの通り生きてる。
生活は大きく変わったけど、アホみたいにコンサ遠征やグッズに金を注ぎ込む必要がなくなって逆にラッキー。
そうですよ。
もうこのまま帰って来なくても、俺の人生に大した影響はないです。全然ない。
あの日、「ずっと待ってるから」なんて言ったけど
別に俺が待ってようがどうしようがあの子には全然関係ないことだし。
あの子のやりたいことや今やってることも、俺には何の関係もないことだし。
いまだに他の女を好きにもなれないのも別にあの子のせいじゃないし。



クソ、またムカついてきたわ。
どうせ誰も待ってないんだから、早よ帰って来いよアホ。

 
posted by テンチョ at 03:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年09月21日
今日の出来ゴト
来月29日の有給申請をした。
それ自体は1年も前から決めてたことだけど、なんか改めて
あぁその日が来るんだなー、と。
別に何もないただの月曜日ですが。

誰かを好きでいる気持ちって、それ単体での強さもさることながら
たとえば仕事に打ち込めたり、普段できないことができたり、できるような気になれたり
そういう既存の力への増幅機能というか加速機能というか
あるいは新しいことを始めるきっかけになったり、折れそうな何かを補強してくれたり
たとえドーパミンが見せる幻だとネタバレされても
やっぱ止められません。

恋はきっと 命のエネルギー

ソースも何もない、ただの願望というか妄想だとしても
フラグだけはあっちこっちに立ってて(それも妄想なんだろうけど)
年内にも本当に何かが起こりそうな気がしてる
でも、帰ってくる前に俺は借金を(ry
 
posted by テンチョ at 06:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年09月16日
プロデューサーさん!ドームですよ、ドーム!
モーニング娘。10周年記念展に行ってきた。
昼頃起きて適当な時間に適当に行ったら、球場前は溢れんばかりの人だかり。
なんだよまだまだハロプロ人気あるやん、ドーム使ってイベントするぐらいだしな!
さすが天下のモーニング娘。さん!!喝采で日本中が騒がしい!!
とか思ったらメインはオリックス×ロッチの試合だそうで、人ごみは全部野球ヲタ。
記念展は9階のちんまりしたイベントスペースだったアハハ
まぁなんというか、野球ヲタのみなさんが非常にuzeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee

とりあえず当日券買って会場に潜入。
なにこの過疎スペース。いやマジで客がいないんですけど。
来る前、どうせキモいモーヲタの人ばっかりで俺みたいな一般人は嫌悪感と疎外感感じまくりのイベントなんだろーなー、とか心配してたんだけど。
なんか隣で卒メンのトークショーやってたらしく、ヲタの人はみんなそっちに行ってたみたい。
キモヲタがいないっていいですね。俺みたいな一般人も安心。
まず入り口すぐのところに歴代メンバーの衣装展示。
麻琴さんのはここいるジャケ写のナース服、こんこんのは放課後とDINのPV衣装。
そして、昨夏のワンダコン代々木最終でのあの衣装。
紺マコのが並べて飾ってあった。
ああ・・・

日頃「俺は一般人だから」とか言ってますが、いやまあ実際一般人なんだけど、あかんわ。
こういうの見るとどうしてもこみ上げてくる。
あの熱かった日、去り行く2人の笑顔、残った2人の涙。
2つ並んだ衣装を見ながら、実際ここに紺マコが並んでいたらどんな話するんだろうとか考える。
いつかまた、2人が並んでステージに立つ日が来るといいのに。
ステージじゃなくてもいいか。2人が並んで笑ってれば。

次の展示物はメンバーのプライベートアイテム。
麻琴さんのは、ガキさんと旅行したときの写真と超初期に被ってたキャップ。
盗撮写真かなんかで見たことあるわこのキャップ。スタッフはいつ接収したんだろう?
ガキさんとの写真、髪型から判断して05年夏〜冬ぐらいか?てか旅行したなんて話あったっけ?
ムカつくことに指輪してやがる。薬指に。
あーもうアホ!アホだよコイツは! そして凹む俺もアホだ。
偶然か知らんけど、こんこんも初期に被ってた帽子を展示してた。さすがハットグランプリ受賞者!
あと愛ちゃんも麻琴さんとの2ショット写真(これも超初期)。
そして泣けるのがガキさんの5期メンプリクラ。ホントにこの子は・・・

最後に歴代メンバーの手形。
ゴムっぽい土台に型押ししてあって自分の手を重ねたりできる。
まぁなんと言うか、、、

こんこんの手小っちゃいなぁ、と・・・・(*´д`*)

じゃなくて、
麻琴さんのが異様にデカいと思ったんだが気のせいか?
(デカいっつうか俺の手が小さいんだけど)
たまたま会った海龍さんも「これスタッフの誰かでしょ」とか言ってた。夢ねえなあw
まぁ本当のとこは知りませんが、本人のだとしていつ型取ったんだろう?
あ、ガキさんも思ってたより小さかった。
のんつぁんのはいかにものんつぁんらしい手形だった。

他にもいろいろ展示物はあったけど(ゴマキペンギンの抜け殻とか)、麻琴さん関係は上記のみ。
新写真も麻琴さんだけ出てないしな。これはラッキーだったと思うべきだろう。
トークショーもハロプロ関西も俺には関係ないし興味もないし。
そんな感じで、見るものなくなったんで小1時間で帰った。
個人的にはワンダ衣装と私物を見れただけで1000円の価値はありました。
あ、場内は撮影禁止だったので写真は撮ってません。ホントだってば。

  *     *     *     *

さてと、次回「モーニング娘。おとめ組10周年記念展」も楽しみです。

posted by テンチョ at 06:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年09月03日
ずいぶんと更新放置してた。いや別に理由はありませんが。

あれから1年たって、生活も多少は変わった。
ハロプロからは本当に急激に興味がなくなった。
新メンバーも新曲も新ユニットも知らないし、馴れ合いに行っても話について行けない。
これはちょっと寂しいけど、まぁ仕方ないか。
青封筒は開けずに捨ててるし、ハロショも写真屋もキモくて近寄らなくなった。
狼はかろうじて見てるけど、ろだ巡回はしなくなった。ハロプロ関連のフォルダは開くこともなくなった。
替わりにアニソンとメタルのフォルダが膨らむ一方w
バスの予約とかチケの手配とか交通手段調べたりとか、サイリウム買い込んだりとか、
もう今では必死にそんなことしてたのが嘘みたいに思える。


でも1年たって、俺の中はあんま変わってなかったりもする。
相変わらず復帰ネタには釣られるし、目撃談とか聞くと凹むし、お約束のように流出する画像見るとやっぱり嬉しいし(凹む部分もあるけど)。
何やってんだろうかね。
1年も見れなきゃあきらめつくか、でなきゃ忘れるだろうとかちょっと期待してた部分もあったんだがなあ。
さすがに夢に出てきてうなされるとか、思い出して泣くとかいうことはなくなったけどw


そんな感じで、今年になって初めて手紙書いた。
去年の誕生日以来だから10ヶ月ぶりか。(本人の手に渡るのはいつだろうw)
今の気持ちは、早く戻ってきて欲しいのとまだ戻ってくるなってのが49:51ぐらい。
まぁ元々1年で戻ってくるなんて思ってはいなかったし、本当に戻ってくるのはまだまだ先のことだろうけど。


待つだけならいくらでも待つって言ったし、実際その通りなんだけど、戻ってきたときのことは全然考えてないのに気付いた。
どうするんだろ、というか、どうなるんだろう俺。

posted by テンチョ at 03:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年07月19日
今日の出来ゴト
スポニチ買うの忘れた・・・
誰か譲ってください。
 
posted by テンチョ at 04:37 | Comment(0) | TrackBack(1) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年06月21日
凹んだ。
こんこんのことどころじゃねえわ・・・一瞬で吹き飛んでしまった。
久しぶりに笑顔を見られた嬉しさよりも、凹んだことの方が大きいなんてな。

こんなにいい笑顔なのに、こんなに可愛いのに落ち込んでる俺ってやっぱりどっかおかしいんやろな。

まだ好きでいることが辛い。
 
posted by テンチョ at 06:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年06月06日
日曜の出来ゴト
GAMコン遠征に来たフォマさんとサシ飲み。
ハロモニのコーナーで紺マコが食べた(らしい。この頃のハロモニ見てなかったから分からん)チーズオムライスを食べに梅田へ行く。
昼間っからオッサン二人がポップでキュートなオムライスのお店で連番!
店内でも浮きまくっています。

オプションでカボチャスープも注文。カボチャものならとりあえず注文。
続いて、これまたフォマさんが探してきたペア個室の居酒屋へ。
遠征時に事前準備を怠らないこの姿勢、どこかのヒゲバンダナにも見習ってほしいですね!
注文したのはカボチャの煮物とカボチャバター。




カボチャ食いながらNZのカボチャ娘について久々に語り合う。
小川ヲタのその後の近況なんかも。
まぁ当たり前の話ですが小川ヲタも十人十色。
復帰するのを当然のこととして待つ人、
半信半疑な気持ちをベリやキュートで紛らわす人、
現場からもハロプロからも遠ざかって隠遁する人、
などなど。
俺の場合は、いつか戻って来ることを1_だって疑ってないし、その楽しみがあるからこそ今日もゲーセンで散財したり自由気ままに生きていけるわけです。
彼女が戻って来るって言ったんだから、そりゃ戻って来るわいな。
それがどんな形になるかは知らんけどね。
いつか復帰したときに果たして活躍する場があるのかどうか、
そもそも芸能界にあの子の居場所があるのかどうか、
そんなこと俺にも彼女自身にも分からんし。
今のあの事務所見てると、ハロプロには復帰しない方がいいんちゃうかとも思う。
そうは言ってもなるようにしかならんわけで。
これは彼女自身にもどうしようもないんよ。
あの糞事務所に所属してる限りは。

「小川麻琴のことだからどこに行っても大丈夫!
絶対頑張ってるから!必ず結果を出すから!」
とか、全っ然言えない頼りなさが彼女なわけで、
そんなところも含めて好きになってしまったのが俺の弱味なわけで。
「何かを掴むまで絶対戻って来んな」とか言ってるけど、でもたとえ彼女が何一つ身に付けることが出来ず、何も得られないままヘラヘラ笑いながら帰ってきたとしても、俺は受け入れてしまうだろうな。
もちろん思いっきり罵倒するだろうけど(可能なら鼻に指2本突っ込んで往復ビンタするだろう)
可愛さ余って憎さ1029倍、だけど憎い部分も含めて惚れてしまってる自分を、しっかり認識してます。
偉いだろ? いや別に(笑)

彼女自身が「こうなりたい」って思ってた理想の姿に彼女が近づけてるのかどうか、そもそもそんな理想があったのか、今もあるのか。
タテマエはどうあれ、やっぱり俺にはあの子自身が望んだ卒業・留学だとは思えないから。今でも。
彼女自身にもどうすることも出来ない彼女自身の人生を、ヘラヘラしながらフラフラ歩いてるんだろう。
だったら俺ぐらいはあの子を信じたいし、信じてるし、戻ってくるって言ったんだし。
いつか戻って来たときには、たとえ手ブラでも、俺は真っ先に掛け付けて一番デカい声でお帰りと言ってあげたい。
他の人から「夢見てんじゃねえよハゲ」と思われても、別に俺は夢見るハゲでいいし。
てかハゲてないし。

そんなことを思った夜でした。
おぉ久々に麻琴さんのこと書いたな。

posted by テンチョ at 05:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年05月06日
俺のことなんですがね。

なにやら色々取り沙汰されてますが、ホントかウソかなんて知りません。
ただもしその可能性があるとしても、俺としてはステージに登場なんてしてほしくない。
全然してほしくない。
たとえよし子が喜んだとしても、たとえ他のメンバーが歓迎したとしても。
アンコールのMCで、ミキティあたりが「スペシャルゲストが駆けつけてくれました!」とか言ってさ、
アホ面下げたアホが空気も読まず花束なんか持って出てきてさ、
「ただいまー」とか言いながら子犬みたいによし子にまとわりついてさ、
よせばいいのによし子も鼻の下伸ばしてさ、
よせばいいのに愛ちゃんもガキさんも泣いたりしてさ、
やめればいいのに一緒に肩組んで青空歌ったりしてさ、

あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛

アホアホアホアホアホアホアホアホアホアホアホアホアホアホ!!!!


そういうアホなこと企んでる演出家!
もしいるなら「卒業コンサート」の意味を考え直して悔い改めて腹でも切ってほしい。
だってそうでしょ?なんで出てくんのよ。
石川さんやのんつぁんやかぁちゃんが出てくるならまだしも。
てかその3人出せよドアホ。(かぁちゃんは絶対出れないだろうけど)

まぁ誰も出てくるなんてひと言も言ってないんやけど、これ全部俺の妄想なんやけど。
なんか出てきそうな気がしてしゃーない。
こんこんの前例があるからなんだろうなあ。こんこんが悪いわけじゃないのに。


あと数時間したらSSAに向かいます。
「モーニング娘。の吉澤ひとみ」最後の姿を見るために、です。
俺以外の観客も全員がそうです。一人残らずよし子を見に行くんです。
よし子と「よし子のいるモーニング娘。」を。
卒業公演だからって、これはモーニング娘。のコンサートであることに変わりはない。
だからお前の出る幕はない!!!!!!!!!!
だってそうでしょ?
お前の仕事は語学だかダンスだか知らんがそれを極めていっちょ前になることやろが。
そのために卒業したんやろが。
そりゃ会いたいよ。
めちゃめちゃ会いたい。
顔を見たいし声を聞きたい。
でもこういうカタチでじゃない。
いっちょ前になった時、まぁ誰がそのタイミングを判断するのか知らんけど、その時初めて堂々と戻って来れるんだろが。
お前のための場所で。
お前のための観客の前で。
ハロコンでも復帰記念イベントでもいいけど(これは贅沢すぎか)、堂々とその成長したアホ面を晒せ。
間違ってもモーニング娘。のコンサートにお前が出てくる場所はない。
いくら仲良しでも、偉大な先輩の晴れ舞台に割って入っていいわけがない。
こんこんがハロコンに登場したのとはわけが違う。
そこはお前の場所じゃない!!
お前が出てきて盛り上がるとか(まぁ盛り上がるのは青シャツ遺族会だけだろうけど)、あってはならない。


あー

なんて偉そうなんだ俺。
なんでこんなアンチみたいなこと書いてるんでしょうか。
リーダー・よし子の最後の晴れ舞台なのに、いないはずのアホ面のことばっか考えて。
そら吉ヲタからも嫌われるわ。
そら小川ヲタからもうざがられるわ。

もし本当にいるのなら、お願いだから、おとなしく客席に(あるいはステージ袖に)いてほしい。
そしてよし子先輩の雄姿をしっかり目に焼き付けてほしい。
その姿を自分への着火剤にして、また異国に戻って自分を磨いてほしい。


*   *   *   *   *   *   *   *   *

よし子が無事に卒業できますように。
メンバーもヲタも怪我や事故せず、無事にツアーを終えられますように。
明日の今頃、
「本気で出てくると思ったのか夢見てんなよ解雇メンヲタwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
とか笑い飛ばされる結果になってますように。

posted by テンチョ at 03:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年05月02日
本当はスルーしたかったけどやっぱり書こう。ちょっとだけ。
あの日から1年が過ぎた。
4月28日。
俺らにとっては忘れたくても忘れられない日。


忘れられない、って言うわりにはあまり多くのことは思い出せなくて、覚えているのは断片的なイメージ。
昼休みにサイリウム買いに行ったけど売り切れてたこと。
夕方に届いたいくつかの意味不明なメール。
指と唇と目のまわりがとてつもなく冷たくなっていたこと。
帰りの地下鉄降りようとしたときの足の震え。

そして次の日の昼公演で初めて彼女の口から発表を聞いた。
そのときの表情。
俺は死ぬまで忘れないな。


事務所を恨んだりもしたし、不甲斐ないヲタとしての自分に腹立てもした。
突然こんなことになった原因は彼女自身にもあるんじゃないか、とか考えたりもした。
けどもう、今は。
結果なんてまだ何も出てないしな。

いつかは喜ぶべき記念の日として思い返せるのかな?
いつか、南半球から戻ってきたときには。
 
posted by テンチョ at 03:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年04月23日
今日の出来ゴト
モーニング娘。@大阪厚生年金会館。
現場推し+馴れ合いに行ってきた。


馴れ合いその1・カボチャカレー編
遠路はるばる遠征してきたフォマさんとワグナーさん、一向にダイエットが進展しない海龍さんとでまずはカレー屋馴れ合い。
フォマさんが下調べしてきたカボチャカレー出すカレー専門店へGO.。
やっぱ遠征時のリサーチは必須!ですよ>某ハゲ
いわゆるモノホンの印度人の人がやってるカレー専門店。こゆとこで食べるの初めてかも。
店の名前忘れたから問い合わせはフォマさんへ。
昼限定のお得なランチセットには目もくれず、カボチャカレーを4つ注文する青シャツ遺族会の面々。
専門店なのでカレー本体とナンorライスは別売り。
ナンだけでナン種類もあってナンてっこたいとか思いながら、各自思い思いのナンを選ぶ。
俺はポテトナンをオーダー。紺マコよ永遠に。



専門店なので口に入れた瞬間「辛っ!」なんてことは全くなく、非常にマイルドでおじさんまいるど、なんちゃって。
カボチャもとろけてる部分と固形部分とがあってすごいウマイ。
河口湖のほとりであのアホが作ったカボチャカレーはベチャベチャドロドロだったの思い出して失笑。
ポテトナンもウマイな。これだけ出されても文句ないぐらい。
でも芋とカボチャを合わせるからウマいんだろうな。紺マコよ永遠に。


ジャブローに散る!(お金が)
満腹になったのでとりあえず会場前に行く。
ヲタの人らには久々に会ったがコンサそのものは見ない人多すぎw
なんだかんだで馴れ合いだけがヲタの絆なのかなとか思う。人のこと言えんが。

そのうち昼公演始まったので、俺の昼公演も始めることにする。
何ってもちろん絆ですよ絆。
今日の戦場は心斎橋のニューヒカリ。
2Fがまるごとガンヲタ隔離スペースになってるキモい店だが、店員が常駐してて順番抜かすバカもいないので優良店。
そういえば金曜から舞台がジャブローに移った。
てことで初ジャブローなんですが、とりあえず地形が把握できん!
レーダー見るとすぐそばに敵機が!とか焦るんだが実は切り立った崖の向こうだったり。
で、ガションガションと回り込もうとすると知らん間に囲まれててボコボコ、とか。
けど楽しいなこれ。珍しく3連撃も出せたし、B判定とか取れたし。
あとガウからの降下がマジ感動。こんなサービスするからジオン側にばかり人が集まるんだよ!
しかしこれ、ずっと降下せずにいるとどうなるんだろうか?


所属:ジオン公国軍
階級:伍長
小隊:新光MS実験部隊 第20MS小隊
称号:魅惑の高機動型牛
ポイント:22379
通算勝敗数:71勝29敗0分
撃墜数:77
MS:アッガイ、ゴッグ、ザクU、ドム・トローペン、ザク・デザートタイプ、ザクキャノン、ザクタンクV-6



で、ジオンカードが伍長に昇格しました。
憧れのグフカスタムはいつ支給されるんだっての。


馴れ合いその2・カボチャサラダ編
さて、戦闘後は再び馴れ合いですよ。
セレッソ観戦に行ってたRaguさんと、ヲタ観戦に来たたばねさんが合流して居酒屋へ。
ドリンクより先にカボチャサラダをオーダーして店員を面食らわせる青シャツ遺族会の面々。
なぜあなた方はそこまでカボチャに拘ろうとするのか。
「そこにカボチャがあるからさ」

ちなみに上に乗ってるのはサツマイモのスライスです。紺マコよ永遠に。
ついでに単品でもう一つカレーも注文したった。

フォマさん持参のスポフェスソロDVDとか香港FCDVDとか見ながら酒を交わす。
娘。関係の動画は卒業以来、特に今年に入ってからは全くと言っていいほど見てなかった俺。
あえて見ないようにしてたのか、見るべきじゃないと勝手に思ってたのか、単に見る気にならなかったのか、そのへんは自分でもよく分からんが(多分ある意味全部正解)、今回久々に見た。
動いてる麻琴さん。
動いてるこんこん。
動いてる10人の娘。
これコンサDVDだったら泣くんだろうなーとか思いつつ、ふと隣見たらたばねさんが本当に泣いてて驚いた。
いや分かるけどもさ。
「違うんです小川さんがアホの子すぎて泣けるんです」とか。
いやそれも分かるけども。

そんな感じで3時間ほど飲んで解散。
超久々に麻琴さんや娘。やハロプロの話して、自分がヲタだったことを思い出した。
そんな一夜でした。


半信半疑で恋してても切なくなっても
てかまぁ、香港DVDとかムカつくからマトモには見てなかったんだけども。
それはいいとして、本当に久々に動いてる姿を見たけど思ったほどグッときたりシュンとなったりはしなかった。
やっぱりアホな顔しとるなぁとか、アホなこと言うてるなぁとか、
なんやねんその動きはとか、そこはボケろよアホかとか、
なんでその曲やねんとか、声うわずっとるやないかとか、
もっとのんつぁんと絡めよとか、なにがニュージーランドやねんとか。
そんな感想。
なんやろね。
一緒に鑑賞したのが小川ヲタだったからかも知れん。
卒業後も相変わらずDDと称してハロプロの現場に足を運ぶ人もいれば、ハロプロ以外の趣味の活動に心おきなく没頭する人もいる。
AV女優ヲタとかアニヲタとか、いわれなき汚名を着せられてる可哀想な一般人もいる。
何が言いたいかというと、ヲタそれぞれ人それぞれ人生いろいろなんだけど、やっぱみんな心の奥底では青いシャツを着てるんかなと。
みんな俺と同じようにこのアホの帰りを待ってて、Raguさんの言葉を借りれば「時間が止まってる」。
もちろん、止まってるのはこのアホに関する部分だけで、それ以外の世界は20060827以降も確実に進んでるんやけどね。

麻琴さんには、また会える。
歌ってるとこも踊ってるとこも、また見られる。
アホみたいな顔して笑ってるとこも、アホそのものの顔して真顔なとこも。
安心感と呼ぶには頼りなさ過ぎるけど、今の不安な気持ちもいずれ笑い話にできると思ってる。
(できれば本人にその話をしてやりたいぜ)
だから、さっさと戻って来い。
ただしやることやってからな。
俺もそれまでに借金完済するから。




でも、紺マコが一緒に踊ってるとこはもう見られないんだなと。
色じれ見ながら、そのことだけ辛かった。
 
posted by テンチョ at 01:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年03月04日
今週の出来ゴト
仕事がいよいよウザくなってきた。
連日面接ばっかりしてるわけですが、履歴書もマトモに書いてこないバカが多すぎて困る。
それでも企業イメージ向上のため、どこの馬の骨とも分からんバカどもをにこやかな笑顔で面接する俺。
これも営業努力というやつだ。なんとも涙ぐましい話だね。
涙ぐましい理由は他にもあって、何かと言うと花粉症が酷い。
毎年のことだが酷すぎる。もう涙と鼻水が出っ放し。
人間は体重の3%の水分を失うと死に至ると言われているが、たぶん2.99%ぐらいが垂れ流されている。
あと目と喉と耳と鼻の交わる部分が、もうオマエどんだけ痒いねんちゅう話ですよ。
あーもう杉なんて絶滅すればいいのに。

そんな中、給料出たので麻琴さんの写真集購入。
そして「BEST SHOT!!」もようやく購入。なんかハロヲタに戻った気分w


「BEST SHOT!! Vol.16」
まぁなんてことはない、写真集のアウトテイクショット。
それも5枚のうち1枚は顔の上半分が切れてる(笑) どこがBEST SHOTやねん。
付属のDVDも写真集のメイキングDVDからの抜粋で既出物。
なんでこんなモンをありがたがらなきゃならんのか、と憤るなかれ。
灼熱の砂漠を何日も彷徨った旅人の目に存在するはずのないオアシスが映ったとして、たとえそれが蜃気楼だと分かっていても追いすがる彼を止める事など出来ようか。
まぁそんな大袈裟な喩えにしなくても、こうして出版されたことが単純に、嬉しい。
それだけでええやないか。









無駄に美しいショットばかりで腹立つなぁ(選んでるの俺だけど)。
ムカつくのでおもしろ画像も載せる。


なにこの女将さん


しかしまぁ、このDVD(写真集も)最初に見たのは千秋楽前日だったわけですが。
このピアノとギターのBGM聴いただけであの夏のことを思い出して泣きそうになるわ。
って、アイドルの写真集見て泣くとかあり得ないんですけどね。
泣くわけないだろアホか。
 
posted by テンチョ at 04:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年02月23日
今日の出来ゴト
早くも花粉症で死にそう。

222
本日2月22日はネコの日です!ということでプリティオガラップ!



















 チュクチュ〜ン

はい、去年のキャプ画の使い回しです。

それはともかく。
世間的には今日はメロン柴田の誕生日という認識なんでしょうが、世の中にはごく僅かながら小川ヲタというひねくれた人種が存在して、彼ら/彼女らにとっては2月22日はネコの日でありオガラップの日であり、チュクチュ〜ンの日なのであります。

しかもそれだけじゃないんですよ奥さん!


2005年2月22日、1st写真集「小川麻琴」発売。
(一部地域を除く)

2004年2月22日、モーニング娘。おとめ組が新潟テルサでコンサートを行う。

なんか偶然とは思えないんですが、たぶん偶然でしょう。

まぁそんなわけで久々にHPWとか見たわ。
おじゃマルのインタビューの相手は、卒業が決まったばかりののんつぁんとかぁちゃん。
うん、5期もいいけど87年組もいいよ。
なんかかぁちゃん復帰も近そうだという話も耳にする昨今。
この4人が再び一堂に会して、ゲラゲラ笑いながらケーキや焼肉を食らう、なんて日が一日も早く訪れますように。
別に俺らはその場面を見れなくてもいいからさ。
いや本当は見たいけど。
 
posted by テンチョ at 07:38 | Comment(3) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年01月29日
横浜から帰宅して
すごい楽しかった。
本当に嬉しかった。
もう二度と目にすることはないと思ってた大切なものを、もう一度見ることが出来た。
それも2つも。

でも、


寂しかった。
すっげえ切なかった。
7色のおとめたちも、無能な雑魚メン4人組も、なんか足りなくて揃ってなくて。

肝心なときにあのアホはいなくて、
今日ほど早よ戻って来いと思った日もないわ。

posted by テンチョ at 02:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年01月25日
今日の小川麻琴
まぁ正直言って、興奮した。
こんな画像一つで喜べる自分をおめでたいなと思いつつも、やっぱり嬉しい。
元気そうで。というか相変わらずで。

出発から1ヵ月半。
自分が留学してたときと重ねてしまうんだけど、ちょうど日常会話が普通に出来るようになった頃かな。
「英語を話せるようになりたい」とかいうバカ丸出しな目的で行く人はここで満足して終了。
で、その先を考えてる人はこのあたりで壁にぶち当たる。
思う存分ぶち当たってればいいと思う。
なんでもええから早よ戻って来いっていつも言うけど、もちろんイヤミで言ってるので。

まぁでも、もっとデブってたりヘンな髪型だったりってのを予想してたんだけど。
これからですよね(笑)

posted by テンチョ at 06:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年12月25日
EVE & LOVE
いわゆる一つのクリスマスイヴ。
まぁこの年になるとクリスマスごときで盛り上がったり焦りまくったりすることもなく。
部屋掃除しながら一人静かに聖夜を過ごしております。
今年はプレゼントに迷う必要もなかったしね。
さて、

どうしてるんでしょうかね、今頃。海の向こうで。
やりたいことやって食べたいもの食べて、元気で笑ってりゃそれでいいと思いますが。

先日の小川ヲタ忘年会でもちょろっと話したけど、最近思うこと。
もしあの時あの場所で出会ってなかったら。
初現場でもある03年春ツアー、あれに行ってなければどうなってただろう。
おそらく在宅のライト娘。ファンのまま、真っ当なリーマン人生歩んでただろな。
借金まみれになることもなく、アタマのおかしい友人ばかり増えることもなく。
今頃は新しい彼女の一人でもいたかも知れん。
タレ目で色白で丸っこい顔の(ホームベース型の顔なんかではなく)。


まぁ、
そんなこと考えても何にもならないわけで。

今となっては、どえらい遠いところに行っちゃってくれて良かったような。
これでようやく安心できたような。
このまま10年ぐらい何の音沙汰もなければ、本当にあきらめがつくような気がする。



でも、そうはさせてはくれないんだろうな。
 
posted by テンチョ at 02:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年12月18日
土曜日の出来ゴト

Raguさん海龍さんたばねさん・俺という、関西に4人しかいない小川ヲタによる忘年会開催。
まぁ自虐を込めて「4人しかいない」とか言ってますが、まさか真に受ける人はいないよね?
本当は関西には7人もいますから!スゲェだろ小川ヲタって?
17時に阪急ノレー駅に集合して、まずはヲタカラへゴー。
ちゃんとしたカラオケ(テーブルを室外に出したり、踊ったり打ったりしないカラオケ)するのっていつ以来だろう?
そしていつも通り遅刻する俺。いや、だって部屋の時計が。
以下、面倒なので箇条書き。言っとくけど内輪ネタだけだから

・カラオケ屋の店員が
小川原さん
・だからリボンの騎士は全店入れとけって言ってんだろ
・かしましが1・2・3全部あったのにちょっと引いた
・『初めてのロックコンサート』ラスト、「・・・うん」で頷く4人
・W(ダブルユー)最新シングル『Missラブ探偵』絶賛発売中
・カントリー娘。最新シングル『シャイニング 愛しき貴方』絶賛発売中
・『最強パレパレード』は高速版『大きな愛でもてなして』か? ほら、イントロが
・誰も青空を歌わなかったのは意識的か、無意識的か

19時より居酒屋にて宴会開始。
・料理は「真(マコト)コース」。幹事Raguさんグッジョブ
・しかもデザートのアイスをカボチャにチェンジしてもらう心遣い、これまたグッジョビ
・ボードと写真集陳列するも、店員スルー
・一般客もスルー。5期って知名度低いね(勘違い)
・柴ちゃんこんなとこでバイトしなくても・・・
・揃いも揃って土日ヒマヒマ病
・たばねさん、箸落とす
・やっぱり今年の夏は世界でいちばん熱い夏だった
・8期は谷亮子
・みんな言わないだけで色々やってんのね・・・まそりゃそうか
・たばねさん、箸落とす(2回目)
・昔話もいいけど、やっぱこの先の夢語ってる方が楽しかったり。てことで、
・小川麻琴、2008年夏ハロ@大阪城ホールにて電撃復帰決定
・ドサクサに紛れてかぁちゃんも復帰
・さてさて、ドサクサに紛れるのはどっちだろうねえ(・∀・)ニヤニヤ
・デブ化、変な髪形、変なタトゥーぐらいじゃ驚きませんよ
・お開きの時間になって「カボチャたっぷりカレーうどん」とかいう実に小川ヲタ的なメニューを発見。残念

小川ヲタ同士がこうやって顔を合わすのは屋形船オフ以来。
急速にハロプロ熱が冷めつつある人、逆にハロプロ全体を広く浅く見られるようになった人、ジャニヲタ熱が加速した人など様々ですが、基本的にみんな「待ちモードで待機中」なのは変わらないな、と。
当然っちゃあ当然なんだが。
あと、現場系がどうとか在宅だからどうとかではなく、やっぱ志同じくしたもの同士が集まるって大切やわ。
一人っきりでヲタ活動やってたらここまで深入りすることもなかっただろうし。
大したネタもなくても、こうやって集まって一人の女の子についてあーでもないこーでもないと話する場。
話す中身は懐古と愚痴と妄想ばかりですが(笑)
でも少しは夢もある。少しだけど、間違いなく。
まぁ、せっかく真人間に戻れるチャンスだったのに、お互いに足引っ張り合ってるだけのような気もするけどw

でも、こういう時いつも思う。
こうして待っていてくれてる人がいるってこと、分かってんのかよまったく。


さくら満開
こんこんおめでとう。本当に。
そしてゴメン、見くびってた。まさかこんなにあっさりと合格しちゃうとは。
(恐らく俺なんかの想像を遥かに超える努力の結果であり、「あっさり」なんかでは決してないだろうけど)
本当にめでたい。本当に。おめでとう。

・・・。

もちろん嬉しいんだけど、そこに一抹の寂しさを感じるのはなぜだろう。
誰かさんとは違って有言実行、ちゃんと自分の夢に着実に近付いてるから?
有害・無害を問わず誰でも近付けるような存在になってしまうから?
簡単に言うと羨望なのか嫉妬なのか憧憬なのか、くそう、なんだこの気持ちは。
どうやら紺野あさ美に対しても、説明不能な特別な感情が俺にはあったらしい。



何言ってんのこの人?

posted by テンチョ at 01:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年12月09日
STKまがいのヲタがウロチョロして迷惑掛けることよりも、「恋人らしき男が見送りに来てた」とかレポされることの方が怖い俺って、やっぱりダメだな。
そういうことを平気でやりかねんアホの子&家族だからなぁ。
とりあえず空港の警備が厳重であることを願ってます。

冗談はおいといて。(冗談ちゃうけど)


さて。
「待つだけならいくらでも待つ」と確かに言った。
「行ってらっしゃい」も叫んだ。(3ヶ月以上も前に)
俺に出来ることの続きは、戻ってから。



とかカッコつけてはみるものの、

あー。。。

行っちゃうのか。
 
posted by テンチョ at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年11月30日
リボンの騎士 ザ・ミュージカルDVD
なんとか見終えた。
フィナーレも、セレモニーも、舞台裏も見てしまった。
あー
まったくもう
普通に「ミュージカルを」楽しみたかったのに。
まだ見てない小川ヲタの人は、DISC 2のエピローグまで見たら続きは来年とかに見た方がいいですよ。


新たな発見とか、商品としての不満点とか、思わず苦笑いなこととか、
色々ありすぎてそれをイチイチ言葉にするのは大変だわ。
なんか久々に泣き疲れたのでもう寝るけど。


一つだけ。
このDVD、他の誰よりも小川麻琴に見せてやりたい。

posted by テンチョ at 03:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年11月21日
リボンの騎士DVD
いよいよです。11月29日発売です。
あーもうどう言うたらええんやろ。
すっげえ楽しみで楽しみでドキドキするし、でも絶対泣くし。
あのオープニングの、階段の電球がチカチカしてるとこに麻琴さんが飛び出てくるシーンだけで泣いてしまいそうだ。
でも泣くだけじゃないはず。
だってめっさおもろかったもんこのミュージカル。
9回観て台本も買って音源実況もして夢にも出てくるくらいなのに、それでも楽しみだ。

何人かの人がそうであるように、俺の中にもこの夏で動きを止めてしまった何かがあって、
それを再び揺さぶることができるのは「ただいま!」のひと言だけなんだろうけど。
でもDVD観ることで、その「何か」がまだ張り裂けんばかりに熱く飛び跳ねてた頃を思い出せるのなら、
あのときの気持ちに戻れるのなら、それはやっぱり嬉しいことなんだ。

あーでも麻琴さんのセレモニーが収録されてるという特典ディスクはしばらく見れないんだろうなー。
見ない方がいいのかも知れん。今は純粋にミュージカルそのものを見たい。楽しみたい。
とりあえず29日は定時ダッシュで帰宅!します。
だからちゃんと届けてねAmazonさん。

 
posted by テンチョ at 03:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2006年11月14日
俺が娘。コンを観ない理由
まぁ小川麻琴がいないからってのが唯一の理由ですが。
っていきなり結論出すなよ。
ま、ちょっと考えてみた。

神戸・武道館・大阪と、会場推しはすれど結局コンサート自体は見ず仕舞い。
なのに会場の外では必死になって踊ったりしてます。
たぶん「何をしょーもない意地を張ってんだこの小川ヲタは」とか思われてるんだろうな。
ホントのこと言うと、8人の娘。を見てみたいとは思ってる。
happy to funを地で行くガキさんのスマイルを見たいし、愛ちゃんの美しいダンスも見たい。
皆が神曲と絶賛するバラライカも見たいし、久住のモノホンのアホさ加減も見たい。
ファインエモーション!もレインボーピンクも見たい。っつーか踊りたい。
だったら入ればええやんって話ですが、そう単純じゃないのが人生。
別に意地っ張りでもヤセ我慢でもないんだけどね。これは本当。

不思議と紺野ヲタにはどこの会場に行っても必ず会う。
もちろん会場推しだけじゃなく、ちゃんと入場してる人が大半。つか全部。
別に推しが変わったとかではなく、単純にコンサートを楽しんでるんだろうな。
そんな紺野ヲタの誰かが言ってたけど、会場で顔合わすたびに「誰見に来たんですか?」とか聞くのは失礼だろうと。
まぁもちろんネタの部分もあるんだけど、確かにそうだわ。
「誰」とかじゃなく「娘。コン」を見に来たんだ!って。

俺もそう言えればいいんだけどなぁ。

推しとか関係なく、どのコンサート行っても楽しめるって人が心底うらやましい。
自分も2年ぐらい前まではそうだった。
当時のコンサDVDとか今見てると、あーこの頃はステージに誰がいようと(いまいと)楽しんでたなぁとか、思ってしまう。
ハロプロ自体にはとっくに萎えてしまってるんだろうな。

ある時期を境に、ヲタ芸するより一緒に踊る方が楽しくなって、
他のコンサート見る金があったら娘。コンに一公演でも多く行くようになって、
彼女のことをアイドルとして好きってだけじゃないことに気付いて、
コンサート行く楽しみ=小川麻琴を見ること、でしかなくなった。

モーニング娘。大好き!5期メンバー大好き!
それはもちろん嘘ではない。
ハッピー♥7もプッチモニもポッキーガールズもSALT5もおとめ組もメトロラビッツも大好き。
だけど、結局は「そこに小川麻琴がいるから」なんだ。
小川麻琴がいるからこそそう思えるわけ。
だから彼女がいなくなった今は、もう俺にとって娘。コンはごまコンとか美勇伝コンと同じぐらいの意味しか持たない。

で、一番上に戻るわけですがw
あー
なんやろね

何ヶ月か何年か経って、一度ぐらいは見とけばよかったなんて悔やむ時が来るのかな?
とはいえ、地元大阪で見なかったんだからもう残りの公演見に行くことはないわ。うん。


「今の娘。コン楽しいよ」って意見を聞くと、当然悔しい。
けど、そうでなきゃイカンとも思うし。
何度となく誘ってくれるヲタ友には、嬉しいんだけどこういう感じです、と。
まったく、卒業ってのは厄介だなと思う。
 
posted by テンチョ at 03:23 | Comment(3) | TrackBack(0) | 小川麻琴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。