2011年03月09日
今日の出来ゴト

3年ぶりのHELLOWEEN来日公演行ってきた。
今回のツアーのお供はSTRATOVARIUS。
会場着いたら物販並びのヲタが2階まで階段占拠してて慌てた。
いつからメタラーはこんなグッズ厨だらけになったのか。と訝りながらも俺も並ぶ。
係員の兄ちゃんが間もなく開演します!と絶叫してるのにみんな一歩も退かず。
結局買ったのはTシャツ1枚だけやけど、おかげでストラト最初の1曲聴き逃したぜ。

STRATOVARIUS
01.Darkest Hours
02.Speed of Light
03.The Kiss of Judas
04.Infernal Maze
05.Deep Unknown
06.Legions
07.Move The Mountain
08.Under Flaming Skies
09.Hunting High and Low
10.Black Diamond


実はストラトって、トルキのギター教則DVDでしか聴いたことなかったりする。
(しかもヤングギターとかの付録のやつw)
な〜んか食わず嫌いがずっと続いてるんですわ。なんでだろう。
「北欧の様式美系」とかいう冠がついてるとどうも苦手に感じてしまう。
「クサいメロディに超絶高速ギター!」とかだと俄然興味湧くんだけども(意味はほとんど同じなのに)。
で、初めてまともに聴いたストラトですが、思いのほか良かった。
”Legions”とか、つい「おおっ!」っと前のめりになったし。曲知ってたらもっと盛り上がれただろうなー
しかしギターの人は地味すぎやで。もうちょっと動かんと。

で、休憩挟んで我らがカボチャ野郎ども登場。
For Those About Rockからいつものハッピハピハロウィン♪
でMr. Madmanのイントロがちょろっと流れて”Are You Metal?”でスタート。
が、思わず「うわっ音悪っ!!」って思ってしまった。
PAが交代したときにはよくある話だけど、ちょっとこれは酷かった。ドラムとか全然聞こえないし。
3曲目ぐらいには改善されてたけど。

HELLOWEEN
01.Are You Metal?
02.Eagle Fly Free
03.March of Time
04.Guitar Solo
05.Where the Sinners Go
06.World of Fantasy
07.Drum Solo
08.I'm Alive
09.Forever and One (Neverland)
10.A Handful of Pain
11.Keeper Medley (Keeper of the Seven Keys〜The King for a 1000 Years〜Halloween)
12.I Want Out

E1.Future World
E2.Dr. Stein


いや・・・
正直このセットリストはどうなんよ。
せっかく「7 SINNERS」なんて最高のアルバム作っておきながら新曲は3曲だけ。
なのにその他は20年以上も前の曲ばっか。
おいアンディ!
インタビューで「ファンのみんなが”Raise The Noise”を合唱してくれるのが目に浮かぶよHAHAHA」とか言ってたくせに!!
せめて”Long Live The King”と”The Sage The Fool The Sinner”やれよ!!
keeperの曲とかもういいからさぁ。って俺、前のツアーの時にも言ったじゃないか。
確かに「KEEPER〜」はヘヴィメタルの歴史においても超重要なアルバムだし、
HELLOWEENが現在の地位を確立したのもそのおかげ。
けどさぁ、もう20年以上も昔の話じゃないか。
キスクもカイももういない。それをいつまで引き摺ってんねん。
「LEGACY」を作ったのも「UNARMED」を作ったのも、過去の遺産に頼らず
今現在のありのままのHELLOWEENを貫き通すという、その決意表明じゃなかったのか。
懐古厨やキスク原理主義者の呪縛から自らを解き放ったんじゃなかったのか。
これが例えばイーグルスなら、ホテルカリフォルニアだけ一生演奏してりゃいいんだろうけど。
でもあんたらはヘヴィメタルバンドだろう。
ジャーマンメタル(と世間で呼ばれるジャンル)を作り上げ育てた張本人だろう。
どれだけ傷付こうと、どれだけ血を流そうと、どれだけの謗りを受けようとも過去の栄光に縋ることなく
安寧の地でぬくぬくすることなくまだ見ぬ道なき道を這ってでも進む。
それがヘヴィメタルであり、ミュージシャンシップなんじゃないのか。
全身全霊を込めたNEWアルバムを作ったはずなのに、なんで3曲しかやらんのかと。
ぶっちゃけ、もうカイ期やキスク期の曲なんて演奏しなくていいと思う。
”Eagle Fly Free”さえなくてもいい。
アンディ加入後の曲にだってHELLOWEENの看板となる名曲はいくらでもあるじゃないか。
PowerとかWhere the Rain Growsとか。All Over the Nationsとか!!
いつまでも「KEEPER〜」の亡霊にとらわれる今のHELLOWEENに、”Are You Metal?”とこっちが問いたい。
あんたらそれで本当にメタルなのかと。

てなわけで非常にご立腹。
セットリスト以外は文句なしだっただけに本当に。
次回もこんなセットリストだったらもうライブ行かんぞ。
 
posted by テンチョ at 03:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Heavy Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年10月11日


なんせ客層がこれまで行ったメタル系とまるで違うことにカルチャーショック受けた。
どうやら前座の2バンド(CANCER BATSとBRING ME THE HORIZON)目当ての若者たちだった模様。
生で見るとガッカリバンドなんてのは今は昔、むしろ超カッコ良かった。
彼らのような若手がいる限りヘヴィメタルはあと50年は戦える!!!
マットがハゲないか、それだけが心配。

セットリスト
01.Your Betrayal
02.Fever
03.Waking the Demon
04.All These Things I Hate (Revolve Around Me)
05.Tears Don't Fall
06.Pleasure and Pain
07.4 Words (To Choke Upon)
08.Suffocating Under Words Of Sorrow
09.The Last Fight
10.Say Goodnight
11.Scream Aim Fire
E1.Alone
E2.Begging For Mercy

 
posted by テンチョ at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Heavy Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年05月18日
ロニー・ジェイムス・ディオ逝去。
あぁもう、なんでだ。
なんであんなにバイタリティに溢れた人が。
今も信じられない。
まだまだ歌えたのに。

享年67。ウチのおとんよりも年上だ。
なのにその声は誰よりもパワフルで、熱く、深い。
いかにヘヴィメタルミュージシャンといえど
年齢とともに劣化していくのは避けられない運命の中で、
でもこの人だけは一度たりとも衰えなんて感じさせなかった。
本当に悪魔と契約でもして永遠の歌声を手に入れたんじゃないかってぐらい。
生涯現役のまま、最高のヴォーカリストのまま去ってしまった。
ダメだ涙が止まらん。
『The Devil You Know』なんて最高のアルバムを作っておいて、
今年こそは来日してくれると信じてたのに。
結局、一度もライブを観ることのないまま亡くなってしまった。

悔しいし、悲しいし、たまらなく寂しい。
親戚が亡くなったときでも大して悲しみなんて感じなかったのに、
なんでCDやDVDでしか知らない男がいなくなっただけでこんなに辛いのか。
 
posted by テンチョ at 03:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Heavy Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年05月17日
最近の出来ゴト
ウザかわいいが最近のマイブーム。
分かりやすく言うと千世とユイにゃん。
アホですね。


BULLET FOR MY VALENTINE 『Fever』

延期しまくってやっと出た3rd。
1stのスラッシュ路線+スクリームと2ndのメロディアス路線の組み合わせが
ようやくバランス取れてちょうどいい塩梅になった感じ。
メイデンっぽくなったとかいう意見をよく見るけど、
どっちかっつうとディッキンソンのソロアルバムに近くないか?
まぁどっちにせよ大好物なんだけど!!
喉の手術とか、予想外に売れてしまった影響とか色々あるんだろうけど
本人らが今になって「2ndは失敗だった」とか言ってるのはちょっと納得いかない。
売れるためにメロディアスになったわけじゃないだろうに、ねぇ?
まぁ間違いなく今一番好きな若手バンド。
こういうバンドがまた出てきてくれて本当嬉しい。
危うく50代60代のジジイのメタルバンドしか愛せない身体になるところだったからw
ところで来日は決定なのか!
歌いながらALONEのイントロをどうやって弾くのか早く見たいぞ。


定期トマト

順調に成長中。花がついた。
しかし・・・プランター小さすぎた?
 
posted by テンチョ at 01:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Heavy Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年04月11日
今日の出来ゴト
4日遅れでMBSでもけいおん!放送開始。
まぁバンドものだから見てるだけで話はどーでもいいんだけど。ホントだよ!
興味あるのはもっぱら楽曲のみ。ホントだって!
ガルデモも期待してるぜ!バンドが好きだからな。ホントそれだけ!
で、新OPですが、相変わらずウネウネ動きまくるベースラインは置いといて
ムギちゃん!!ハリキリすぎw
リフもサビもユニゾン被せまくり。ギター2人いる意味ねー
たぶん澪か唯が曲作って持ってきてムギがアレンジ加えて
あずにゃんがGソロ組み立てるってのがHTTの作曲スタイルなんだろうけど
(注:俺の脳内設定。公式設定は知らん)
サウンドプロデュース面はもはや完全にムギちゃんが掌握してますな。
カレーのちライスもそうだったけど。
んで律は何してんの、と思ったら今回は結構頑張ってる。
というかタム移動とハイハットが忙しすぎw
あーこういうの聴くとまた真面目に楽器の練習したくなってくるわ。
ていうかベース欲しい。Spector欲しい。
EDについては特に言うことありません。何なのあれ。
 
posted by テンチョ at 04:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Heavy Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年04月05日
週末の出来ゴト

4月ですねえ。
ついこないだ年が明けたと思ってたらもう4月。
こっちはまだ正月ボケも抜けきっていないというのに。
世間ではやれ新生活だ新学期だ新入社員だとはしゃぐ阿呆共が跋扈してるわけですが
単に春が来たからというだけで無駄に活力をみなぎらせたり気合を入れたりしてる
幸せな人々のエネルギッシュでフレッシュな姿を見せ付けられると
何故だかこちらは反比例してどんどんダウナーな気分になるという
特異体質というかまぁひねくれてるだけなんですけども、皆様如何お過ごしでしょうか。
なんだかわからんが今月から職場でエライ立場の人になってしまったワタクシ、
これまでみたく「イベントなんで」とか言って平日に堂々と有休が取れなくなる、らしい。
イヤだねー、仕事なんかのために趣味を犠牲にするのって。
アホらしい。


SLASH 『Slash』


初のソロ名義のアルバム。
一曲ごとにゲストボーカル呼んで、曲も歌い手に合わせて作ったらしいけど
この人がこんなにバラエティに富んだ曲作りの出来る人だとは知らんかった。
A7Xのヴォーカルが参加してる11曲目とか、こんなカッティングもするのかよ(笑)。
いつまでも「元ガンズのスラッシュ」とか言ってんじゃねえよオメーら!!ってとこか。
でも世間は「ガンズのスラッシュ」を期待してしまうんだよなー俺も含めて。
このアルバムも「アクセルが歌ってたら」とか言われるんだろうねえ。
『Chinese Democracy』が「これをスラッシュが弾いていたら」とか
散々言われてたのと同じで。
ギタープレイも作曲もこんだけ器用なんだから、だからこそ
個性溢れるカリスマ的ヴォーカリストと組むべきだと俺は思うんだけど、どうだろう。
まぁアクセルと仲直りすることは一生ないだろうし、
VELVET REVOLVERもよくわからんまま空中分解しそう(した?)。
だったら、一時期噂のあったバズと組んで欲しい。
15曲目のゲストボーカルについてはノーコメントで。
 
posted by テンチョ at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Heavy Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年03月19日
今日の出来ゴト
"BLACK ICE JAPAN TOUR"日本最終公演行ってきました。
もう何も言うまい。最高だった。
大袈裟でも何でもなく、俺の人生でベスト10に入るライブだった。


01.Rock 'N' Roll Train
02.Hell Ain't A Bad Place To Be
03.Back In Black
04.Big Jack
05.Dirty Deeds Done Dirt Cheap
06.Shot Down In Flames
07.Thunderstruck
08.Black Ice
09.The Jack
10.Hells Bells
11.Shoot To Thrill
12.War Machine
13.High Voltage
14.You Shook Me All Night Long
15.T.N.T.
16.Whole Lotta Rosie
17.Let There Be Rock

E1.Highway To Hell
E2.For Those About To Rock (We Salute You)



ホントね、こんなカッコイイジジイたちは世界中探したって他にいないですよ。
なぜか日本では人気がない「ということになってる」彼ら。
それは演奏する姿を知らないからだ。
そりゃアンガスなんかちんちくりんだしハゲだし、お世辞にもイケメンではないし、
ギター置いて普通の服(笑)着たら本当にただのジジイにしか見えないだろうけど
あのギターを弾く姿、一瞬たりとも立ち止まることなく走り回り飛び跳ねまくり、
2時間ずーーーっとヘッドバンギングしながらリフを刻み続ける姿、
あれを見たら誰もが思うに違いない。

カッコイイ!!
カッコイイってのはこういうことだよ!!!!

本当に観に行ってよかった。
各種メディアの「これが最後の来日!!」とかいう煽りには辟易してたけど
(まぁ彼らの年齢とCDリリースするペースを考えると間違ってはいないのかもだが)
実際に目の当たりにして、とても還暦のジジイバンドだなんて信じられない。
アンガスは70になっても80になっても100歳になっても、ギターを引き続けると思う。
本気でそう思う。
あーライブって最高だわ・・・
 
posted by テンチョ at 02:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Heavy Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月07日
今日の出来ゴト

2週間も前の日記今頃書いてんじゃねえよって話ですが、武道館2日目です。
こっちの正式タイトルは

May'n Special Concert 2010 at 日本武道館 「BIG☆WAAAAAVE!!」

こちらも初の単独武道館公演!
ホリプロでは山口百恵以来30年ぶりだとか!オッサンじゃないから知らんわ。
あ、今変換したら「山口も萌え」って出た。どうでもいいや。

10時にホテル追い出されてのの9と合流。
とりあえずすることないんで何故か中野ブロードウェイへ。
2人であてもなくブラブラしてたわけですが、その間
のの9がずーっと戸松遥について語ってた。
いや、別にいいんですけどね。写真集買ったとか(爆笑

昼メシ食ってぼちぼち九段下へ移動。
お茶しばきながらダラダラしてたら何やら懐かしい人から着信が。
うっちゃん「今オレも武道館おんねんけど」
呼ばれるがままに会場まで行くと相変わらずのヴィジュアル系ダフ屋さんな人がいた。
お久しぶり〜
「どうも、元小川ヲタです」
あ〜あ、元って言っちゃったよこの人。
それにしてもこんなとこで再会するとはね。May'n好きだったのか。
「やっぱホームベース顔には惹かれるよな、お互い」
いやいやいやw
とりあえず関西で小川イベあったときはまた来てね。

さて、ぼちぼち入場しますか。席は2階東スタンド。
連番で落としたチケ渡してたはずなんだが何故か全然違うチケット持ってるのの9。
「年末大掃除してたらなくなって、たぶん間違ってシュレッダーに・・・」
落札し直したらしい。シュレッダーてw
かなり昔、ハロの現場で開演時間になってチケ忘れたのに気付いて
あわてて取りに帰った人がいたが(俺だよ俺!)、これはそのさらに上をいく荒業。
ということで別々の席へ。
それにしても場内満員御礼。立ち見も完売して見切れ席まで売ってたらしい。
えっと確か昨日は(ゴホンゴホン


01.ユニバーサル・バニー
02.Get Ready
03.What 'bout my star?(Sheryl On Stage)
04.ライオン (May'n ver.)
05.h@e me? h@e you!
06.standing bird
07.Glorious Heart
08.会えないとき (アコースティック ver.)
09.my teens,my tears (アコースティック ver.)
10.YOUR ROCK
11.pink monsoon
12.Let Me Be Myself
13.イゾラド
14.ダイアモンド クレバス
15.XYZ
16.パラノイア
17.May'n☆Space
18.オベリスク
19.ノーザンクロス
20.キミシニタモウコトナカレ

E1.Welcome to My Fanclub's Night! -Styles ver.-
E2.射手座☆午後九時Don't be late
E3.Deep Breathing



ソロ曲とマクロス曲が半々ぐらいか。
一曲目ユニバニはやっぱり銀河の歌姫来艦!!って感じで
どうしても劇場版初っ端のシーンが浮かんでしまう。
歌声の強靭さ・ブレのなさはさすがというか凄い。CDで聴くよりはるかに力強い。
あと驚いたのが、普通にダンスも踊りまくりでしかも上手い。
2年前のマクロスライブのときはあまりダンスの印象なかったんだがなぁ。
あ、そういえばあの時よりはるかに痩せましたよね(笑)
オベリスク→ノーザンときて本編ラストがキミシニだったのは個人的に嬉しい。
アニメがアレだったせいでこの曲忘れ去られるんじゃないかと心配してたw

とまぁせっかく盛り上がってるところですが、なんと情けないことにここで時間切れ。
俺ものの9も終電が20時半で、2人揃ってアンコール前に会場を出るハメに。
後ろ髪引かれる思いで武道館をあとにするヲタ2人。
八重洲口☆午後八時半Don't be late!
場内からはかすかにアンコールで盛り上がる歓声が聴こえる。
はぁ・・・
あとでレポ見たらラストDeep Breathingの演出が神がかってたとか。
(詳細はわからん。観てないんだから!!)
ちくしょー!!!!!!!!!!

というわけで不完全燃焼ではあるけども楽しかった。
アコースティック2曲も良かったけど、一番感動したのはダイアモンドクレバス。
まぁマクロスF20話のシーンが浮かばなかったといえば嘘になるけどねぇ
悪いとは思いつつも、やっぱりシェリルと重ねてしまうんだな俺は。
実際シェリルの半分はMay'nだし、シェリル無くして彼女のキャリアは語れないけど、
でもいつまでも「シェリルの歌の人」だけでいるわけにはいかない。
それは分かってます。
次の映画で歌シェリルとしての役目は終わり(たぶん)、
そこから一人の歌い手・May'nとしての次のステージが始まる。
会場にも、ロボットアニメなんて見ません、普段は安室とかELT聴いてますみたいな
どっから見てもヲタじゃなさそうな綺麗系のお姉さんが結構いたけど、
マクロス曲目当てじゃなく本当に「歌手・May'n」を観に来たのなら
ああいう人たちこそがこれからのMay'nちゃんを支えていくんだろう。

夏にはまたツアーやんのかな?だったらまた行きたい。
 
posted by テンチョ at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Heavy Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月01日
今日の出来ゴト

ちゅーわけでKOTOKO観に武道館行ってきた。
正式タイトルは

"thank you" and "from now" KOTOKO LIVE IN BUDOKAN 2010
『Pleasure×Pleasure=Pleasure!!!』

長げーよ。
勢い余って東京到着したのはお昼前。そっから軽くヲタ聖地巡礼。
めんどくさいのでこのへんは後日書く!
で、ホテルチェックインして一応記念にパンフぐらい買っとくかと物販に向かうと
開演まで2時間以上あるのにもう売り切れの張り紙。
んだよそりゃ・・・
パンフだけじゃなくほとんどのグッズが終了してた。
仕入れ担当が弱気すぎなのか、転売屋が必死すぎなのか・・・
席は2階南西の2列目。
といっても1列目は使われなかったので実質最前でラッキー。
それにしても女の子多いな。

開演は15分押し。結構空席目立つなー
前座はKOTOKOの生き別れの双子の姉率いる謎の音楽ユニットOuterさん。

01.Synthetic Organism
02.Ha!!!ppiness


メタリックな2曲歌って全員退場。
静まる場内スクリーンにはこれまでKOTOKOが駆け抜けてきた10年間の
PVやライブ映像が細切れになって走馬灯のように映し出される。
そして暗転から早着替えしたKOTOKO登場。

03.Close to me
04.明日の向こう
05.I can't get over your best smile
06.茜空〜それが僕らの世界だった〜
07.硝子の靡風
08.雨とギター
09.限界打破
10.羽 -hane-
11.UZU-MAKI
12.BUCCANEER
13.Collective
14.さくらんぼキッス 〜爆発だも〜ん〜
15.きゅるるんKissでジャンボ♪♪
16.I need magic 〜解けないマジ☆キュン♪〜
17.常識!バトラー行進曲
18.めぃぷるシロップ
19.SCREW
20.sensitive
21.resolution of soul
22.oblivion
23.ε 〜Epsilon〜
24.421 -a will-
25.Feel in tears
26.being
27.prime -"thank you" and "from now"-
28.覚えてていいよ

E1.Shooting Star
E2.涙の誓い
E3.Wing my way
E4.Face of Fact
E5.Re-sublimity
E6.七転八起☆至上主義!
E7.Symphony 〜星たちの詩〜



アンコール含めて怒涛の全35曲!!
途中メドレーとかショートサイズの曲もあったけどそれにしても3時間半オーバーて。
古参ヲタにはまさにKOTOKOの歴史を凝縮したような神セットリストだったらしいけど、
実は1/3ぐらいは知らん曲でした(ヘボ)。
なんせ持ち曲200曲以上ある人だからなー全曲把握するとかムリムリ。
人の心の暗部を抉るようなダークな曲から電波なエロゲソングまで、
これほどバラエティに富んだ曲歌う人もそうはいないだろうし
本人も言ってたけど万人が納得するようなセットリストなんて不可能。
それに一般流通してない曲が多すぎるし。
(イベント限定配布とか、エロゲの初回限定特典とか)
とは言え、キュンキュン3部作とWing my Wayが聴けただけで俺は満足。
あとbeingとめいぷる、七転八起も。
特にさくらんぼキッスは最初にKOTOKOを知るきっかけになった曲だしね。
ちなみにアイマスMADにハマったきっかけでもある。

これの2:21〜を何度リピったかw
覚えてていいよをラストに歌うのはズルいな。
まぁいつ聞いても感動的な曲なんだけど、不覚にも泣きそうになった。

まぁ正直言って客入りは8割ってとこだったけども
歌い手になって10周年、そしてメジャーデビューして5周年で初の単独武道館公演。
そんな節目のライブを観れて良かった。
以前握手イベに参加したときも思ったけど、ホントに小っさい(身長が)。
でも、ステージ上を飛んで跳ねて走り回って歌う彼女の姿は本当に大きく見える。
存在感とかオーラとか、そんな大そうなものじゃなく単純に
「歌が好き!!」
って気持ちが溢れてるからなんだろうな。
そういう人は見てるだけで心打たれる。
今後も小さなハコでいいからライブ続けてほしいなあ。
そして次回はぜひSpecial Life!とLeaf Ticket歌ってください。



この日のライブ参加者全員に配られた限定新曲CD。
こういうことすっから予習するとき困るんだよ!
嬉しいけどさあ!!
 
posted by テンチョ at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Heavy Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年12月12日
今日の出来ゴト


9月の2daysに引き続き今回も初期〜中期曲限定のセットリスト。
懐古厨乙!ではあるが関西で筋少を観られる貴重な機会なので良しとする。
会場は大阪で一番ヲタが似合わない街、アメ村のBIGCAT。
またヲタ晒し階段で罰ゲームだろうなと予想して行ってみると
意外とスムースに入場列が進んでる。
スタッフの手際が良くなったのかヲタが大人なのか。
大人と言うかオッサンオバハンですけどね。

整理番号300番台後半で入場。
復活後の筋少観るのは4回目だけど、いつも不思議なのが
30代後半以上のリアルタイム世代に混じって
20代前半の客がいること。それも結構な数。
彼ら/彼女らは一体どこから筋少に入ったんだろう?
絶望先生からなのかね、やっぱり。
まぁいいや。以下セットリスト。


01.黎明〜モーレツア太郎
02.23の瞳
03.イタコLOVE
04.オレンヂ・エビス
05.ソウルコックリさん
06.マタンゴ
07.キノコパワー
08.きらめき
09.風車男ルリヲ
10.世界の果て
11.イワンのばか
12.パノラマ島へ帰る
13.愛のリビドー
14.スラッシュ禅問答
15.日本印度化計画
16.パブロフの犬
17.踊るダメ人間

E1.何処へでも行ける切手
E2.Go! Go! Go! Hiking Bus
E3.釈迦
(退場曲:ハートスランプ二人ぼっち)



初期曲限定とはいえ、やっぱり半分ぐらいは定番曲になっちゃってちょと残念。
印度とかイワンはもう当分やらなくていいよマジでw
数年前までは再結成だけでも夢のまた夢だったのに
当時の曲ばかり演奏されると今度は再結成後の曲が聴きたくなるとか、
ヲタってのは贅沢なもんだねぇ。

サポートドラムは9月に引き続いて
JASRACという巨悪にタチムカウ男、ファンキー末吉さん。
筋少の変態テクニカル曲を相変わらず難なくこなす。かっこええわぁ

終演後、まさかの追い出し曲で会場内大爆笑。
しかしほぼ全ての客が合唱できるところが関西かw
以前にもMCで大槻と橘高がナイトスクープヲタを公言してたけど
まさか本当に流すとはw



おみやげはおいちゃんが投げたピック。
フロアのほぼ真ん中にいたけど運良くキャッチ。
飛んできたの気付いたの俺だけだったような・・・
みんなもっとおいちゃんも見ろよ!
 
posted by テンチョ at 08:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Heavy Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年10月11日
この日の続き

パシイベの興奮冷めやらぬままに赤坂BLITZ到着。
まぁ別に興奮してはいないですけど。
そんなことより2年ぶりの筋少だぜ。
今回のライブは初期アルバムの再販記念ということで
2日間で1st〜4th、5th〜8thの曲だけをやっちまおうという
ある意味一見さんお断りなコアでレアでアレな客専用セットリスト。
で、今日はその2日目。
本当は1日目も観に行きたかったんだがね。

オールスタンディングなんでとりあえず左寄り中腹に陣取る。
右サイド(橘高サイド)はいつも通りアレなお姉さんばかりだしw


01.風車男ルリヲ
02.少年、グリグリメガネを拾う
03.人生は大車輪
04.世界の果て
05.ソウル コックリさん
06.暴いておやりよドルバッキー
07.くるくる少女
08.パブロフの犬
09.猫のおなかはバラでいっぱい
10.高円寺心中
11.愛のリビドー(性的衝動)
12.スラッシュ禅問答
13.バトル野郎〜100万人の兄貴〜
14.サボテンとバントライン
15.イワンのばか
16.きらめき

E1.デコイとクレーター
E2.タイアップ
E3.踊るダメ人間
E4.じーさんはいい塩梅



とりあえず、誰が決めたんだこのセットリスト。
8割がヘドバン曲じゃないか!!
ルリヲ→グリグリメガネとか大車輪→世界の果てとか
アルバムの流れそのままで鳥肌立ったわ。
バッキー→くるくる少女もか。

オーケンは特攻服にターバン巻いて登場。国籍不明すぎるw
もうプロピアはやめたらしい。そういや倒産したんだっけか、プロピア。
橘高氏は例によって2曲ごとに化粧直しに引っ込むので
その間オーケンがグダグダのMC。
前述のとおりコアでアレな客しかいないので安心感(?)があるのか
MCも愚痴とか自虐ばっかりでそれがまたウケるウケる。
歌よりMCでこれだけ客を沸かせる人はもはやオーケンかさだかというレベル。
おいちゃんは相変わらずいい人オーラとかα波とか出しまくり。
うっちーが今回かなりカッコよかった。演奏する姿が。
スティーヴ・ハリスみたいだった。ゴメンそれはウソ。
三柴はあんまり見せ場なかったなぁ。まぁもともと中期筋少には参加してないしな。
再結成後毎回変わるサポートドラマー、今回はファンキー末吉さん。
この人がもう、ハンパなく素晴らしすぎた。
あれほど複雑かつトリッキーかつハードな太田明の演奏を
たった2週間のリハで完璧に再現してみせた末吉さん。
今回のMVP間違いなしだわ。
始まる前は筋少にこの人合うんかな〜と思ってたけど全くの杞憂。
今はこの人以上のサポートドラマーはいないんじゃないかって思っとります。
心からお詫びします。今土下座しながらキーボード叩いてます。

今回特にパブロフ聴けたのが嬉しい。途中のセリフ部分なかったけど。
再結成後は初めてかな?
歌い終わったあと、
オーケン「いや〜今の、俺上手くね?上手いよね?」
いやアンタの曲だからそれ。
最後はまたイワンかと思ってたらきらめきって、予想外すぎる。
でもこれはいい選曲。
リアルタイムで聴いてた頃にはこの歌詞の良さは分からんかった。
ラスト、ダメ人間歌ったあとにメンバー退場。じーさんのイントロが流れる。
退場SEかと思いきや、小走りで4人戻ってきて並んで合唱、そしてお辞儀。
この流れがなぜかやけに感動的だった。

終演後、赤坂のラーメン屋「秀」で晩餐。
とんこつうめえ。


やっぱりいいな、筋少。
幻想文学的な世界観の初期も好きだが、
人間の内面にあるトラウマとか愛憎を歌うようになる中期も好きだ。
この後、後期から解散に向かってオーケンはどんどん心を病んでいくけど
まぁそれも今となっては笑い話で。
てことで、あまりに良いライブだったので
12月の大阪公演もチケ取ってしまった。つい勢いで。
次回も末吉さんが叩くらしいし、楽しみだ。
 
posted by テンチョ at 02:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Heavy Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月27日
今日の出来ゴト
仕事早退して行ってきました、再結成MR.BIG。
オリメンでは13年ぶりですよ。
まぁよくぞ戻ってきてくれたもんだ。長生きはするもんですな。
開場時間ジャストに厚年到着したらすでに長蛇の列。
うわなんじゃこらと思ったらグッズ列かよ!!!
うぜーなヲタクは。無視して入場。
席は6列目右サイド。両隣がカップルメタラーで肩身が狭い。
メタラーでリア充とか言語道断!!しかも明らかに学生。
悪かったねオッサンが一人で観に来てて。
つーかカップル多すぎやろ。親子連れもいたけど。
ほぼ定時に開演。
以下セットリスト

01. Daddy, Brother, Lover, Little Boy
02. Take Cover
03. Green-Tinted Sixties Mind
04. Alive And Kickin'
05. Next Time Around
06. Hold Your Head Up
07. Just Take My Heart
08. Temperamental
09. It's For You〜The Planets Op.32 : Mars
10. ドラムソロ
11. Price You Gotta Pay
12. Stay Together
13. Wild World
14. Goin' Where The Wind Blows
15. Take A Walk
16. ギターソロ
17. The Whole World's Gonna Know
18. Promise Her The Moon
19. Rock & Roll Over
20. ベースソロ
21. Addicted To That Rush

E1. To Be With You
E2. Colorado Bulldog

E3. Smoke On The Water
E4. Shy Boy



Nothing But Loveがないけど大体ベスト的な選曲。
けどほとんどの曲のキーが半音下げになってたのが残念。
やっぱ昔と同じように歌うのはキツいのかねえ。
まぁエリックもいつまでも若くはないしな。
「20年ぶりに大阪厚生年金に戻ってきたよ」とか言ってたエリック。
そんなに経つのかー。見た目は今でも高校生みたいだけどw
ポール校長を生で見たのは初めてだけどでっけええええええ。
誰かが言ってたけど本当にギターが小さく見えるw
ここ数年難聴が進行してるらしく、今回も耳の保護のために
ヘッドフォン装着してたけど大丈夫かいな・・・
ビリーはスーツにネクタイ姿で登場。けど2曲目ですでに脱いでたw
今さらだけどこの人の弾く姿は本当にカッコエエわ。
他のベーシストが同じアクションやってもサマにはならない。
関係ないけど今でも安室ヲタなんだろうか。
パットは何と言うか、いい人オーラが出まくり。
再結成がニュースになって久し振りに雑誌で見たときは
えらくまぁおっちゃんになってしまって、とか思ったけど。
けどドラミングはやっぱり凄い。ってか、こんなにパワフルに叩く人だった?
ビリーとポールの超絶バカテクばかり注目されがちだけど
もしかしてこのバンドの一番のキモはパットのドラムなんじゃないかと思った。
今さらだよ!悪かったな!
ドリルとブルドッグはやっぱ盛り上がるね。
ポールがTake Coverのあの簡単に見えて実は超ムズいバッキングを
ポジション変えて弾いてたのは省力プレイなんだろうか?
Wild WorldとTo Be With Youはお約束で会場内大合唱。
それよりも俺はStay TogetherとNext Time Aroundに感動した。
解散時の揉めっぷりとか、その後の大人げない悪口合戦を思い出すと
あーよくぞ仲直りしてくれたわ、
エリックもビリーも大人になってくれてホントありがとうと思う。

ダブルアンコールのSmoke〜は4人で楽器交換。
ポールDr、パットB、エリックG、ビリーVoで始まりさらにソロ前で
ビリーG、エリックB、パットVoに交代。
何が凄いってポール校長のドラムが普通に巧い。
ソロアルバムでは自分で叩いてるんだっけか?
とか驚いてたらラスト、ポールがタッピング始めて、
え?え?とか戸惑ってたらまさかのShy Boyキター
本当はヴァイ様との絡みが見たかったけどとか言わない。

さっきも書いたけど、4人がニコニコと楽しそうに演奏してる姿を
再び見られるのが本当に嬉しい。
願わくはまた喧嘩して再解散しませんように。
 
posted by テンチョ at 09:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Heavy Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月01日
今週末の出来ゴト
土曜
ハードロックカフェで晩餐。
本町の方は何度か行ったことあるのでUSJの方へ。
休日だし混んでるかと思いきや案外空いてた。
そしてお約束のバースデーコール。
客少なくて逆に恥ずかしいんですけど!!!
それにしてもここのアップルコブラーは美味すぎるな。
今度これだけ食べに来よう。
そんな誕生日。
あ、USJ自体には入ってません。金ねーし。

日曜
真野ちゃん(笑)のイベント帰りのいばらきさんに呼び出されて晩飯。
フミーンも誘ったらデートだからと断られたらしい。
ヲタクのくせにデートなんかしてんなよ!!
むしろデートするならヲタクなんてやめちまえ!!
っていばらきさんが言ってたとか言ってなかったとか。
てやんでぇバーローチクショー
最近は関スレのメンツも遠方に引っ越したりリア充になっちゃったりで
馴れ合いにも人が集まらなくなって順調にヲタ卒が進んでますね。
良いことなんだろうけど、なんだかなぁ。


Ain't Talkin' 'Bout Love
なんかキムタクのドラマでVAN HALENが使われてるらしい。
どの曲?って聞いたら「Jump」だそうな。もっと他にあるだろうに・・・
それにしてもクイーン、エアロ、VAN HALENと
なんでキムタクは俺の神経を逆撫でばかりするのだろう。
 
posted by テンチョ at 04:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | Heavy Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年05月03日
今日の出来ゴト
忌野清志郎が亡くなった。

ロックというものが何なのかは分からないけど
この人だけはいつまでも飄々とロックを歌い続けると思ってたのに。
60歳になっても80歳になっても100歳になっても歌い続けるって。
結局、生で観たことは一度もなかった。
悔しい。

中学の頃好きだったバンドはみんな、RCを聴いてた。
ブルーハーツもジュンスカも筋少も。
だから俺もRCを聴いてた。
というか、当時のバンド野郎は必ず聴いてた。
高校で組んだバンドでも「雨上がりの夜空に」とか「チャンスは今夜」を弾いた。
今も信じられんわ・・・


ご冥福をお祈りします。
 
posted by テンチョ at 07:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Heavy Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月01日
WeROCK Pressから転載

日本のHR/HMファンにとって悲しい11月の終わりとなってしまった。日本のHR/HMバンドの草分け的存在LOUDNESSの リーダーでドラムスの樋口宗孝が、本日11月30日午前10時頃、入院先の大阪の病院で亡くなった。



また一人、大好きなミュージシャンが亡くなった。
日本最強のドラマー。
俺にとっては地球最強のドラマーでした。
安らかに眠って下さい。
 
posted by テンチョ at 02:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Heavy Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年09月22日
今週末の出来ゴト
土曜
お仕事で東京出張。
大したことない仕事なのに無駄に疲れたのは気苦労でしょう、きっと。
夕方の新幹線でとっとと帰る。
「彼女が待ってるんでしょ?w(嘲笑)」
あーこのバカ女に事故米食わせたい。

日曜
雨なのでヒキ。
レポ見てたらお台場イベが楽しそうで凹む。
いや凹んではいないけど別に。
実はしゅごキャラじおって一度も聴いた事ないんですけどねw
なんじゃそら。


ひだま〜ぶるないと、パシイベ外れて浮いたお金で行くことに決定。
いや全然悔しくないから別に。



BLACK STONE CHERRY
 『Folklore and Superstition』



久々にすんげーと思えるバンドに出会ったよ!
2ndだけどこれが日本でのデビューアルバムらしい。
梅田ディスクピアのメタルコーナーに「おすすめ!」とか書かれてて
試聴してみたらガーン、そのままレジ直行。
前にもこんなことあったな・・・ この店のおすすめは的確すぎて困るわ。
初期SABBATHっぽいリフとAC/DCとか初期エアロっぽい泥臭さ。
いいねぇ。メロスピ厨だけどこういうのも好きだったりする。
全く無名のはずなのになぜかあっちではBLSの前座やってたり
ホワスネ&LEPPSの前座やったりといっちょ前の扱い。
まぁ褒めといてなんだけど、日本でブレイクすることはないと思う。
でも俺は好き。そういうこと。
 
posted by テンチョ at 03:27 | Comment(0) | TrackBack(1) | Heavy Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年07月10日
続き

その後彷徨うこと約1時間。
どこでどういう路線に乗ってどう行ったのか、
サッパリ分からんけど気付いたら浅草におりました。
そこから秋葉原へ移動、ドンキにてサイリウムを買い漁る。

とりあえず指示通り青・赤・高輝度オレンジ各6本ずつ購入。
激安の殿堂とはいえ4000円ちょっとしたぞ。
高けーな、本物のサイリウムは。ダイソーので十分なのに。
余談ですがこの日俺がドンキのレジに並んでたまさに同じ頃、
同じアキバのとらのあなにアスミス&うめ先生がいたらしい。ひだまりのイベントで。
あぁ、、、とらの前通ったのに! なんというすれ違い。
アスミスだけにニアミス!なんちって!!
全然つまらん!!

開場時間が近付いたので原宿へ移動。
人   大   杉。
声ヲタくさい連中とバーゲン目当ての一般人が入り乱れてカオス状態。
2年ぶりに訪れた代々木への感慨に耽る余裕もなく。
ほどなくラッキィ&れいななしと合流。
「すっかり一般人ですな」
「ですな」
「ですな」

クソ暑いんでさっさと入場する。グッズとか興味ないしな。



日替わり限定なんだからその日に着なきゃ意味ないんでないの。

チケはれいななしに手配してもらった北スタンド10列目。
サブステージから連なる花道の直線上というなかなかのポジション。
周りをざっと見渡した感じだとハロヲタより若い客が多い。あと女子と。
というかハロヲタがオッサンすぎるだけだな。

2公演のうち土曜が「BLUE SIDE」、日曜が「RED SIDE」と分かれてて
それぞれの色のイメージに合わせてセットリストも違う、とのこと。
でこの日はBLUE SIDEなんでヲタのサイリウムもほぼ青一色。
20分押しで開演時間になり、客電が落ちて一斉に灯される青サイの海。
一瞬どこかで見た光景がフラッシュバックしたりとか、
まぁそんなことあるはずもなくAstrogationキタ────(゚∀゚)──── !!!


01.Astrogation
02.still in the groove
03.Happy Dive
04.TRY AGAIN
05.空時計
06.Dancing in the velvet moon
07.Faith
08.砂漠の海
09.deep sea
10.COSMIC LOVE
11.You have a dream
12.迷宮バタフライ
13.Level Hi!
14.Bring it on!
15.Pray
16.Orchestral Fantasia
17.suddenly〜巡り合えて〜
18.アオイイロ
19.SUPER GENERATION
20.POWER GATE

E1.What cheer?
E2.Nostalgia
E3.New Sensation



なのはで初めて水樹を知ったニワカですが、曲は8割ぐらい知ってた^^
1曲目いきなりステージからアリーナの中央まで宙吊りになって登場。
あーありゃアリーナ席はパンツ見放題だなとか、そんなことどうでもいいんですが。

バックバンドはG×2、B、Key、Dr×2。あとサックスの人がいたりいなかったり。
当たり前だけど、打ち込み曲もちゃんとバンドアレンジになっててカッケー
ギターの片方は元(今も?)FENCE OF DEFENSEの北島健二。
CDではほとんど聞こえないstill in the grooveのカッティングとか超イカス。

あ、ちゃんと水樹本人も見てましたよ。
なんか衣装はハロプロっぽいな、、、と思ったら興行は同じアップフロントなのか。
COSMIC LOVEからはひまわりがモチーフのフリフリドレス。
どこのアイドルやねん。
ってかこれはズルイ!
何がズルイって、28歳でもこういう衣装着たらカワイく見えるに決まってるやろ。
頭にもひまわり付いてるし。
誰かて頭にひまわり付けたらカワイイっちゅーねん。
俺かてカワイイっちゅーねん!
その衣装でゴンドラに座ってまたまた空中浮遊。なんてメルヘンな。
てか、COSMIC LOVEいいわー アニメは1話で見るのやめたけど。

11曲目終わってMCで、次のコーナーはカヴァー曲とか歌うんですけどみたいなこと言ったら
隣のヲタが「しゅごキャラ、しゅごキャラ、しゅごキャラ」とか呟き始めた。
( ´;゜;ё;゜; )キモー
とか思ってたら本当に迷宮バタフライだった。
カヴァーってw 本人やん。
いや、曲は好きですよ。生で聴いたらめちゃめちゃ良かった。ヲタがキモかっただけ。
そしてこのあたりでラッキィさんトイレに行った(苦笑)

16曲目、Orchestral Fantasia。
聴きたかった曲ベスト3に入るぐらい、好きだこれ。
またこのときの衣装がねぇ、軍服なんですよ軍服。ナチス親衛隊っぽいの。
これまたセコイわー いろんな意味で。
なんで女子の軍服姿ってこんなカッコええのかね。
思わず立ち上がって(最初から立ってるけど)ジーク・ハイルとか叫びそうになった。

ここでバンドのソロ演奏挟んでラストスパート。
衣装替えしてサブステージからドーンと登場。んで紙吹雪がブワーッと。
TMさんかよと思った。
サドンリ→アオイイロ→スパジェネと続いてニワカの俺もテンション最高ですよ。
アオイイロもスパジェネも個人的ベスト3に入るぐらい聴きたかった曲だけど、
特にアオイイロ!
聴けてよかった。最高。
たぶんこの人の曲で一番好きだ(08年7月現在)。
別に青い色だからとかは関係ないって!
で、最後にPOWER GATE。
これも3本の指に入るぐらい好きな曲。歌ってくれてありがとう。

アンコール明けて2曲歌ったあと、MCで例の事件についてコメント。
まぁこのへんは芸能ニュースでも報道されてた通り。
ちょっとしたネタのつもりだったんだろうけどリアルに逮捕されて
犯人アホやなとしか言いようがない事件だったにも関らず、
無関係な(つーか被害者の)水樹が涙ながらに伝えるメッセージは
「みんな、もっと自分を大切にしてね」って・・・
泣けるがな泣かせるがな。ええ子や。
で、本日のラストナンバー、New Sensation。
一度きりの人生 楽しむべきだよね絶対
まったくだぜ。
だからこそ俺はここまで来たんだし。

で、大満足のうちに3時間弱の公演が終了。
万歳三唱してるヲタたちをあとに早々と退場。
会場出る間際にラッキィさんがポツリ、

「一曲も分からんかった」

アンタ何しに来たの(^^;


なのは関連はPray1曲だけだったのが残念でしたが
まあETERNAL BLAZEとかニコ動のMADで聞き飽きてるからなあ。
とか強がってみる。
あ、でもinnocent starterは聴きたかった。
2日目も歌わなかったらしいけど、なんでだろ。

そうそう、今思い出したけど
Bring it on!でふと隣見たられいななしが猛烈にヘドバンしててビックリした。
実は1曲目からそうだったけど、今回3人中一番暴れてたのがれいななしだった。
こんなこと書いたら消されるんだろうかw あんなれいななし初めて見た。
まぁFC入ってるぐらいなんだからマジヲタなんでしょう。
彼だけ2日目も見たらしいし。

  *    *    *    *

ちゅうわけで初水樹でした。
声優としての水樹ってぶっちゃけ、フェイトちゃんとしゅごキャラぐらいしか知らんけど
歌手としての彼女のことはもっと知りたいと思った。
「歌が好き、歌うことが楽しい!!」
って気持ちを全力全身で表現してる人を見てるとこっちまで嬉しくなる。
ホント、凄い楽しいコンサートだった。久々に。
珍しく心震えてる♪ですよ。
またライブあるならぜひ行きたい。



もうちょっと続く、かも。
 
posted by テンチョ at 03:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | Heavy Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年07月07日
今日の出来ゴト
「NANA MIZUKI LIVE FIGHTER 2008 〜BLUE SIDE〜」行ってきた。
確か正月に横浜でラッキィさんに会ったときに
「水樹とか一回行ってみたいなあ」とかポロっと言ったら、じゃあ行きましょかって流れになって
まぁ先月まですっかり忘れてたんですが、運良く思い出して
「そういやあれ、どないなってます?」
「知り合いのチケ屋さんに手配してもらいます」
「それってまさか黒い・・」
「です」
てな具合で3連番チケ確保。
一人でも行くつもりだったけど、やっぱほら、
声優ヲタとかアニヲタに囲まれるとか怖いやん。

で、せっかく関東遠征するんやからついでに鷲宮神社でも参るか、と。
なにそれ?
まぁ分かる人には分かるだろうけどあれです。聖地巡礼です。
いやもう巡礼とか言ってる時点でキモいです分かってます。
別にいいです。もう最近怖いものないですから。

てことで朝6時起きです。おはらっきー☆!!
7:47発のぞみ110号乗って品川から池袋へ。
湘南なんとかラインで大宮経由→久喜へ。
そっからナントカいうローカルな電車に乗って、鷲宮到着したのは昼過ぎ。
んで駅から15分ほど歩く。
あちー暑すぎるでこれ。
道中、町内のあちこちにこんなモノが。

イタタタ・・・
町の商工会が中心になっての町興しとは聞いてたけど、正直どうなんだ。
もう放送終わってだいぶ経つのに。
って今頃やって来た俺もあれですがね。

ところでこの日の最高気温33度。
もう日射病寸前でっせ。何やってんだろかね俺は本当に。
おとなしく代々木直行して絆でもやってりゃよかった・・・

とか後悔しながら歩いてたら目的地・鷲宮神社に到着。




かがみいいいいいいいいいいいんんんん
いねーよ
ゴメン、ちょっとテンション上がったわ。
手前にあった(はずの)石柱はどこに行ったんだろう。
まさかヲタに盗まれたとかか。

当たり前だけど中は普通の神社です。
ヲタくせー連中がウロウロしてる以外は。


絵馬を物色してるヲタ(キモイ)

神社でこんなこと言うのもなんだけど氏ねばいいのに。
とりあえずお参りする。
えっ?
も、もちろんあの、お、小川麻琴ちゃんの、ほら、あれだ、
今後の芸能活動の安泰をだね、お祈りしてきたわけだよ。うん。
ホントだよ。

なんでか知らんけど境内で孔雀が飼われてた。

リアル孔雀が羽広げてるの初めて見た。のでつい撮った。
それはいいんだけど鳥小屋クセー。

テンション上がったせいで余計暑くなった。
ので隣の茶店で涼を取りましょうかね。



まぁあれだ、ツッコんだら負けな雰囲気。
背景の人たちのメニューはありませんでした。
依雑さん残念! みさおのメニューないってヴぁ!!
って思ったらみwikiさんのもないな・・・ここでもいらない子ですか。

一瞬迷った後、やっぱり(何が?)「つかさのバルサミコ酢パフェ400円」をオーダー。

へぇ〜劣化ウランなんだぁ〜すごいね〜
このソースっぽいのがバルサミコ酢? 味は普通にパフェでした。

店内の様子。


祭壇みたいになってて各種関係者のサインやらグッズが。



当時は連日ヲタが詰め掛けて大変だったんだろうな。知らんけど。
ブームが去ったあと(もう去ってるけど)果たしてこの店はやっていけるのかね?
とか、しなくてもいい心配をしつつ茶店をあとにする。
バイニー☆

本当はつかさが踊ってる春日部駅前にも行きたかったけど結構遠かったのでヤメ。
みゆきさんが踊ってる高校前は、なんせこのご時勢なんで通報されかねないのでパス。
こなたが踊ってるあぜ道は場所が分からんのでパス(泣
う〜ん、実に中途半端な巡礼だ。
まぁいいでしょう。
一般人にしてはよくやった方だ。


さてそろそろ本来の目的地、代々木競技場へ向かいましょう。
原宿への最短コースを検索してそれっぽい電車に乗る。
が、なんか乗り間違えたらしくいきなり迷う。
ヤバイ!都内ならまだしも埼玉で迷うとか!! それなりにテンパる。
おたおたしてたら(ヲタヲタではない)ラッキィからメール着信。

「サイリウム人数分買ってきて」

って、迷子中なんですけど!!
おのれの現在位置すら分からんのですけど!!!


後半へ続く
 
posted by テンチョ at 03:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Heavy Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年04月28日
今日の出来ゴト
大阪市主催「星空コンサート」行ってきた。
大阪城横の西の丸庭園での野外演奏で、今年で3回目らしい。
全然知らんかったわ。
演奏は大阪フィルハーモニー交響楽団。


ちなみにこれは開演前。遥か彼方にステージが見えますな。
芝生にレジャーシート敷いて(花見のときの教訓を生かしてダイソーで購入)座ってダラダラ鑑賞。
いいな、このダラけ具合。
発表では8000人ほどの観客だったらしい。

とりあえずセットリスト


R.シュトラウス/交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」から冒頭
ドヴォルザーク/交響曲 第9番「新世界より」第2楽章から
ワーグナー/楽劇「ワルキューレ」から"ワルキューレの騎行"
リムスキー=コルサコフ/交響組曲「シェエラザード」第3曲"若い王子と王女"から
パガニーニ/ヴァイオリン協奏曲 第1番 第1楽章
J.ウィリアムズ/映画「インディ・ジョーンズ」から"レイダーズ・マーチ"
ポンキエルリ/歌劇「ジョコンダ」から"時の踊り"
チャイコフスキー/序曲「1812年」



ベタベタな選曲の中、一番の見所というか聴き所はやっぱりOverture1812でしょ!!
コージー・パウエル!!!!
何でもかんでもメタルに結びつけるからメタラーはキモいとか言われるんだが、しゃーない。
一度でいいから生で彼のドラムソロを見たかった。
亡くなって今年で10年。
いまだに、というか今後も彼以上のドラマーはいないわ。
俺の永遠の憧れ。
大フィルの熱演に重なって、俺には確かにコージーの姿が見えたよ。

見上げた空には満天の星空(曇ってたけど)とライトアップされた大阪城。
こんな粋な催しがあったなんて。
大阪も捨てたもんじゃないと思った。上から目線で。


 
posted by テンチョ at 03:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Heavy Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年02月13日
今日の出来ゴト

HELLOWEENとGAMMA RAYの合同ライブに行ってきた。
題して『HELLISH ROCK 08』!!
誰このダサいツアータイトル考えたの^^;


会場時間ジャストになんばHatchに到着したらすでに長蛇のグッズ列。
ありえんわー
スルーして入場。なぜかSEはMEGADETH。
ほぼ中央に陣取ってたら「入れないから前に詰めてくれ」とかアナウンスされる。
正確には知らんけどかなりの客入りですなこりゃ。
ほぼ定刻に、まずはGAMMA RAYからスタート。

GAMMA RAY
-Welcome-
01.Into The Storm
02.Heaven Can Wait
03.New World Order
04.Fight
05.From The Ashes
06.Valley Of The Kings
07.Rebellion In Dreamland
08.Heavy Metal Universe
09.The Silence
10.Ride The Sky
11.Somewhere Out In Space
-encore-
12.Send Me A Sign


新譜からの曲も交えつつ、ベスト的な選曲。(Man On A Missionがないけど!)
一番盛り上がったのはやっぱRide The Skyか。
個人的にはHeaven Can Waitのコーラスでもう毛穴開きまくり。HELLOWEEN目当てなのに。
それにつけてもカイ・ハンセンですよ。
他メンバーには申し訳ないけど、GAMMAはやっぱりカイのバンドだと再認識したわ。
華があるというかオーラがあるというか。
そこにカイがいるだけでステージ上が華やぐ。
Heavy Metal Universeとか正直大した曲じゃないのに、カイに煽られると熱くならざるを得ないっす。
ヘッヴィメッタゥユニッヴァアス!あーもう抱かれてもいいわ。
ハゲでもいいじゃない、歌ヘタでもいいじゃない。
カッコイイんだもの。これ大事なことでしょ。
もうね、カイがアーライ!言うてるだけで全て満足なんですよ。
カイあらばイッツアーライ!! 太陽はすべてお見通しさ!!
ヴォーカリストとかギタリストとか以前に、パフォーマーとしてカッコエエわ。


んで、インターミッション挟んでHELLOWEEN。
ここから急に音が悪くなった。
分離が悪いというか、楽器の音が聞き分けにくくなった。
たぶんPAかミキサーのせいなんだろうけど。

HELLOWEEN
01.Halloween
02.Final Fortune
03.March Of Time
04.As Long As I Fall
05.A Tale That Wasn't Right
06.Drum Solo
07.King For A 1000 Years
08.Eagle Fly Free
09.The Hells Of The Seven Bells
10.If I Could Fly
11.Dr. Stein
-encore-
12.Perfect Gentleman〜I Can〜Where The Rain Grows
〜Perfect Gentleman〜Power〜Keeper Of The Seven Keys


正直この選曲はどうよ。
初期の名曲が多いのはGAMMAと張り合うためなのか知らんけど、当のアンディが歌えてないんだから笑えない。
アンディにはアンディ期の曲を歌ってほしい。これはもうずっと前から言ってるのに。
個人的に一番良かったのが最後のメドレー部分だもんなぁ。
そこまでしてキスク期の曲歌いたがるのはアンディ本人の意地なのかコンプレックスなのか、それともヴァイキーが歌わせてるのか。
NEWアルバムからは3曲だけ。ホント、新曲をやりたがらないバンドだぜ。
千年王とRain Growsが聴けたのは文句なしに嬉しい。でもそれ以外が・・・
もうDr. Steinとかええやろ。他にもっとやるべき曲あるやろ。
と、HELLOWEENヲタはツアーのたびに思うわけですが。
あとダニのドラムがどうしても好きになれない。音色もドラムソロも。
んー、なんかGAMMAと比べてあかんとこばっかり目に付くなあ。
HELLOWEENヲタなのに俺。
と、ちょっとションボリ気味でした
(というか前回2年前の来日公演が良すぎたから、そのせいもあるカモ)

そしてオーラス、2バンド全員集合で2曲。

01.Future World
02.I Want Out


あーもう!!
ここが最高だった!!!!
この2曲のために俺は今日まで生きてきたんだよぉおおお!!!!
それは言いすぎ!!!!!!!!!!!
いやホント、お約束だと頭では分かってても!それでも!!だとしても!!!
カイとヴァイキーが並んでソロ弾くとこ、
長年不仲説が囁かれてたこの2人の笑顔の競演が見れただけでもー死んでもいい!!
それも言いすぎ!!!!!!!!1111
あー思い出したらまた興奮してくtたぁあああああああああああああああ
アーライ!!


そんな3連休最終日でした。
叫びすぎて喉イテー
 
 
posted by テンチョ at 04:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | Heavy Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。