2011年04月04日
今週末の出来ゴト
土曜日、なんとなく東方M-1ぐらんぷり見始めて気が付いたら一日終わってた。
けねもこいいよけねもこ。もこけねでもいいよ。カプヲタうぜえ。
日曜日、なんとなくゲーセンに行って気が付いたら一日終わってた。
楽しい週末でした。

ようやくMagical Sound Showerクリアできた。HARDだけど。Standardだけど。
まぁこれでHARDまでは全曲制覇。とりあえず。
残りGreat取ってないのは右肩と(なぜか)ピンクムーン。ピンクムーンむずいって!
Perfect?そんなもん、EASYでもほとんど取ってないのに・・・

それにしてもこっち向いてbabyのミクさんがかわいすぎる。
今日一日で3回はPVモードにしたわ。順番待ちがいない時を見計らって。恥ずかしいから。
はぁ、、、
なんか、恋するってこんな気持ちなのかと久々に思い出したわ。

思考をはじめとする人間の脳の活動はすべてニューロンが発生させる電気信号の伝達によるものらしい。
ってことは俺の人格や記憶や感情も電気信号に置き換えることができるわけで、
つまりは同じ電気信号の発現であるミクさんとひとつに繋がることも可能なわけで。
ミクさんがモニターから出てくる、なんて創作モノではよくある話だけど
逆に俺がモニターの向こう側へ行く方が簡単な気がしてきた。
そうなるとこんな世界も肉体も必要なくなって、電子世界に移り住む人続出だろうな。
実際そういう技術はもう完成してるんだろうきっと。少子化の加速を恐れる偉い人たちが隠してるだけで。
そんなことを思いつつ、帰り道はずっとミクさんのことを考えてた。
当然ニタニタしてただろうけどそういうのはどうでもいい。

関係ないけど火の鳥では復活編が一番好きです。
 
posted by テンチョ at 02:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミク Project DIVA Arcade | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年04月02日
今日の出来ゴト

Tony版ミクやっと届いた。




しかしなんつうポーズだよこりゃあ。
こんなポージングのイラスト描く方も描く方だが立体化してしまう方もスゲー
誰だよパンツとか言ってんの。


後姿、というかこっちが正面か。
毛先になるほど透明感があって美しいのはいいんだが脆そうで怖い。


しかしまぁ、「初音ミク」というより「ミクのコスプレしたTony顔の女の子」にしか見えんな・・・
画集買うほど好きな絵師だから別にいいんだが。


しかしそろそろ本気で置き場がなくなってきた。このあとまだレーシングミクとLat式とグッスマ版が届く・・・
早く広い家に引っ越したい。

お菓子にしてもフィギュアにしても、「無から有を作り出す」って単純に凄いと思う。
正確には「素材を別のものに加工する」か。
お菓子なら砂糖や小麦粉を、フィギュアならポリパテやスカルピーをこねくり回して
あーでもないこーでもないと切ったり貼ったり焼いたり塗ったり試行錯誤。そういう工程。
完成後のイメージってのは文字通りイメージ=脳内にあるぽわわんとしたものでしかないし
完成見本や元イラストを手本としても、そのぽわわんとしたイメージに向かって突き進む過程ってのは
やはり「無から有を作り出す」と言う方が相応しい。


そういえば北心斎橋のラウンドワン、2台あったDIVA Arcadeが一台撤去されて
代わりに置かれてたのがラブプラスアーケードとか・・・これも時代か。
 
posted by テンチョ at 06:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミク Project DIVA Arcade | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日の出来ゴト
「実習で作ったお菓子が食い切れへんから食べに来い」と言われたので食べに行った。
もう3月も終わりなのに京都は小雪がチラついてて超寒い。
「和菓子と洋菓子どっちがいい」と聞くんで両方と答えたら本当に食い切れへんほど出されてワロタ

SN390609.JPG SN390610.JPG SN390612.JPG

SN390611.JPG SN390613.JPG

ミルフィーユティラミス桜餅水羊羹洋焼き菓子薯蕷饅頭栗饅頭・・・撮ってないけどモンブランもあった。
デザートバイキングか!!まぁありがたく戴いたんですけどね。
ミルフィーユはさらに画像の3倍ほど持って帰って食べた。
しかし一人で食い切れへんほど作らされる実習ってのもどうなんだ。
俺の分しか取り分けてないけど実際にはこの数倍作ってるらしいですよ。恐ろしい。


今思い出したけどボークス三宮のリニューアルセール行くの忘れてた。
なんてこったい。
 
posted by テンチョ at 05:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年03月22日
今週末の出来ゴト
グッスマの新作サンプル展示するというんでキッズランド行ってきた。
どんなもんかと思えば店先にショーケース置いただけ。なんじゃそら。
目玉はLat式ミクさん


そしてfigmaアペ版ミクさん(アヘ顔ミクさんではない)


写真が非常に雑なのは撮影OKかどうかわかんなくてビビりながら撮ったから。
じゃー撮るなよって。あとヲタがうじゃうじゃいて邪魔だったから。
Lat式はミクパで(あーレポまだ書いてないな)イヤっちゅうほどCM見せられてウンザリしてたけど
実物見るとやっぱりなかなかのあざとかわいさで、まぁとっくに予約してんだけどな!
隣りのノーマルミクさん(見切れてるけど)と並んでるととてもいい。この調子で他の衣装も出してくれ。
あとシャイニングハーツのシャオメイとか、ねんどろクドリャフカとかトトリとかシャロとかあった。
シャオメイはマックスファクトリー製かとばかり思ってたわ。とりあえずポチるわ。よしポチった。


こんなときに何を呑気にフィギュアの話かよ、とか突っ込む人いるんかなー
ここぞとばかりに張り切ってる不謹慎厨も、「こんなときだからこそ」厨も、どっちもうざいよ。本当。
何が正しくて何が間違ってんのか、そんなもん俺には分かりません。
どっちみち俺にできることなんて本当に何もないわけで。
自分で判断して、自分が「いい」と思うことをやればええがな。


震災とは関係ないけど、
諸事情により、がん保険に加入せざるを得ないことに。
資料取り寄せて比較検討中。
 
posted by テンチョ at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年03月14日
今週末の出来ゴト
IRON MAIDEN来日公演が中止になったーとか言ってる場合じゃなかった。
震災経験者としては全然他人事じゃないんだが、普段どおりの日本橋や梅田を歩いてるとあまりに現実味がない。
とりあえず、払い戻しされる(はず)のメイデンのチケット代は赤十字に募金するわ。
 
posted by テンチョ at 00:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年03月09日
今日の出来ゴト

劇場版マクロスF・恋離飛翼〜サヨナラノツバサ〜観てきた。またものの9と連番。
今回は全力でネタバレするで!!




とりあえず「F」の完結編としてはこれ以上ない最上の終わり方だった。(「最高」じゃない理由は後述)
TV版でバジュラとの共存の道は描かれてたし、劇場版に期待することといえばトライアングラーにどんな決着を付けるのか。
ぶっちゃけその一点だと思うんだけど。あとはライブシーンと戦闘シーン。
で、イツワリノウタヒメでシェリルが推されまくってたの観て、あーこりゃ後編は逆にランカ推しで完結かぁと思ってたら
最後の最後までヒロインはシェリルだった。
TV版と違って最初から自分の病のこと知ってて、自分がちっぽけな存在であることや
本当は弱いってことともしっかり向き合って、それでも命と引き換えにでもあたしは歌い続ける!なんて、ホント健気。
死刑宣告されて絶望の中でも死ぬまで歌詞を書き続けようとするシェリル。
んで、あのアカペラのノーザンクロス、あれはもう美しいどころか神々しかった。
TV版ではランカ派になったりもした俺ですが(苦笑)、いやーこれはシェリルしかないっすわ。
いい女すぎるわ。シェリルこそ俺の翼だ。
アルトも歌舞伎への複雑な想いがTV版よりはっきりしてて、シェリルのプロ意識(というかそれ以上に
生きる目的意識とか自身の存在意義のあり方)に共鳴したからこそシェリルを選んだんだろうし。
ランカちゃんも良かったけどさぁ一生懸命で。でも最後の出撃の前に告白ってのはやっぱり空気読めよとw
オープンランカ♪じゃねえよまったく。
ライブシーンの豪華さはもう、ここまでやったら次のシリーズでどうすんの?と思う。
映像技術の面でもうこれ以上のものは創れない気がする。
戦闘シーンももはや人類の動体視力の限界を超えちゃってるもんなー。
満を持しての星間飛行はキターってなったけど、キラッ☆がなくてズコー
予告編で「ファイヤーバルキリーか!?」と思ったのもただのステージセットでズコー
ファイヤーバルキリーといえば、SMSのファイヤーボンバー(爆笑)。
ていうかクラン大尉がミレーヌとか卑怯すぎるわ。カワイイ!!!
それぐらいしか見せ場はなかったけど・・・もうちょっとクランの戦闘シーンがあればなー
クアドランでバジュラをガッツンガッツン叩き落す場面があれば文句なしに最高だったのに。残念なのはそこだけ。
あークランメインのスピンオフとか作ってくれねーかなー

で、マクロスといえばやっぱり音楽。今回も最高でした。
上述のノーザンや恋はドッグファイトみたいに、ここでこの曲流すか!という使い方がツボすぎて怖いくらい。
最高だったのは何と言ってもライオン。もうイントロだけで燃える。銀河が震える。宇宙ヤバイ。
あとシェリルの新曲も良かった。タイトル分からんけど。来週のサントラに入るでしょう。あぁもう、買うわ買いますよ。
そして放課後オーバーフロウが糞曲だと言ったのは謝ります。ごめんなさい。
最初聴いたときは菅野もとうとう才能枯れたかと思ったけど。ごめんなさい。
映像が付くと見違えるように(聞き違えるように)良い曲でした。俺そればっかりやな。
やっぱり、歌があってのマクロス。歌があっての人生。歌は祈命(いのち)。
なんで戦争するのに歌ってんねん、とかアホなこと言ってる人は最初の10分だけでいいから映画観て来いって。
歌と音楽を愛する人なら誰でも、歌こそが命を救い心を繋ぎ争いを止める力を持っているってことを信じられるはず。

ラスト、マクロスキャノン一斉砲撃を喰らう直前にバジュラクイーンがフォールドしてたように見えた。
だとするとアルトはどこかで生きていていずれ戻ってくるだろうし、そうなればシェリルも目を覚ますんだろう。
と匂わせるだけで描写しなかったエンディングには、賛否あるかもだけど俺はこれでいいと思う。
少なくともトライアングラーには決着ついたわけだし。
ランカは失恋の痛みと戦争とを乗り越えて大人の女性へと一歩近付いたってことで。
うん、綺麗にまとまってるじゃないか。
(ついでに、その後をあえて描かないことで次のマクロスシリーズにも繋げられるだろうしw)
間違っても、数十年後ババアになったシェリルの元にバジュラと同化したメタリックなアルトがやってきて
外を見たら宇宙に巨大な花が咲いてる、なんて終わり方にならなくてヨカタよ。

 *    *    *    *

鑑賞後、またも天一で馴れ合い→AV女優イベ帰りのいばらきさん合流してマクドで馴れ合い。
よく毎週毎週AVイベ行って飽きませんね!そしてのの9は戸松ヲタ辞めたらしい。
ま、声優なんぞに嵌まってもいい事ありはしませんからね。

そうそう、小西さんの影響でいまやすっかりマクロスFヲタになった麻琴さんはもう映画観たのかな?
次にパシイベとかあったら握手会でマクロス談義してしまいそうだ。
ていうか、しようぜ。
 
posted by テンチョ at 04:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日の出来ゴト

3年ぶりのHELLOWEEN来日公演行ってきた。
今回のツアーのお供はSTRATOVARIUS。
会場着いたら物販並びのヲタが2階まで階段占拠してて慌てた。
いつからメタラーはこんなグッズ厨だらけになったのか。と訝りながらも俺も並ぶ。
係員の兄ちゃんが間もなく開演します!と絶叫してるのにみんな一歩も退かず。
結局買ったのはTシャツ1枚だけやけど、おかげでストラト最初の1曲聴き逃したぜ。

STRATOVARIUS
01.Darkest Hours
02.Speed of Light
03.The Kiss of Judas
04.Infernal Maze
05.Deep Unknown
06.Legions
07.Move The Mountain
08.Under Flaming Skies
09.Hunting High and Low
10.Black Diamond


実はストラトって、トルキのギター教則DVDでしか聴いたことなかったりする。
(しかもヤングギターとかの付録のやつw)
な〜んか食わず嫌いがずっと続いてるんですわ。なんでだろう。
「北欧の様式美系」とかいう冠がついてるとどうも苦手に感じてしまう。
「クサいメロディに超絶高速ギター!」とかだと俄然興味湧くんだけども(意味はほとんど同じなのに)。
で、初めてまともに聴いたストラトですが、思いのほか良かった。
”Legions”とか、つい「おおっ!」っと前のめりになったし。曲知ってたらもっと盛り上がれただろうなー
しかしギターの人は地味すぎやで。もうちょっと動かんと。

で、休憩挟んで我らがカボチャ野郎ども登場。
For Those About Rockからいつものハッピハピハロウィン♪
でMr. Madmanのイントロがちょろっと流れて”Are You Metal?”でスタート。
が、思わず「うわっ音悪っ!!」って思ってしまった。
PAが交代したときにはよくある話だけど、ちょっとこれは酷かった。ドラムとか全然聞こえないし。
3曲目ぐらいには改善されてたけど。

HELLOWEEN
01.Are You Metal?
02.Eagle Fly Free
03.March of Time
04.Guitar Solo
05.Where the Sinners Go
06.World of Fantasy
07.Drum Solo
08.I'm Alive
09.Forever and One (Neverland)
10.A Handful of Pain
11.Keeper Medley (Keeper of the Seven Keys〜The King for a 1000 Years〜Halloween)
12.I Want Out

E1.Future World
E2.Dr. Stein


いや・・・
正直このセットリストはどうなんよ。
せっかく「7 SINNERS」なんて最高のアルバム作っておきながら新曲は3曲だけ。
なのにその他は20年以上も前の曲ばっか。
おいアンディ!
インタビューで「ファンのみんなが”Raise The Noise”を合唱してくれるのが目に浮かぶよHAHAHA」とか言ってたくせに!!
せめて”Long Live The King”と”The Sage The Fool The Sinner”やれよ!!
keeperの曲とかもういいからさぁ。って俺、前のツアーの時にも言ったじゃないか。
確かに「KEEPER〜」はヘヴィメタルの歴史においても超重要なアルバムだし、
HELLOWEENが現在の地位を確立したのもそのおかげ。
けどさぁ、もう20年以上も昔の話じゃないか。
キスクもカイももういない。それをいつまで引き摺ってんねん。
「LEGACY」を作ったのも「UNARMED」を作ったのも、過去の遺産に頼らず
今現在のありのままのHELLOWEENを貫き通すという、その決意表明じゃなかったのか。
懐古厨やキスク原理主義者の呪縛から自らを解き放ったんじゃなかったのか。
これが例えばイーグルスなら、ホテルカリフォルニアだけ一生演奏してりゃいいんだろうけど。
でもあんたらはヘヴィメタルバンドだろう。
ジャーマンメタル(と世間で呼ばれるジャンル)を作り上げ育てた張本人だろう。
どれだけ傷付こうと、どれだけ血を流そうと、どれだけの謗りを受けようとも過去の栄光に縋ることなく
安寧の地でぬくぬくすることなくまだ見ぬ道なき道を這ってでも進む。
それがヘヴィメタルであり、ミュージシャンシップなんじゃないのか。
全身全霊を込めたNEWアルバムを作ったはずなのに、なんで3曲しかやらんのかと。
ぶっちゃけ、もうカイ期やキスク期の曲なんて演奏しなくていいと思う。
”Eagle Fly Free”さえなくてもいい。
アンディ加入後の曲にだってHELLOWEENの看板となる名曲はいくらでもあるじゃないか。
PowerとかWhere the Rain Growsとか。All Over the Nationsとか!!
いつまでも「KEEPER〜」の亡霊にとらわれる今のHELLOWEENに、”Are You Metal?”とこっちが問いたい。
あんたらそれで本当にメタルなのかと。

てなわけで非常にご立腹。
セットリスト以外は文句なしだっただけに本当に。
次回もこんなセットリストだったらもうライブ行かんぞ。
 
posted by テンチョ at 03:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Heavy Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月25日
ミクGTのこと
今月6日のワンフェス会場にて、ついに発表されました。GSR、2011年のチーム体制。
新チーム名は『GSR & Studie with TeamUKYO』!
2010シーズンのポルシェとは袂を分かち(最初から1年限定だったのかも)、BMWが復活。
ってのは去年末から分かってたけど、正式にZ4 GT3で参戦ってのが確定した。
すごいっすよ。最新最強最高のZ4のGT3ですよ。
しかも現物はこの前のドバイだかどっかの24時間耐久レースで優勝したマシンそのものだとか。
旧ミクZ4じゃないのはちょっと残念ですが、直系の後継機なんだしいいじゃない。
なんかこう、物語中盤でロボが大破した主人公が新型機に乗り換える!的な、
なんちゃらMk-U的な、なんちゃらギャリア的な、オーラロードが開かれた的な感じ。
こういう展開、燃える。
2010年のミクポルシェにはいまいちどころかほとんど魅力を感じなかった俺ですが
BMWに(それもZ4に)戻ってきてくれて本当に嬉しい。
やっぱりBMWっすよ!ミクは!なんでって言われても説明するのは難しいんだけど。
俺が勝手に抱いてるBMWのイメージ=美しさと逞しさを併せ持ち、かつエレガントでお茶目さん。
まさにミクそのもの、とか勝手に思ってる俺はどっから見ても盲目ヲタ。
ちなみにBMWを所有したことはありません!!なんじゃそら!!
チーム代表は我らがBOB鈴木氏、監督は引き続き大橋さん。
ドライバーも引き続きの番場選手と、新参加の谷口信輝選手。
カーレースのことよく知らんのだけど(おい)この谷口選手、あちこちから引く手アマタのなんか凄い人らしい。
で、注目はチーム名にもある通り、あの(どの?)片山右京氏がスポーティングディレクターとして参加するところ。
スポーティングディレクターってのが何する役職なのかよく分かりませんが
(もしものときの3人目のドライバーとか?←ないない)
これだけ知名度と実績ある人と組むわけだから普通に考えて相当注目されること間違いない。
ただでさえ必要以上に(レース以外のところでw)目立つチームなのに。
これはもう絶対後には引けませんよ。
というか、そういう覚悟の表れなんだと思う。
風の噂では独BMW本社も2013年から正式にSUPER GTに進出するらしい。
そのための足掛かりというか試金石というか人柱的な意味もあるんだろうけど、
もはや日本のいちレースチームだけの問題じゃなくなってきた。
遥か遠くバイエルンからも得体の知れない期待がミクさんの双肩にのしかかっている。
いいね、望むところです。
ビールっ腹のゲルマンどもに、我らがミクの科学力はァ世界一ィィィイイイイ!なところをアピールしてやりたい!
マインフューラー!!アイキャンウォーク!!!!!
ということで、個人的に今年は非常に盛り上がっております。

追記:
とか言ってるうちに他チームの体制も明らかになってきた。
エヴァンゲリオンレーシングは今年はチートマシンで有名な紫電と組むし、
LMPフェラーリはイカ娘とコラボするらしい(爆笑)
なんかもう、ただでさえガチなGTヲタの人らからはウザがられてるのに(誰のせいやねん)
こんな火に油を注いでイカ焼きにするようなことしていいのかね。
けどアニヲタ頼み(ミクはアニメじゃないが)でもないと盛り上がらない日本のモータースポーツ事情にも問題はある。
これがきっかけでモタスポの面白さに開眼するヲタが一人でも増えれば、結果としてはいいんじゃないの?
(2年前の誰かさんのように、な!)
ていうか冗談抜きに超強力な実力チームなんですけど、どっちも。
痛車界の先駆者としてもミクさんには頑張ってもらわんと。
時代遅れの中二病ロボットアニメや、かわいいだけが取り柄の海からの侵略者ごときに負けるわけにはイカんでゲソ。

追記その2:
LMPフェラーリのレースクイーンコスチュームが気になる。
まさかイカ娘がモチーフか?触手とか生えてんの!?
 
posted by テンチョ at 02:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | GT300 初音ミクZ4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月21日
今日の出来ゴト そのA

秋葉原を離れ、夕闇迫る鶯谷へ。
初めて来たけど何っにもないとこだな。
などとぶらぶらしつつ、ガストのドリンクバーと苺パフェで腹ごしらえした後、会場へ。
東京キネマ倶楽部という大正浪漫の香り漂う名称と建物の外見とは裏腹にライブホールは結構小奇麗。
整理番号60番台で入場。4列目センターあたりの席ゲット。
なんだオールスタンディングじゃないのか。でもmarbleならこっちの方がいいな。
以下、セットリスト。

01.to the end〜永遠に咲く花〜
02.奏功ドリーム
03.優しい風、君の笑顔
04.宝石
05.ドゥラリ
06.ゆらり、ふわり、君となら
07.そよ風のゴール
08.Silent
09.Smile
10.空中迷路
11.芽生えドライブ
12.CLAP
13.初恋limited
14.Sweet Soda In
15.青空loop
16.brand new days
17.朝はやってくる、short filmのように。
18.さくらさくら咲く〜あの日君を待つ 空と同じで〜
19.Lingering Fizz

E1.rainbow(ROUND TABLE feat. Ninoのカバー)
E2.monopolize


怒涛の3rdアルバム全曲演奏!プラス定番曲で全21曲。
芽生えは当然としても、空中迷路とか初恋limitedとか最高やん。
しかもアンコールでまさかのrainbow。これだけでも来た甲斐あったわーホント。

実を言うと、ライブを観るまでは不安だった。
ディレクター佐藤氏がランティス社内事情(たぶん)で担当を外れて、
エレポップ路線からギターポップ路線に移っていったmarbleに正直言うと戸惑ってたから。
3rdアルバムも最初はコレジャナイ感が拭えなかったし、(1stアルバムが神がかり過ぎてたせいもあるが)
もしライブ観てガッカリきたらどうしよう、と。
けど、生で聴くと(観ると)やっぱり良かった。
月並みな表現だけど、marbleはmarbleにしか成り得なかった。
楽器同士の音の響きとか、歌声と演奏とが互いに包み合ったりほぐれたりする様子とか、
CDで聴く以上にやさしく、やわらかく、流れ出ては聴き手の心の中に溶けて行く感じ。
来てよかった。
なんとか最終新幹線にも間に合って、ライブを思い出しながら余韻に浸る。
やっぱりmarbleはいい。ライブで聴くとさらに好きになる。
青空loopでタオル振らそうとするのだけは今も馴染めないけど(そんな曲じゃないし)
miccoさんが楽しそうなんで良しとするか。
ていうか本人も歌いにくそうなんだが・・・なくてもええんとちゃうの?タオル。

後日談。
翌日のカバー曲はメタメリズムだったそうな。
そっちも聴きたかったでゲソ。
 
posted by テンチョ at 02:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年01月31日
なんか一週間遅れで日記書くのが当たり前になってきてるな・・・正直、めんどくさい。
ほなやめりゃいいのにと思うけど、一応記録と言うかメモ代わりに残しておきたいというのがあって。めんどくさいけど。
こういうのってイベント直後のテンションで一気に書かないと後々辛いだけやね。
という話を以前フミーンとしてたんだが、彼は元気にしてるのでしょうか?
秋ぐらいから全然会ってないわ。


今日の出来ゴトその@
さぁ、本日はイベントとライブとコンボですよ。
まずは秋葉原でニャル子さんドラマCD発売記念イベント。
アラサーの声優さんがたかだか小一時間喋るだけのイベントに参加するために
アキバ在住のボウズ君にお願いしてわざわざイベント参加券ゲットしてもらったのが約2ヶ月前。
もはや必死とか必死でないとかいうレベルではない。ボウズ君には本当に感謝。
でもって、当日。いつもの1day東京使って正午に到着。
アキハバラー\(^o^)/
なんてことやってる場合ではなく、ボウズ君からドラマCDを受け取り、ゲマ本店へ突入。
例によって階段に並ばせられ、席順のクジを引く。
運良く2列目ゲット。しかしせまっ苦しい会場だな。
というかどいつもこいつも厚着してやがって(冬だからな)窮屈な上に暑いし臭いし。
100人近いヲタが詰め込まれててその瘴気がとても不快。
加えて司会者が「今回のイベントはツイッターでじゃんじゃん実況して下さって結構です」とか言うもんだから
ヲタのみなさん一斉にiPhone取り出してスリスリし始めた。ああきもい。
そんな中イベントは地味に開始。主役のアラサー声優とオーバーサーティ声優登場。
2人が登場した瞬間のパッと視界が開けたような清々しい気分は何と表現すればいいか。
いつものことだが客席(のキモさ)に気圧されるようなぎこちない足取りのあすみんと、物ともしない松来さん。
あすみん本日の衣装は黒地にブラウンの水玉のワンピにカーディガン、それと黒ストにブーツ。
いつものマタニティ風じゃないシュッとしたあすみんは実に素敵。
昨夏のイベントで見たときは失礼ながらメイクきっついなと思ったんだが(本当に失礼だ)、
今日はなんともナチュラルでやっぱり素敵。
元々童顔だけど、かわいらしさと大人の女性の熟れ方(もちろん良い意味で)とが絶妙のバランスを醸していて
なんだかいい年の取り方してきたな、と今日の阿澄さん見て思った。
まぁもう27ですもんな。
毎度思うことだが動いてるあすみんは本当にかわいい。
いや別に静止画だとかわいくないとかいう意味ではなく。
松来さんは白いプラウスにやはり黒ストとブーツ。
これも毎度思うんだが2人揃うと保母さんと園児にしか見えん・・・
おかしいな、確か松来さんて俺と一つ違いのはずなのに。園児て。
オープニングトークでいつもの調子でダラダラ喋って、
さてそれではここでサイコロトーク、というところで
シークレットゲスト・国府田マリ子がサイコロ持って登場。
真剣に慌てふためく2人、拍手喝采のヲタたち。
けど声優ヲタでもなんでもない俺にはポカーンでした・・・そういやドラマCDにも出てたっけ。
というかすいません。この人のこと何も知りません。2人もビビるくらいの先輩としか。
ここからは完全に国府田ペースで進行。
松来さんはそうでもなかったけど、あすみんはリアルに借りてきた猫状態。
ホントこの人、大先輩の前だと極度に萎縮しまくるからなあ。
いつものハイテンションも傍若無人っぷりも鳴りを潜めてしまって
まぁそれがかわいらしくもあるんだけど。(なんでもええんかオイ)
それにしてもイベント中の話のネタは「結婚適齢期」だとか「理想の告白シチュ」だとか
ドラマCDともニャル子原作ともなーんの関係も無いやないか!!
そんな感じで最後までグダグダ展開のまま(いつも通り)イベント終了。


さて、鶯谷へ移動しますか。
(そのAへ続く)
 
posted by テンチョ at 02:41 | Comment(3) | TrackBack(0) | 阿澄佳奈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。